おいしいせいかつ

暮らし・たべもの・たび…など。

オーディオ シナリオ 『すばるの気まぐれ放送室』 第伍拾九回目《カフェ・ソサエティ》

2017-05-17 | column


♪BGM







みなさん、こんばんわ。

本日も不定期放送で始まります
『すばるの気まぐれ放送室』。
DJは、すばる食堂。どうぞよろしく!



去年歯医者に行くことで引きこもりからの
脱出だったのですが、毎週治療しに行かないと
いけないので、すこしずつ身だしなみも考えるよ
うになっていったんですよね。で、私は自分のこと
をアート系だと思ってるんで(笑い)、魚座金星で
太陽天王星チックなファッション(要はかわいい系で個性的な服)
が好きで着てたんですけど、
今年40歳になってさすがにそういうの着ていくの
「やーめよう」と。そういうのはプライベートの時に着て、
仕事などでは天秤座(ASCが天秤座だし)ファッション
を着るようになりました。しかし、冥王星合なので黒率高い。

天秤座ファッションは、牡牛座ファッションとは違って
他人から見た自分を意識した服を着ていることです。

牡牛座は物質欲の塊なようで、服のバランスを考えないで
コーチのブランドバッグを肩から掛けて歩いているみたいな。
みんなが手に入りやすそうなブランドでまとまってるのは、
水がめのおばさんから見ると・・・うっ。あと牡牛はかわいい服
着てますよね。でもなんか重い。

天秤座というのはエレガントで社交的なイメージで、
参考にしたいのは女子アナファッション。
ピンクやベージュ、ネイビー、あと花柄で誰から見られても
好感もてるコーデをしていることです。

いま木星が天秤に居るからだけど、これが蠍座に移行すると
暗色していくんでしょうね。セクシー系でね。
おばさんはセクシーとは無縁なので苦手だわ。

なんだか服の色と社会の動きは連動してるらしいですよ。









それでは
本日の放送考えながら聴いていってくださいね!!





























★提供開け
------------------------------------















さていきなり問題です。
私すばるが最近観た映画は何でしょうか?

秒針がチチチと時を刻む。


ヒントは「見栄を張るのが芸能界」

















♪BGM















舞台は1930年代のハリウッド。
アメリカは音楽や食事などさまざまな文化が流入し
華やかな時代を迎えていた。

冒頭

洗練されたスーツに身を包んだ男性(叔父フィル)が
知り合いと談話中。

メイドがやってきて、一本の電話を受け取る。

電話の相手は華やかな世界とは全く違う、
生活感のある部屋に住む姉ローズから。
「息子がハリウッドに向かうからよろしく」

豪邸の前に止まる1台の車から息子ボビーが
降りたつ。そして叔父フィルのオフィスに
入っていく。

刺激的な人生に憧れて、小さな宝石店を営む
父親のもとを離れて、映画業界のエージェント
として大成功を収めた叔父を頼ってニューヨーク
からハリウッドにやってきたボビー。

ところが幅広い人脈を持ち、多くのスター俳優を
顧客に抱える叔父はとてつもなく忙しく、会うの
に3週間も待ちぼうけを食わされるはめに・・・。

ようやくオフィスで対面したフィルは、やる気
だけは満々だがこれといった夢も野心もない
初々しさが残るボビーに雑用の仕事を与え、
さらにハリウッドに来たばかりで見物してない
だろうということで、その案内役に秘書のヴォニー
がやってくる。

美しくてオシャレで飾り気のない性格のヴォ二ーに
一目ぼれ。

ヴォ二ーのセリフ「ねえ、かわいいって言われない?
車のライトを見て動けない鹿みたい」

タコスを置いているBarでボビーは、ヴォ二ーに
恋人がいることを聞き出す。それでも積極的に
アタック。それが実ってヴォニーに手料理を振る
舞ってもらう約束を取り付けるが、当日にドタキャン
されてしまう。

その夜、ヴォニーはゴージャスなレストランで恋人
と会っていた。その恋人とは、なんと親子ほども
年の離れたフィルだった。ふたりは1年前から
人目を忍んで愛し合っている。しかしフィルは
25年間も連れ添ってきた妻との関係を断ち切れない。
沈痛な面持ちのフィルから「やはり離婚はできない。
もう君とは会えない」と告げられたヴォニーは、
レストランを飛び出してボビーのもとへ。

「恋人にふられたの。全部終わったわ」と涙ながら
に転がり込んできたヴォニーが、まさか叔父さんと
交際していたとは知る由もないボビーは、ここぞと
ばかりに彼女を優しく慰める。そして海辺や映画館
でのデートを重ねたふたりは、恋人同士になった。

幸せの絶頂にのぼりつめたボビーは、勢いに乗って
「結婚してニューヨークに住もう」とヴォニーに
プロポーズ。華麗なるハリウッドの空虚な裏側
(見栄を張っているのだ)も目の当たりにしてきた
ボビーにとって、今やヴォニーと共に歩む未来こそ
がすべてだった。ところがヴォニーへの未練を残す
叔父さんがついに妻との離婚を決意し、土壇場で
猛烈に巻き返したことで形成逆転。ボビー失恋し
ハリウッドを去ることに。

失恋の痛手を引きずって故郷ブロンクスに舞い戻った
ボビーは、ギャングの兄ベンが経営するナイトクラブ
で働き始めた。ハリウッドで知り合ったモデル・エージェンシー
の女性社長ラッドの協力を得て華やかに改装し、
バンドの生演奏を取り入れたクラブ「レ・トロピック」は、
地元の名士や有名人を惹きつけて大盛況。
気配り上手の店長として意外な才能を発揮したボビーは、
ある夜、来店した優雅なブロンド美女ヴォニーに魅了され、
あれよあれよという間に急接近に成功。元カノ、ヴォニー
と同じ名前を持つ彼女。

