えむ風な生活

気が向いたときに、ちょこっと♪

和歌山(串本 ・ 白浜)

2017年06月27日 | Weblog
6月に入って和歌山で用事があったので、その前後をプライベートに遊んできた。(^-^)v
 
1日目は知人と一緒に本州最南端という ↓ 串本へ。
 
 
12時過ぎに着いて、
コミュニティーバスの運転手さんが タワーと言うほどのものではないけど
と遠慮(笑)する潮岬タワー ↓ 横のレストランで、
 
 
まずは昼食。
 
近畿大学水産研究所が32年の歳月をかけてクロマグロの完全養殖に成功したという
近大マグロ なるものを知って ↓ 串本マグロしゃぶしゃぶ御膳
 
 
をオーダー。
 
あ、σ(^_^)ワタシ のは200円追加で
ウエルカムドリンク・コーヒ・デザートの代わりにビールが付く 生ビール御膳。(^▽^)
マグロの赤身、中トロ、大トロが、お造りでも しゃぶしゃぶ でも食べられ
お造りの場合も しゃぶしゃぶ の場合も、3種のマグロそれぞれに適しているという
薬味、たれ、が添えられてる凝りよう。
 
σ(^_^)ワタシ は普段マグロの赤身は食べないけど、近大マグロは全身トロと言われてるそうで、
赤身も食べれたし、かと言って大トロもそんなに脂っこくなかった。d(^0^)b グッ!

潮岬タワー7階の ↓ 360度展望台から
 
 
案内書にある地球は丸い、を実感してから(^▽^笑)

タクシーも利用して
約850mの列を成して大小40余りの岩柱が規則的に並んで
橋の杭のよう と言われる ↓ 橋杭岩へ。
 
 
           ↓ 
 
 
           ↓ 
 
 
           ↓ 
 
 
丁度 ↓ 干潮時だったらしく
 
 
岩の側まで行けて d(^0^)b ラッキー!
 
海に沿って移動してる時
ふと気づくと ↓ じわじわと潮が満ちだして
 
 
        ↓ 
 
 
もう、岩の側まで行けなくなってた。

その後特急くろしおで小1時間、白浜へ。
その日の宿は ↓ ネットで見っけた
 
 
       ↓ 
 
 
       ↓ 
 
 
 
ドーム型の とれとれヴィレッジ。
 
発泡スチロール製で、
珪藻土(植物性プランクトンの化石が堆積して出来た地層から掘り出した土)塗装を施し、
同じ広さだけど全て造りが違う部屋、というホテル。
 
ほかの部屋は見てないから、どう違うのかは分かりましぇん。(^▽^;)

2日目の午前中は、3時間のタクシー観光。
最初は平草原展望台から ↓ 白浜を一望。
 
 
この後に行く 白良浜、円月島、京大水族館 が見え
 (*・0・*) ワオ~! と感嘆の声を上げる客に
全体像が捕まえられるので、一番にここに案内します、と
チョット自慢げな運転手さん。(^▽^)
 
三段壁で ↓ 
 
 
昔( ← いつ?)は無かったように思う ↓ 三段壁洞窟へ。
 
 
三段壁から36mをエレベーター24秒で降りたとこにある海蝕洞。
むき出しの岩肌 ↓ も綺麗だし、
                   
 
海面近くで ↓ 
                  
 
海鳴りも聞こえて、なかなか の場所 だった。(^-^)v 

畳が千畳ほど敷けそう という ↓ 千畳敷
 
 
真っ白で、サラッサラな砂の ↓ 白良浜(しららはま)
 
 
と、歩きにくい足元の観光を経て --;
島の真ん中に直径約9mの円月形海蝕洞が開いてる ↓ 円月島に向かって走行。
 
 
ここで問題発生。 …((゚m゚;)アレマッ!
 
