JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忘れる その①歌詞の場合

2009年06月30日 | ステージから

「たくさんの曲の歌詞を、よく忘れませんね」と言われることが
あります。イヤイヤ、忘れてますよ~。
ただ、ほとんどの場合、あまり一般にバレていないだけ。 
 32小節の曲の場合、AABAというスタイルなので、
同じメロディーが、1コーラスの中に3回出てきます。
B(いわゆる’サビ’と呼ばれる部分)はまったく雰囲気が違うので、
割とすぐに思い出せますが、Aの部分の3つは「どの歌詞が最初だったかな?」
と分からなくなる場合あり。ストーリーがはっきりしていれば、
スムーズに出てくるのですが、語呂あわせのような歌だったりすると
「順不同」で歌っていたりします。

 さらに私の場合、歌う曲はすべてその場で、直前に決めるので、
「あっ!こんなのあった。1年くらい歌ってなかったけど
思い出してみようかな。」(業界用語では“虫干し”などと言っている)
で、だいたいの部分は、伴奏に乗って自然に出てくるわけですが、
細部では「ん」と思うこともあり。
あるとき、'midnight plane'を'midnight train'と歌いながら自分でビックリ
だってそれって、ハワイから帰る夜間飛行のことだったんです。
'train'じゃ帰れないよな~。でも、英語って韻を踏んでるでしょう?
口の形で勝手に出てくるときに、間違えていることもあり。
へへっ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

God Bless The Child

2009年06月26日 | 生ジャズ


持てる者は常に恵まれ
持たざる者は常に恵まれない
聖書の教えにあるとおり それは今も変わらない真理
母さんも父さんも稼ぎがあって
この子の行く末を心配しているんだろうけれど
この子も自分の力で稼いでやっていくさ
神はそういう子を祝福される

強い者はさらに多くを勝ち得るし
弱者はただ消え去るのみ
貧乏人はどうすることもできないさ
でもね
母さんも父さんも自分で稼いだように
神は自ら稼ぐこの子を祝福されるだろうよ

お金があれば
家にあふれるほどの友達がやってくるけれど
一文無しになれば彼らは消えてしまう
まるで手のひらを返したように
裕福な親戚だってパン屑くらいしか恵んでくれない
その日を食いつなぐ程度の 
だけどあんまり多くを望まないほうがいい
母さんも父さんもそうだったように
この子だって自分で稼いで神のご加護を受けるよ、きっと

大丈夫、自分でちゃんとやっていくさ
神様が守ってくださる
ほら、この子は何にも心配してなんかいないよ


 ビリー・ホリデイ共作詞
とても信仰的・説話的な感じもありますが・・・
赤ちゃんを抱いてみんなにお披露目しながら、その子の行く末を
あれこれ案じる両親と、一緒に覗き込んでいる仲間の
会話の情景を想像してみてください。

 日本で言えば、田舎で、生まれたばかりの子供を
おばあちゃんがあやしながら、若い両親に向かって
「大丈夫大丈夫、こんな元気な子なんじゃ、
立派な大人になってうんと稼ぐよ。
何にもあんたらが心配することはありゃあせん」と
ニコニコ語っているみたいな・・・。
どこの田舎?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日のステージ・・歌詞についてあれこれ

2009年06月19日 | ステージから

 先日の下間(Tp)深澤(P)田野(B)トリオの
2ndステージより:
深「え~、少々お酒も入りまして、“酒気帯び”でいい感じで
お届けしたいと思います。'Makin' Whoopie' ですが・・・
これってちょっとヤラシイ“下ネタ系”なんですよね?
大丈夫でしょうか?
だって、演奏なんだし、歌詞はないじゃないですか。
曲だけでわかる!?マサカ・・・

深「アレ?今日絶対やろうと思った曲があったのに。
譜面を探す間、下間さん、しゃべってつないでください」
(いきなりMCを丸投げして譜面探しに没頭。驚く下間さん)
下間「え~~っと、歌詞と言えば。
好きで長年演奏していた曲の歌詞の内容がわかると、それまで
『こんな曲だろう』とイメージしてやっていたものと違った場合に、
演奏に迷いが出ることもありまして・・・あ!譜面がみつかりました!」


 う~~ん、そうですねえ、そういうことはあるかも。
歌う前振りとして、歌詞を面白おかしく説明すると、
演奏家に驚かれることがよくあります。
ただ、歌手の感覚としては、いわゆる『歌詞を歌う』というのは、
必ずしも歌詞の内容に感情移入することではないとは
思っていますが。

