はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

山歩(さんぽ)復活!一山目は赤城山(黒檜山)

2013年05月14日 | 【山】群馬・新潟


昨年の秋から三昧の火傷・骨折と足のトラブルが続き、
山歩きからすっかり遠のいていた我家ですが・・・
ようやくトレッキングシューズを履いて歩けるまでに復活しました!

いやーーー長かった!

特に火傷でダメダメになった皮膚の復活に時間がかかりました。
まさか数ヶ月単位の時間を要するとは。皆様、火傷にはくれぐれもご用心ですよ。

さて、そんなこんなで、すっかりユルユルになった筋肉を目覚めさせる為、
ちょ~~久々に山歩きへ行って来ました。

なにしろ数ヶ月のブランクがあるので、先ずはボリューム控えめ、
そしてアクセスしやすい所・・・という事で群馬県の赤城山に決定!
赤城山は家の近所からも見える、馴染みのある山です。

赤城山には幾つかのピークがあり、そしてコースも多彩。
地図を眺めながらチョットだけ迷った後、
超定番と思われる黒檜山へ登るコースを選びました。
なにしろ黒檜山は赤城の最高峰だしね。

早朝、家を出発し、5時頃「駒ヶ岳・黒檜山登山口」斜め向かいの駐車場に到着。
ここにはトイレは無いものの、途中途中や、少し先の大きい駐車場にあるので、
特に不自由はありませんでした。




5:50登山口出発。本日は駒ヶ岳→黒檜山のルートで歩きます。
街ではもうすっかり初夏の陽気というのに、山の上ではまだ新緑も出ていません。
訪問日の朝は寒く(日中は夏日になりましたが)、
冷たい風も吹きつけ、フリースを着込んで丁度良いくらいでした。

ちなみに昨年の同じ時期、今話題のマダニに食いつかれた苦い思い出があるので、
マダニくんが進入しそうな頭部&首、手首、足首を完全防備で挑みました。
マダニに食いつかれた事が一度でもある人ならわかると思うんですが、
リケッチヤやライム病を媒介する可能性がある恐怖もそうですが、
なによりアノ、食いつきっぷりが恐怖なんですよ。
マダニくんの体の半分ほどが皮膚にめり込んで、まさに寄生状態なんですよ!


・・・と、ダニーくんの話はコレくらいで勘弁するとして・・



熊くんがいるんですね。まぁ、本州であれば、居ない山の方が少ないのかな。
登山道はしっかり整備されています。薄暗い木立の中、鹿の鳴き声が響いていました。




三本の鉄階段(朝方まで降った雨でツルツル)を抜けると・・




6:21突如、見晴らしの良い場所に出ました。
グングン昇るお日様がまぶしいです。




お富士さんが顔を出しています。
手前の街と比べても、圧倒的な大きさ。お富士さんは、やっぱり大きい。

ここから明るい尾根が続きます。
登山道には、まだ新しい動物の足跡が点々と。




この足跡は、さっき鳴いていた鹿くんかな。途中でズルッとコケた痕跡が・・。



6:37駒ヶ岳のピーク。かなりこぢんまりしています。が、眺めはいいです。




6:49大ダルミ。広々とした笹の道の向こうに黒檜山が見えます。
この先で本日初のハイカーさん(男性)とすれ違いました。




7:20鳥居。最初ココが山頂だと思ってしまった。
ここから少し進むと・・・・




7:27黒檜山山頂!




かなり広々とした山頂でした。




5月8日が山開きだったようです。




三角点もあります。




山頂にザックをデポして、少し先の展望所へ。




谷川岳、苗場山、皇海山・・・名だたる名峰がズラリと並んでいます。
ここからの眺めは圧巻の一言。




おや?燧くん。お久し振りです。


展望所には小さな祠、そして草木に埋もれた祠もありました。

再び山頂へ戻り、オニギリの朝食の後、


8:13下山開始。




帰りは結構なゴロゴロ岩の連続で
「こっちを上りに使った方が楽だったなぁー」と、ちょっと後悔。

駒ヶ岳~黒檜山山頂までは、出会う人も少なかったのですが、
来るわ来るわ、大勢のハイカーさん達が続々と上って来ます。
(早く上っておいてヨカッタ・・・)

9:11一体どれの事を指しているのか?謎の猫岩を通過。
駒ヶ岳~黒檜山の登山道には、所々に赤城山に関する解説板があるのですが、
何故かこの猫岩に関しては一切の説明無し。急に丸投げの放置状態。
うーむ・・妙なモヤモヤ感が残る。何が猫なんだろう??




大沼を眺めながら・・ズンズン下り、



9:29黒檜山登山口到着ーー。
こちらの登山口目の前にも、ちょっとした駐車スペースがありました。
が、ちょっと狭いかな。



その後、赤城神社にお参り。巫女さんに「ここの御神体はなに?」と訪ねると、
「山の神様と、沼の女神様です」との事。大沼には肥え肥えの大きい鯉がいました。
朱塗りの雰囲気ある橋を渡り、車道を歩き、10:00駐車場到着。


下山後は蕎麦&温泉を楽しんで昼過ぎには帰宅。


初めて歩いた赤城山。

駒ヶ岳~黒檜山ルートは、山歩きとしてのボリュームこそ少ないものの、
様々な展望が楽しめ、飽きる事なく最後まで楽しむ事ができました。


はしご湯のすすめ(ホーム)
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 肘折温泉‐ガンバレ、おおくら... | トップ | 二週続きの赤城山(長七郎山... »

【山】群馬・新潟」カテゴリの最新記事