後2カ所回りたいのに
30分毎のグラスボート乗船時間に、タイミングが合わず中途半に到着。
 
昼からは用事があるので、時間の変更は出来ず
ノンビリ見たかった、京都大学が運営していて
無脊椎動物(サンゴ、カニ、エビ、ヒトデ)などのコレクションは日本随一という
京大水族館 ↓ を
 
 
       ↓ 
 
 
       ↓ 
 
 
 そんなに大きいとこではないけど、大急ぎで見て回って
再度 ↓ グラスボート乗り場へ。
 
 
円月島近くを ↓ 回船ということで
 
 
円月島は近くで見れて d(^0^)b グッ! だったけど
船の底から覗く ↓ 海は
 
 
         ↓ 
 
 
全く! たいしたこと無かった!!
日によるのかも知れないけど、まぁ、それも思い出の一つということに。。。

タクシー観光 終点に向かう ↓ 途中に見た
 
 
海の街らしい風見鶏。(^▽^笑)

ランチは ↓ 
 
 
 
少し高めと言われてる ↓ 回転ずし。
 
 
和歌山の食べ物を検索すると 幻の魚クエ ↓ がよく出てくる。
 

(京大水族館 水槽より)
 
クエを喰え と ↓ お造りで食べた。 (^◇^)
 
 
養殖が出来るようなので、もう高級魚ではないんだろうけど
コリコリして美味しかった ♪
 
活車海老は ↓ 一皿に1貫だけど
 
 
 サスガ! 足がまだ動いてて、頭の味噌も美味しかった ♪♪
 
一緒に行った知人と寿司ネタの好みが似てるので
2貫ものは一つずつして、いろんな種類が食べれて d(^0^)b グッ!
 
(・・?) ん? ビール?  ↓ 
 
 
ちゃんと(?)飲んだよ。 ニャハハ (*^▽^*) 

のんびりお寿司を楽しみ過ぎて、またもや時間不足。 (^^;)ゞ
道路を挟んで向かいだけど大回りしなくてはならない ↓ お土産屋さん
 
 
お店の人も協力してくれて、大急ぎでチェックしてた最低限のお土産を宅配手配。

無事予定の 特急くろしお で1時間半。
和歌山で用事のある σ(^_^)ワタシ だけが下車して、
付き合ってくれた知人はそのまま乗って帰宅の途に。

初めて行ったとこも、昔行ったとこも、み~んな楽しかった ♪

(続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一人相撲 (^^;)ゞ | トップ | 和歌山 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんと、よく歩いたはりますね♪ (桜餅田楽)
2017-07-08 15:11:20
串本マグロしゃぶしゃぶ御膳、ほんに凝ってますね。食べてみたい♪

発泡スチロール製ホテル、思ったより広くて、しっかりしてそうで^^、かわいい!

回転ずしのお皿模様と値段の写真、最初写真を見た時は、これなんやろ?状態でしたが、
クエやら、車エビを見たあとに謎判明^^ 皿の上にさらにサラが載っている状況が笑えます。そこでしか食べれない(そこでこそ食べれる)もの達、美味しそうです
ⅿ(_ _)m (えむ)
2017-07-09 21:50:10
>桜餅田楽しゃん

>よく歩いたはりますね

普段の運動不足を解消せんがため。。。(笑)

>回転ずしのお皿模様と値段の写真

長くなるので説明をハショッタんだけど
クチコミに 壁のお皿 の写真が沢山UPしてあって、あ、これや!と真似っこ。 (^▽^)

>皿の上にさらにサラが載っている

ここの計算方式は面白く、
お寿司以外のお造りやビール、デザート等全てお皿に換算して数えはるの。
故に、例えばお造りだと3枚のお皿が付いてくる・・・分かる? (^▽^;)
書き忘れ (^▽^;) (えむ)
2017-07-10 12:06:01
>田楽しゃん

>皿の上にさらにサラ

( ^o^)ノ◇ ザブトン1マイッ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL