JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2009年最後のステージは・・・

2009年12月30日 | ステージから

 28日(月)最終営業日のエムズ。
 ドアを開けるとなぜか、ベースがセットしてあって、
カウンターでたばこをくゆらせる青木教授(ベーシスト:
青木喬嗣さんの愛称)の姿が・・・
「あれっ!?どうしたの?」
「へっへっ来ちゃった
喜んで、演奏を始めようとすると
そこにはトランペットを持った杉村彰さんが・・・
 これはもう、仕切らないワケにもいかず、マイクを持つ
森田さん「え~~、当番はワタクシなんですが、
なぜか大先輩の青木さんがベースを持って遊びに来て
下さいました
「さらに!大先輩の杉村さんが、トランペットを持って遊びに
来てくださって・・・」
「さらにさらに!!そのまた大先輩の
(親ガメの上に・・♪だね、まるで
デニー白川さんが・・遊びに来てくださいました
てなワケで、なぜかゴージャズなステージを展開。

 途中で客席からワガママなリクエストもかかります。
「テイクフ・ァイブやって!」
杉村「イヤ!」客「え~~、つまんない
杉「できるんですよ、本当はね。(最初のフレーズを吹く)」
大喝采
杉「(サビの手前で)ここから先はお金もらわなきゃやんない!
爆笑「そりゃそうだ

 それぞれ勝手なことを言いながら、楽しい夜は更けてゆきました。
五味さんの誕生日でもあり、ハッピーバースデーを歌うやら
シャンパンを開けるやら、ケーキを切るやら・・・

なんか、男性ばかりの部室でやってるみたいなノリで。
もちろん、女性のお客様もいらしたんですけど。

 早番(?)の先輩方が引き揚げて、本来のお当番の
森田さんとふたりになって今年のラスト・ナンバー
私「エムズの季節物定番曲です。
クリスマスが終わり、大晦日を待つ何日かの間しか歌えない
のですが、今回は曜日割の問題で、今日しか歌う日がありません。
'What Are You Doing New Year's Eve?'
(大晦日、君は誰と一緒に過ごすの?

 とてもとてもエムズらしい、和やかな締めくくりになりました。
今年も本当にありがとうございました。
来年は、もっともっとたくさんの、「特別な夜」
(・・そこに良い音楽があって、おいしいお酒があって
その時間と空間を共有できる人々が集うような)
を創り出すことができますように。

 どうか、良い年末年始をお過ごしくださいませ。 女将敬白


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今宵のバラ一輪

2009年12月27日 | バーカウンター

 以前にも記事を書いたことがありますが、この美しいカクテルは、
「Jack Rose」と言います。
リンゴのブランデーとザクロのシロップとレモンまたはライムで
作ります。 ふつうはカルバドスを使いますが、アメリカでできた
カクテルなので、もともとはアメリカ産のリンゴ蒸留酒(アップル・ジャックと
呼ばれる)で作り、ザクロシロップのバラ色が美しいところからついた
名前だそうです。
 細かいレシピはお好みしだい、お酒の量を多くすると、バラ色が淡く
なるのですが、お酒がコハク色ですから、シロップを控えすぎると
こういうキレイな色になりません。で、甘くなった分は酸味も足して
バランスを取る、というワケで、今夜はとても美味しいナイト・キャップに
なりました
 一度お試しあれ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Santa Bye-bye

2009年12月26日 | 季節

 じゃ、来シーズンまでサヨナラ
クリスマス用譜面の束と共に・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tuxedo Confusion?

2009年12月25日 | ステージから

イヴの夜を彩るのは、洒落たブラックタイの
土井一郎さんのピアノ。(しまった!ドレス着るんだった

 ディナーにお出かけの方が多いせいか、バーはたいてい
しっとり静かです。が、海外からのお客様もあり、
カップルもあり、やっぱりちょっと特別な夜の雰囲気に。

 よし!ここは特別なクリスマスソングばかりで決める!
と、一年に一回か二回しかやらない譜面をバンバン繰り出す私に、
混乱する土井さん。打ち合わせもなく、知ってる曲にまで
ご丁寧にバースがついていたりして、
土井「まったく、次から次へと出てくるよな~
ちょ、ちょっと待ってくれ~
ごめんなさい。だってさ~~「この曲はこういうタイミングで
やりたい」というのが、実は私のレパートリー選びの最大の
テーマなのです。大きなステージの場合は別ですが、
ほとんどは、歌う直前まで曲を決めていません。
その時その場のオーディエンスの雰囲気、季節、
その日の演奏家のスタイル、自分の体調まで含めて、一瞬で
決断しちゃいます。で、いろいろ事故も起こる・・・
こともある・・・かもしれない。

