はしご湯別館

晴れたら山、雨なら温泉。さぁ、きょうはどっち!?

三連休は妙高山&新潟長野の温泉巡りその2

2017年09月24日 | 【山】群馬・新潟
前回からのつづき


さぁ~、赤倉温泉源泉地や滝の湧出ポイントを見学しつつ歩いた後、


8:22妙高山南峰到着!山頂は見渡す限りの大展望です。


先ずは妙高大神にご挨拶。


味のある山頂標識でパチリと一枚。


山頂は、ほんのり秋の気配。


南峰の山頂部には誰もいませんが、北側の広場方面を見ると大勢の人がいるのが見えます。大勢の人がいるって事は何か楽し気な事があるのかもしれません。では、あちらにも行ってみましょう~。


途中にあった岩の間から覗く北アルプス。このチラリズムがいいんです。


たくさんのハイカーさんで賑わう北側の広場に着きました。ここには立派な山頂標識と三角点がありました。


ここからの眺めもいいんです。すぐお隣なのに別個性の火打山と焼山も見えます。


野尻湖方面も雄大。


そしてなんといっても連なる北アルプスの眺めが素晴らしいです!


白馬三山、


そして剱岳。


ここで北アルプスを眺めながらオニギリ休憩をしました。うーん、なんて贅沢なひとときでしょう。ただし、ひっきりなしにハイカーさんがやってきて、特にマダム層の賑やかグループも多く、静かに風の音や鳥の鳴き声に耳をすませるというわけにはいきません。さすが人気の百名山ですね。


9:40たっぷりと景色を満喫したので帰りましょ~。


帰りはほぼ往路を辿る形で下山するのですが、下から続々とハイカーさんがやってきて擦れ違いの大連続。


湯道分岐からは麻平方面へ進みました。なぜなら、このルートの終盤に前回入らなかった混浴露天風呂「河原の湯」があるんです。


・・・けれど、この選択がイマイチだったな~。


湯道分岐から麻平方面へ入った途端に草ボーボー、


流れる清水で登山道がグチャグチャの全面ヌタ場箇所あり、粘土状のヌルヌル道ありで、往路で歩いた赤倉源泉地経由に比べてもイマイチ歩きにくい。


ときおり眺望は開けるものの、


その多くは地味な樹林帯を黙々進むだけで、かなり退屈。それを知ってか、この分岐に進んだ途端に誰一人ハイカーさんと出会わなくなりました。

途中、赤倉源泉地が下の方にチラリと見えたのですが、その横の舗装された道をサクサク下山するハイカーさんが見えてチョット羨ましかった・・。更には頬を毛虫に刺されて痒いブツブツがたくさんできてしまうオマケつき。


そんなテンション下がり気味の心を、足元に咲く秋の花々が励ましてくれました。


11:49麻平分岐です。


12:07カウンターの設置された惣滝分岐まで来ました。惣滝へは崖崩れや落石で通行止めとのこと。ここまでくれば河原の湯は、もうすぐ近くです。


そして、橋の下に続く道を進むと・・


ありました、渓流のすぐ横に面した河原の湯です。白濁の適温湯で、気持ちいいです。一応まだ山行途中なのでササッとだけ浸かって撤収します。


12:47いろいろ寄り道しましたが、やっと燕温泉登山口まで戻ってきました。温泉街入口の日帰り用駐車場はビッシリ満車です。いや~~とにかく大人気の山でした。


山行の〆は燕温泉の宿で汗流し。いい湯でした!


さぁ・・・


実は、これからが本番だったりします!

ここから湯巡りモードにシフトチェンジです。


まずはウォーミングアップで赤倉温泉~燕温泉の宿を湯巡り。


そして夜。ハイカーさんが撤収し、すっかり静まり返った燕温泉の駐車場で車中泊させていただきました。夜になると台風の影響からか風ビュービュー。うるさくて眠れそうもない感じでしたが、寝不足と山行の疲れで即熟睡してしまいました。


9月17日(日)


朝になっても強風は吹き付け、山の上を見るとガスで真っ白になっています。


これは燕温泉駐車場5:30頃の様子。昨日はあんなに混雑していた駐車場も御覧の通りガラガラ。それでもいるんです、こんな天候にもかかわらず妙高山へ出発してゆくハイカーさんが。そして、なんと、こんな強風の朝っぱらから妙高でトレラン大会が行われていました。


さすがに9月の中旬ともなると山のふもとはヒンヤリします。


すっかり冷えた体を赤倉温泉の足湯で温め、


次に向かうは・・


本日の戦いの地「野沢温泉」です!


野沢温泉では数年ぶりに十三共同浴場の入り潰しをしました。


野沢温泉は以前と比べ積極的に共同浴場巡りをするお客さんが増えた気がします。そして若いお客さんがとても多くなっていました!いいですね活気のある温泉街って。


それにしても久々のハードな湯巡りはキツかった・・
本当にキツかった・・。



さて、この日も当然のように車中泊。台風の影響か、夜中から朝方にかけて一晩中ザーッと強い雨が降り続いていました。


9月18日(月)


最終日です。朝のうちはザっと通り雨もありましたが徐々に天気は回復。気が付けば夏のような暑さになっていました。


朝食は「道の駅花の駅千曲川」でいただきました。7時30分オープンで、ワンプレート・ワンコイン(500円)、野菜たっぷりなのが嬉しいです。


この日は高速の渋滞を避けるため長野県内でちょっとだけ湯巡りした後、早々に帰宅。


今年も台風に翻弄された秋の三連休となりましたが、久々にガッツリ湯巡りもできたし、それはそれでヨカッタかもしれません。まぁ~願わくは滅多にとれない三連休、三日間とも大晴天ってのがやっぱり嬉しいかな。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 三連休は妙高山&新潟長野の... | トップ | 近くてよい山・紅葉の谷川岳(... »

【山】群馬・新潟」カテゴリの最新記事