 ひとつには、その詩全体が表現する世界の雰囲気と、
曲想がよく合っている、と感じるものが、愛唱歌=歌いやすく、
伝えやすい歌・・・になります。私の場合
 もうひとつの大事なポイントは、ひとつひとつの言葉を
クリアに、印象的に聴いてもらうのが、歌手の役割だということ。
日本の歌の場合だとわかりやすいかな?『悲しい』という言葉を
とても悲しそうに言うのが、一番悲しそうに聞こえるかというと、
そうとはかぎりませんよね?「悲しい」という言葉を
歌手が発したときに、聴いている人が「悲しいという気持ちが
グッと、またはジワリと、感じられる」のであれば、
その歌い方、言い方は成功なわけです。

 それはね、きっとどんな楽器も一緒。
「こんな音が出したい。この曲を、こんな風に演奏したい、
こんな風に感じてもらいたい」を伝えようと夢中になるのが
現場のミュージシャンなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

All Of You

2009年06月15日 | 生ジャズ

いろんな角度から じっくり眺めてみたけれど
どこから見ても惚れ惚れしてしまう
この娘にぞっこんになっちゃった
気まぐれに気を惹かれただけ・・・じゃないようだよ


君のルックスには ほんとソソラレルものがある
君のすべてを 旅してみたいな
君の瞳 君の腕 それから君の唇も
東西南北隅から隅までね


君のすべてをボクのものにしたいな
心も魂も み~んな手に入れたい

だからさあ・・・
ほんのちょっとでも ボクを好きになってくれないかな?
ボクのほうじゃ こんなに全部を愛しているんだもの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報!!

2009年06月11日 | Information

 この週末、エムズのサイトをリニューアルいたします。
(このブログは変わりませんが)
「知る人ぞ知る」「隠れ家的」ミステリアスな雰囲気も
良いけれど、エムズの大きなコンセプトのひとつは、
「より多くの方に、上質の音楽をナマで、身近で、
くつろいで好きなお酒を飲みながら味わっていただく」
ということにあります。
「興味はあるけれど、入りにくそう」と思われる向きに、
安心してドアを開けていただくために、項目別に
(メニューとか、値段とか、出演者とか)より分かりやすく、
私自身の手で紹介できるよう、いわば「大きなブログ化」
に近いものにしたいと思っています。

 その分、プロ的でカッコいい部分は減るかも
しれませんが・・・。すべての環境が目まぐるしく変わる
この時代に、エムズなりの『新世代バージョン』と
ご理解いただきまして、この週末はぜひ、
新しい表ページをご覧になってみてください。  店主敬白
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モヒート(Mojito)

2009年06月08日 | バーカウンター


だんだん暑くなり、湿度が上がってくると、
なぜか南の国のお酒やらカクテルもいいな、と思う
日本のバー。


 このカクテルは、ヘミングウェイが好んだものとして
有名。キューバでは、古くから親しまれているようです。

 『・・・ラム酒とライム果汁と砂糖少々をシェークし、グラスに注ぐ。
そこへ氷を入れ、ソーダで満たし、仕上げにミントの葉を飾る。
 ・・・誕生当時は多分、ラム酒の中にライムの果汁を絞りこみ、
砂糖を混ぜ、水で割って飲んでいたのだろう・・・』
 
 しかしながら!腕と味覚に覚えのあるバーテンダーたちは
まるで茶道のお点前のように凝る人も多く、私がとても印象に
残っているのは、ミント、砂糖、ライムを潰し、クラッシュドアイスを
グラスいっぱいに詰め、バースプーンで底からステアしながら
ラムを混ぜつつ、クラッシュドアイスを足していって、
グラスごと凍った状態に仕上げて最後にミントの葉を飾って
ストローをさす「ミントジュレップ」風の作り方。
ほとんどソーダは入っていなかったのではないかしら?

 大雑把に作ってゴクゴク飲むのもよし、手間暇かけて
お酒も大量に使って、ストローでちゅーっと飲んだ10分後、
ガツン!と効くのも、この季節にはまたよし?ですよね


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Superstar

2009年06月03日 | 生ジャズ


遠い遠い昔
一度聴いただけで恋に落ちた
あなたのギターの音色が甘く切なく響く
でもそれは ラジオから聴こえてくるの
ここに あなたはいない

覚えている?
愛していると言ってくれたよね
きっとここに帰ってくるって・・・
本当に 愛しているの

孤独はつらいものね
傍にいたくてたまらない
どうすれば 何を言えば
あなたは帰って来てくれるの
私のためだけに ギターを弾いてくれるの

愛していると
必ずまた帰ってくると言ってくれたのに
今でも 本当に愛しているのに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加