 クリスマスソングと言っても、イヴ以前でないとおかしい
ものもあるし、イヴしにか聴かせたくない'Santa Baby'
のようなものもあるし・・・。一番最後はね、
一番好きなカーペンターズのオリジナル
'Merry Christmas Darling'でシメました。
これは土井さんも去年から、「お気に入りに追加」して
下さっています。

 さて、今日はクリスマス当日の秘密豪華セッション、
超スタンダードで行ってみますか・・・?
でも、あなどれないサプライズがあるかも・・・?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危険がいっぱい?クリスマス・イヴイヴの夜

2009年12月24日 | エピソード

 昨日23日は、休日を良いことに?
早くから演奏して、飲んで食べて盛り上がろうではないか、
という初めての企画。

 午後5時前に三越に寄って、頼んであったサンドウィッチを
受け取ったのですが。まあ、なんという人の多さ!
出口までどうにも進めません。コートを着たまま大きな荷物を
持っていると、全身汗びっしょりになってきます。
気になったのが、年配の方や杖をついた方の多いこと。
きっといつもはあまり都心にお出かけなさらないのでしょうが、
やはり年末の買い物は銀座でなくちゃ、というので
よりにもよって、一番不自由な時期に集結してしまうのですね。
危険度抜群。
 銀座が大好きで、日々通ってはいても、これという用のないときは、
つとめて人ごみを避けるため、この混雑ぶりに遭遇することがあまりないのです。

 ほうほうのていでエムズに移動。
と、今度はビルのエレベーターが止まっています。
う~~ん、エムズは5階にあるのですが・・・。

作業員「調整にもう少し時間がかかりそうなんですが・・・
もうお店開けますか?
私「6時になると、大きな楽器を持った人も、年配の方も
みえるんですが・・・」
調整も、大汗をかいてベストを尽くしてくれていましたが、
結局みなさんに、5階までよじ登ってもらうことに。
エムズの扉を開けたとき、ほとんどの方が、息が上がって
いらっしゃいました。これ、運動というよりも命がけですよね。
本当にご迷惑をおかけしました。


 下間・深澤・加藤トリオの古くからのファンの方々あり、
エムズのサイトを見て、初めて来てくださったカップルあり、
今日は家族で、またはひとりで寛ごう、という向きもあり・・・
「今日はお酒を控えた(?)」深澤さんの仕切りも快調、
短い時間の中での3ステージ、クリスマスソングもたっぷりで
充実していました。 差し入れも、ワインもチーズも
それからおにぎりもあって、なんだか運動会みたいで
楽しいなっと。


 昼間すでに新宿でのステージを終えてきた下間さんの
トランペットの音色も冴えわたり、イヴイヴの夜はなごやかに
更けてゆきました。
(みんな無事で良かった~~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xmas Special

2009年12月22日 | Information

明日(23祝)18:00~21:30特別営業いたします
出演:下間哲(Tp)深澤芳美(P)加藤人(B) 
料金:4,000 [Xmas Set;1drink&sandwitch税込]
(追加はご用命のままに)


 飲み物食べ物お持込み可
ホームパーティーみたい・・・自分ちの居間で、バンドが飲みながら
演奏してる雰囲気かな? 出来上がる人もいるかも・・・
それもたまには楽しそう

 時間帯内での、お出入りは自由です。
クリスマスのお買い物帰りに、ちょっと寄れそう、という方が
いらっしゃいましたら、直前で結構です。ご一報くださいますよう
 3574-5508
 クリスマス・イヴイヴの休日のひとときをご一緒いたしましょう


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Give Love On Christmas Day

2009年12月21日 | 生ジャズ

人々はリストを作って プレゼントの買い物をする
一年で一度だけ 親しい人たちが集まるとき
大切な人たちみんなに 店で売っているものよりも
もっとステキなプレゼントができたら、と思いながら

プレゼントは“愛”でいいんだよね
何でも持っているお金持ちだって
クリスマスに“愛”を感じられたら きっと幸せになる

クリスマスには“愛”を
道行く人も 階段の上の二人も
みんな 誰か自分を大事に想ってくれる人がほしいんだ
だから クリスマスには 愛を届けよう

サンタの膝の上の幼子は 
自分のツリーの下に あなたの愛が届くのを待っているよ


 
 昔「ジャクソン・ファイブ」がモータウンのクリスマスアルバムに
レコーディングした曲で、結構お気に入りでした。
メイン・ボーカルはもちろんマイケルです。
本当に天使のような歌声でしたが・・・。
自分が愛に包まれて生きているという気持ちになれないと、
人は自分を傷つける生き方をしてしまうのかなあ、と
考えさせられてしまう時がありますね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイヤは友達♪

