BL日記

ボディライトニングで体の免疫力を上げて楽しく健康な生活を送りましょう♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんな時だから

2012-01-08 23:50:39 | 日記
「こんな時だから夢の龍成(たっせい)の年に」

と、今年の年賀状に書きました。


今更ですが、、、
明けましておめでとうございます。

2か月ぶりの更新となりました。

週3日のバイトと、母の介護で実家に週1-2日、
さらに今「講座」を受けてまして
目いっぱい。。。

12月後半は体調もいまいちで
大掃除もおせちもパス、
気分的にも年末やお正月といった気になりきれず
ここまできてしまいました。

実家で多少トラブルもあり
どよ~んと落ち込む日もありましたが
ようやく心身ともに復活した感です。

一方で、ずっーと「課題」だったことが
少し先に進んだ感も。

今年も「課題」がひとつでもクリアできるよう
霊学的思考を重ねたいと思っております。
もよろしくお願いいたします。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

試されている?

2011-11-09 05:31:25 | 私的BL的思考
ここにきて、仕事の話がチラホラ。。。

今やっていることが明らかにに
自分にやってきている「波」だと思っているのですが
それでも馴染みのある仕事にグラッと傾く。

まだまだプレますねぇ。

「試されているなぁ」と実感。

でも、こうやって確認しながら
足元を固めていく。
少しずつ前に進んでいく。
ある意味「慎重」な私らしいかも。

何事も魂の思し召しだものね。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

愛か欲か

2011-11-06 21:02:48 | 私的BL的思考
夢 願い 想い
これらが叶うのは

愛と欲と
どちらが先か どちらが根底にあるか。

もしくは真我と自我のめざす方向が重なったとき。


以下は私のイメージです。

愛と欲が
ミルフィーユのように何層にも重なって
どちらが一番上にあるか
どちらが一番底にあるか

で、そのときそのときで
どちらかにひっくり返ると
うまくいったり
うまくいかなかったり かな。

真我と自我の方向が重なると
うまくいく自然な流れができるような。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海沿いの町へ

2011-11-05 18:55:06 | 日記
10/31は仕事で石巻へ、
11/3はプライベートで大船渡へ行ってきました。
どちらもまだまだ津波の爪跡が残っています。

石巻の開成団地仮設住宅は
「日本一大きく広い仮設住宅」とは聞いていましたが
噂にたがわず広い広い、
どこまで行っても仮設住宅が広がっています。
ひとつの団地に丸ごと仮設住宅が立っています。

石巻は20歳代のときに住んでいたところ。
私にとっては第二の故郷、思い入れも格別です。

今回は仕事で行ったにもかかわらず
25年ぶりに会った方も。
ホント、偶然な繋がりだったのですが。
でも実は何事も必然、再会には何か意味があるのでしょう。


仙台から大船渡へは、一関で東北自動車道を降り
そのあとは一般道で海側に向かいますが
一関から大船渡へ行くには必ず通るのが陸前高田。

ここは本当に全て流されて
あるのは抜け殻になった鉄筋の建物だけ。
まだまだテレビや写真で見る風景そのままでした。

そんな中でもプレハブの商店街があったり
復興に向かっているのが見えるところも。

大船渡は陸前高田に比べて坂が多いので
ほんの数メートル違いで
家が流されたり、残ったり明暗がありました。

昨年の春に泊まったホテル周辺は地盤が下がって
水が引かないようだし、駅も流されたし。

仙台の街なかでは薄れていく震災の記憶も
海沿いの町ではまだまだ深いのです。

そういうものを目の当りにすると
何かしなくては
でも自分に何ができるのか
焦るばかりですが

今、自分にできること、すべきこと
地道にやっていこう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい仲間

2011-10-12 05:17:09 | 日記
我が家に新しい仲間が来ました。
かわいくて働きもの。

よろしくね、ルンバ

廉価な類似品もあるし
国内メーカーの対抗品もあったのですが

やはり「作り手の気持ち」があるものが良いと思い
ルンバにしました。

掃除機の運転音が苦手で
もっぱら箒やモップ、
または雑巾で水拭きしていました。

しかし、こげ茶のフローリングは
すぐにまた細かい埃で白くなってしまい
お掃除した達成感が少なく
ストレスでしたが

ルンバは
モーター音が気にならないでもありませんが

きれいに埃をとってくれるし
すぐに埃が目立ってしまっても
またルンバにやってもらえるという安心感

何よりランダムな動きがかわいくて癒されます。

ルンバをみていると
高齢者社会に向けた介護ロボットや
以前あったアイボのようなロボットのペットも
必要かな、と思いました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加