はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

暑いぞ!常念岳・常念小屋テント泊その1

2016年07月20日 | 【山】北アルプス


海の日の三連休は例によって仕事のため土日の二連休しかとれず。まぁ普通の週末ってとこですね。

そんな週末は、北アルプスの中でもビギナー向きといわれる常念岳でテント泊でした。他にも甲信越界隈で幾つか候補があったんですが、天気はどこも似たり寄ったり。その中でも「曇り予報ではあるものの、他より少しはマシかもしれない」という事での常念岳です。

ところが実際行ってみると意外にも天気良く、目の前には槍ヶ岳・穂高連峰がドーン、風も穏やか、雷鳥くんまで登場して、大満足の山行になりました。


7月16日(土)

北アルプス山域の朝は早い。

というのも夏山シーズンは日本全国からハイカーがドドドッと押し寄せるので、限られた駐車スペースの争奪戦を制しなくてはならないらしいです。

ってなワケで、仕事を終えた金曜日、数時間の仮眠の後、張り切って一ノ沢登山口目指して出発。途中、間違って三股登山口側へ行ってしまうミスもありましたが~。

3:50頃、無事、一ノ沢登山口駐車場に到着。


天気イマイチ予報ではあるものの、三連休の北アルプスだもの、さぞや大賑わいで「駐車できるかな~?」とドキドキしつつ駐車場へ進入してみると・・・


あれれ?まだ10台くらい停められそうだぞ?


ちなみに、この駐車場の手前にも草地の駐車場があり、ほとんど車が停まっていなかったので、単なる広い空き地だろーと思っておりました。翌日、車がビッシリ停まっていたので駐車場だった事が判明。(梅雨明け前だし、、天気予報がアレだから、お客さんが少ないのかな~?)



少し明るくなるのを待った後、身支度整え駐車場出発。ここから登山口までは舗装路を1kmほど歩きます。もう明るくなってもいい頃なのになぁー、ガスが立ちこめ薄暗く、湿度が凄い。

舗装路をてくてく歩いていると、数台の「毎日あるぺん号」が横を通り過ぎて行きます。「そうか~あのバスを使えば登山口まで連れてってくれるのかー」「でも埼玉からだと、東京のバス乗り場まで行くのが時間かかるよなー」などと話しているうちに、登山口到着。



さすが人気の山域、早朝から大勢の人で賑わっていました。多くの人は、先ほどの「あるぺん号」のお客さんと思われ。

登山口には指導所とトイレがあり、登山届けはここで提出。トイレは清掃が行き届き、ペーパーも置かれストレスなく利用できました。




5:08さぁーここからが本当の出発です。元気よく登山口出発。


一ノ沢登山口からしばらくは、緩やかな沢沿いの樹林帯を黙々と歩きます。相変わらずガスかがり薄暗く、湿度が凄く高温で、早々に汗がダラダラ。


500mほど歩くと山ノ神様です(今回も怪我無く無事下山できますように)また少し歩くと古池です。神秘的な澄んだ池でした。



それにしても蒸し暑いです。北アルプス=爽やかな涼しい山を想像していたら、もぅ普通に、ジトジトジメジメムッシムシ不快指数300%だった。


足元には、かわいい花たちがチラホラと。



笠原沢を越えると・・・


ここから一気に花が増えます。



おぉ~っっ、キスゲが群生していました。まさかココでキスゲが見られるとは思ってなかったんで嬉しいなぁ。



沢の水もいよいよ澄んで美しいです。



黄色い花畑を静かに流れる清水も美しい。



見上げると、ガスが少し抜け始めてきたような、来ないような・・。



7:31さぁ「胸突八丁」ここから急坂が続きます。



毎度ながら急坂では息が上がって、ヒィヒィフゥフゥ。ここまでのジメジメ樹林帯で体力消耗しているので、これはキツかったなー。

でも苦しいばかりじゃないです。実はこの急坂が「胸突」ならぬ「胸ときめく花ロード」だったのです。

ほら、ほらね。笠原沢以降、花の魅惑に捉まって全然足が進まなくなりました。

花も増えたけれど、ブヨ、虻の類もブンブン増えて、デジカメ撮影中、いつの間にか耳と目の上をかまれてしもーた。奴らは歩いている時はあまり噛まないんですが、少しでも止まると一気に攻撃を仕掛けてきます。



7:57最終水場です。沢水は冷たく、周囲の空気は爽やかで、ここで一気に気分転換、ヘロヘロになった体が癒されました。ここより先は水場はなく、常念小屋では水が有料なので少しでも節約しようと、2リットルボトル満タンに汲んでおきました。



ココから先も急坂でキツかったなー。



「もうダメだよ、ベンチくん、助けて~」とヘタリこむ。



ふと空を見ると・・おや?



おおお!?ハイスピードでガスが抜けて、青空が出てるじゃないですか!


あと、もう少しガンバレー。


道端に咲いていた花も励ましてくれます。



そして、ついに・・・



8:47常念乗越到着!



樹林帯から稜線に飛び出し、一気に景色が開けた爽快感が凄い。



常念小屋でテント代(ひとり1000円)を支払い、早速テント設営しましょー。


常念小屋には、二箇所のテント場があります。


コチラは小屋のすぐ横のやや狭いテント場。小屋の近くだからか人気で、早々にたくさんのテントが設営されていました。難点はトイレが強烈に臭う事。トイレから一番離れた場所でも風向きによって臭います。



そして、その先にある広いテント場。こちらは何故かガラガラ。ココにもトイレがあります。ボットンなのでトイレの中は臭いますが、外は全然臭いません。おそらくは比較的新しいトイレなので、まだ臭いの元が少ないのかな。テント場は槍ヶ岳方面に向け若干下がっていますが、概ね平らで張りやすい印象。



上からみると、こんな位置関係。



で、当然、我家は静かそうな奥のテント場に設営しました。(設営中、ペグを家に忘れて来た事が発覚!どうか風が強くなりませんよーに)



そうこうしているうちに・・



おや?おやおや?ガスが抜けて来ましたよ。



遂に槍ヶ岳が姿を現しました!



連なる山々を眺めてオニギリ休憩。



周囲をプラプラ散策の後は、本日のメインイベント、常念岳へ参りましょう~。


つづく
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 富士山・吉田ルート | トップ | 暑いぞ!常念岳・常念小屋テ... »

【山】北アルプス」カテゴリの最新記事