荒井善則展覧会情報

旭川と長野を中心に、作品活動をしています。その中で、展覧会情報をお送りします。

劇団河 公演

2017年07月15日 | 日記


劇団河 公演

「詩と劇に架橋する十三章」

旭川市市民活動交流センター Co Co De ココデ

2017年7月14日(金)p.m.7:00〜・15日(土)p.m.2:00〜・16日(日)p.m.1:00〜

初演から40年、劇団河の公演30年振りの「詩と劇に架橋する十三章」。

久し振り、本当に久し振りに劇団河の公演に触れ、あの頃の新鮮な気持ちが蘇って来る。

舞台空間は違うけれど、気持ちはあの時のまま。

新たな役者の登場する中で、旧知の顔と声はあの時と変わらない。

会場は熱気に煽られながら、あの時に聴いていた浅川マキの「カモメ」が流れ、

「秋刀魚の歌」(小熊秀雄)の詩が劇全体の主体を構成し、いつかの詩と共に架橋する。

この時期に来て、こんなコト、こんなモノが欲しかった、と思い知らされる。

ジジイの感動は時を越え、この空間を満喫した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮気はタイヘン | トップ | ライブで唄を聴く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。