やがて歳月が流れ、ヴォニーと結婚して初めての子供も
授かり、公私ともに順風満帆のボビーの日常に思わぬ
波乱が起こる。ギャングの兄の死刑と、それから叔父さん
の後妻に納まったヴォニーが「レ・トロピック」にやって来た。

動揺を隠せないボビー。ヴォニーはハリウッドの社交界
に染まっていて、あの頃のヴォニーとはすっかり変わっていた。

立ち去ったボビーに声をかけるヴォニー。かつてヴォニーが
ボビーをハリウッド見物を案内したように、今度はボビーが
ニューヨークを案内することに。そうしてロマンティックな
ひと時を過ごすのだが・・・。


“進める道は1つ”


華やかな世界に憧れ夢を見る、
2人のヴォニーの間に揺れる人生の選択。

運や偶然にふわふわと流される人間の夢は切ないほど儚い。
そして二手に分かれた道は選んだ方が過ちだったと後悔する。

あのとき、ああすれば、人生は少しでも変わっていたのではないか。
生きていれば、必ず選択を迫られる場面がある。
その時に勇気のない決断をすれば、その後の人生に大きく影響する。

例えば電車の線路でいうと分岐部分が人生には幾度もあり、
切り替えるスイッチを押せずに来てしまうと、望まない終着駅
に着いてしまう。その駅に愛する人がいないので、もう一人の
ヴォニーで妥協して結婚した。結婚というのは妥協でするものです。

そしてある時、ふと自分の人生を振り返る。

私たち観客も、今いる場所は本当にたどり着きたかった場所なのか、
という疑問を一度は抱き、もし、もう一度やり直せることができた
なら・・・と夢想する。そして、過去を変えられるなら、その結果
は必ずハッピーだと思うだろう。

望む現実とは、愛する人が隣りにいる幸せな人生なんだけど、
自分の望む人生を手に入れようとすると、どこかで誰かが割を食う
人生が生まれてしまう。叔父さんからヴォニーを奪うことだって
できたはずだ、あんなに積極的にアタックするぐらいだもの。
でも彼女の幸せを選んだ。

現在の自分の幸せは、誰かの犠牲の上にある。
受験・就職・結婚など誰かが諦めたから、そこへ
自分が収まることができたんじゃないか。
逆に自分が誰かの幸せを願うとき、その犠牲になることもある。

遠くを見るようなラストがすごくジーンときて、
選ばれなかった道を見送ってるようで感動しました。

最後にこの言葉を贈ります。

『人生はコメディだよ。
 サディスティックなコメディーライターの書いた』













♪エンディング曲 (提供が終わったら音量MAX)






1930年代の特徴
ブロック経済
(現在の経済の動きが似てきてる。一路一帯とかさ)
前年10月に世界恐慌が起き大不況時代へ突入し、9年後に
第二次へと流れて行く。

1929年から31年頃は土星・天王星・冥王星が活動サインで
Tスクエアを形成してた時代。Tスクエア十字架のように
磔状態(ボビーの兄が死刑執行前にユダヤ教からキリスト教
に改宗していたのだが、兄のサブストーリーを挿入するため
にと考えると・・・)で、この大不況から戦争に流れていく
素地を築いてきたかとおもうと、同じ道を今回も辿るのだろう
と思われる。前回は蟹座に冥王星が居たけれど、今回は山羊座。
しかも12月に土星が回帰してくることで本来の力を出しまくる。
私が土星・冥王星合になる時にお店が閉店して転職したのだけど、
安定してたものが崩壊して再生するというようなことが起きる
のではないだろうか。2019/10/24(木、奇しくもブラックサーズデー)
経済は縮小に向かっていくので回復は難しいのでは。
蠍座の金星・水星合と山羊座の土星・冥王星合と魚座の海王星という
小三角形成しているのだが、そのシンボルがとても意味深過ぎて苦しい。

そういえば映画「エージェント・ウルトラ」という洗脳映画に
“コーラスは破られボールを受け止める”というセリフがあったぞ。
(この映画の主役の男女は、今回の映画の二人でもある)

ということはその前にカーディナルサインに居る天王星の動きに
注目しなければならない。そうなる前に何かが起きてこうなって
いるのではないか。天王星は2018/5/15まで居る。

今年6月の酒税法改正が1920年から33年頃まで続いた禁酒法
に似ている。飲みたくても飲めない人が出てくるのでは。
映画「パリ3区の遺産相続人」「サバイバルファミリー」では
お酒と物々交換してたし、「ヤングアダルトニューヨーク」で
は禁酒法のメッセージが出てたし。













5/11サビアンシンボルは牡牛座21
『開かれた書物の一文を示している指』です。

わたしのネイタル木星はこの度数で、魚座の金星と
セクスタイルで山羊座の火星と小三角を形成。
魚座金星の度数も意味深なんですけどね。
事典には今まで鑑賞してきた映画のメッセージメモ
が貼っていて、時刻表の通り世界が動いているように
おもいます。




お時間がきちゃいました。

なわけでこの時間のお相手は、すばる食堂でした。
ではでは。ちゃおー。







映画は『カフェ・ソサエティ』でした。























★提供〆




















































































宗教は民衆の麻薬

父の仕事が嫌で華やかな世界へ
移住したのに、また地元に帰るなんて
土星山羊座的な意味だなあ。

恋は非理性的

人生はラブソングと同じ

ソクラティス

母ローズのセリフ「答えを知らないほうがいい。
 答えがないってことも、1つの答えなのよ」







Copyright ©『すばるの気まぐれ放送室』すばる食堂 All Rights Reserved 転載禁止





『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーディオ シナリオ 『すば... | トップ | ブルージャスミンと海王星の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。