2009年12月17日 | 生ジャズ


フランス人は 愛のために喜んで死ぬ
決闘(duel)に喜びを感じるんだって
でも私は 生きてて高価な宝石(jewel)を買ってくれる
生身の男が好き

ステキにセッティングされたデートは
女の子の心をときめかせるけど(beat quicker)

デートが終われば 
この宝石のきらめき(flicker)がやっぱり一番よ


淑女のようにひざまずいて手にキスされるのは
とても古めかしくてステキね
でも それよりもダイヤモンドが
やっぱりいちばんいいわ

キッスは素敵だけど
アナタのみすぼらしいアパートの家賃も
車のローンも キッスで払えはしないでしょ


女性が年を取る(old)と 男性は冷たくなる(cold)
そしてお互いに 最後は魅力がなくなるのよ

でも! スクウェアカットや梨型の
この石だけは変わらない
女の子の一番のお友達


小娘も成長して
弁護士(lawyer)を必要とする時が来る(たぶん慰謝料のためとか?)
でもそんなときも ダイヤはお友達

冷徹な雇い主(employer)が 
アナタを魅力的だ(nice)と思う時代もあるかも
そんな時は この冷たく輝く石("ice")をもらっておきなさい
そうでなきゃお付き合いはお断り!(no dice!)
株価が高い(high)ときはね 
アナタの愛人(guy)でいてくれるかもしれないけど
下がり始めたらご用心!ってことね
きっとそういうヤツ(louses)は奥さん(spouses)のところへ帰るのよ

だから、ね?
やっぱりダイヤが一番のお友達なの


 う~~ん、深い。
ていうか、わかりやすい。
人生を感じる。
これでもか!ってくらい韻を踏んでいて・・・
良い詞です




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blue Skies

2009年12月16日 | 生ジャズ

ボクはブルーだった 
これ以上ないっていうくらい落ち込んでた
毎日が曇り空だった
ところがある日 幸運がドアをたたいて
それからというもの
曇り空なんかなくなったのさ

青空がボクに微笑んでいる
青空以外に ボクには何も見えない
悲しい歌を歌う青い鳥も
もうどこかへ行ってしまった

こんなに明るいお日さまは見たことがない
こんなにすべてがうまくいくなんて信じられない
毎日が飛ぶように過ぎていくよ
そう、 恋をしているときにはね

あの憂鬱な日々は 消え去ってしまった
もうこれからは ボクには青空しか見えない



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのご案内

2009年12月11日 | Information

まずは、今月23日(水祝)の「em♪s Xmas Special」です
下間哲(Tp)深澤芳美(P)加藤人(B)のトリオと一緒に
この日は休日ですので、18:00 Open 18:30スタート予定。
チャージ&1ドリンク&サンドウィッチ=\4,000の「Xmas Set」にて。
追加はもちろん、ご用命のままに
持ち込みも可能なホームパーティー形式です♪(持ち込み料金はナシ!)
ご家族と過ごされる方が多いと思いますが、ご家族でも、
またおひとりでも、くつろいだ一夕をご一緒しませんか?
25名様以内、の予定ですので、どうぞご予約くださいませ。
楽しいことは請け合いです
女将としましては、トリオが先にできあがってしまわないか
ちょっと心配


さらに 来年の話になりますが、深澤芳美さんの楽団
「キャロライナ・シャウト」の20周年記念コンサートが行われます
2010年1月10日(日)森下文化センター・4階レクホールにて
キャロライナ・シャウト20周年コンサート

 永年のメンバーに交じり、影山もゲストボーカルとして出演させて
いただきます。 写真の出ている方々以外にも、たくさんの演奏家が
飛び入りなさることでしょう
 このコンサートは、深澤さんの念願だった「スウィングとダンスと
酒場のコラボ」を、初めて実現するもので、バンドの音楽で踊る
プロのダンサーのデモンストレーションとワークショップも予定されています。
影山ももちろん参加するつもり。足腰大丈夫ならね
 もう一つのお楽しみは、エムズのバーテンダー五味さんと、オリオンズの
藤澤さんの二人が、「銀座のバーの出前」をしてしまうこと
公共の施設での制約があって、華奢なグラスを使うわけにはもちろんいきませんが・・・
 でもね、音楽もバーも、ハードよりもソフト、人のサービスとパフォーマンスが第一です。
「音楽とダンスと酒場」この三者を融合させたときに、どんな時間と空間が
出現するか、それが最大のテーマになるわけです。
 ご期待ください
 これは、バーや銀座に来られない方にも、ぜひ参加して、見て聴いて飲んで
いただきたいコンサートです。
チケットはエムズでもお求めいただけます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加