あそブログ

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さえこそ動がるれ (梁塵秘抄)

平成の大窯

2016-10-10 17:09:08 | バイク

今日は芸術の秋ツーリングでございます。

瀬戸内市立美術館で「森陶岳の全貌展」を鑑賞。

 

日本の美術館や博物館はほとんどが撮影禁止です。

私思うのですが、今の時代、写真があれば勝手にネットで宣伝してくれるのだから、少しだけでも写真OKのコーナーを作れば良いのにと。

 

その後、大窯の見学会に参加しました。

 

ここは窯の入口です。

 

全長85m、幅6mの登り窯です。

 

窯の中にも入れてもらえました。

 

奥に見える大きな甕は五石甕で高さ145cm、胴径135cm、水が900リットル入るそうです。

五石甕は84個焼いて、77個はひび割れたと聞きました。

107日間昼夜問わず炊き続け、冷ますのに3か月。

全てに圧倒されて、凄いとしか言いようがないです。

 

私も少し頭を冷まそうと思います。

牛窓で景色が綺麗と評判の「フォルッツァカフェ」さんへ行きました。

 

 

テラス席に座ります。

 

日替わりランチ(スープ、サラダ付き)。

 

ランチをワンプレートで提供するお店が少なからずありますが、盛り付けが良くないとガッカリします。

ここのお店は美しくて美味しそうです。

 

食後のコーヒーを飲みながらいつも以上にボンヤリしました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古民家カフェ(用瀬町) | トップ | 姫路城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。