荒井善則展覧会情報

旭川と長野を中心に、作品活動をしています。その中で、展覧会情報をお送りします。

旭川での活動3: 80年代

2017年05月05日 | 日記
旭川での活動3: 80年代

旭川の美術愛好家の会報誌に掲載する座談会、色々な話題の中で脚注の必要から、

当時のことを思い起こした。

「アート・ラボ(ORGANIZATION ART LAB)」(代表・管野弘一)

1982年「理念やジャンルなどを異にした、様々な人間が出会い、多種多様な主張や行動を通し、

自己の活性化を試みる—魂に出会える場」という主旨により旭川市内のメンバーが運営委員の

中心となり、エルムビル5階に事務局を立ち上げた。

表現者、研究者、趣味人、興味人など様々な人が集い、道内、海外からのゲストを交え、

講演会やイベント、食、音、などを楽しみながら人間力の幅を広げる場を生み出した。

当番制による実行委員会は、毎月のスケジューを立てて広報する。

メンバーの活動が忙しくなり、約3年間のアート・ラボ活動を終えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事場のてんとう虫顛末記 | トップ | デンマークに想いを寄せて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。