JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何を歌うか・・・正しいスタンダード・シンガーへの道

2007年05月30日 | たまには言わせて

「一番得意な曲は何ですか?」ちょっと答えに困ってしまう
質問その1です。アメリカン・スタンダードが好き、
ということは、やる気がある限り、どんどんレパートリーは
増えるのであって、得意な曲や好きな曲、というのは、
「数十曲」のレベルではなく、「数百曲」になるのです。

 例えば私の場合、一度も「ジャズシンガー」になりたい、
と思ったことはなくて、ジャンルを問わず興味を持った曲を
覚え、歌い、歌い方をいろいろ考えていくうちに、
いくつもいくつも好きな曲がレパートリーになっていく・・・
ということを何年も繰り返してきているわけです。


 好きな曲は何日か経つと変わるし、「もっとも私らしい曲」
というのもどれなのか、わかりません。たまたまそのときの
演奏家とのウマがあって、「この曲、こんな感じで」と
思いついて歌った出来栄えが、聴いていたオーディエンスや、
演奏した自分達に「いいね!」と思えれば、
それも「得意なレパートリー」になる、という寸法。


 ジャズを歌う人の多くが歌う曲、というのはあまり
好みません。
また、楽器で演奏したほうがはるかにいいから歌わない、
と決めている曲もあります。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I Should Care

2007年05月30日 | 生ジャズ

そのうち惨めな気持ちになるのかな・・
君との愛が終わったばかりの
今はそんなでもないけれど・・・

泣きながら歩き回ったり
眠れなくなったりするのかな
不思議なくらいよく眠れてるよ
夢をときどき見るくらいで
羊もたくさん数えてるけどね
よく眠らせてくれるようにって


それってイライラすることだよね?
今のところそんなでもないけど・・・

君みたいにステキな人は
もう見つからないかもしれない
でもきっと ボクは捜し求めるんだろうなあ



 英語の歌詞を訳していて、いちばん訳しにくいものの
ひとつですね。「should」 結局この主人公は
何を言いたかったのか、もうひとつ、私には
つかめていません。もっと共感できるストーリーの
ヒントがありましたら、ぜひ教えてください。


 We should be careful in case of translating
this troublesome [should]

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩コースとして:その2

2007年05月28日 | お出かけ

大山崎山荘
 山崎蒸留所から竹林のほとりを歩いて10分ほど、
もともとは個人の山荘だったものを、美術館として改装、
部屋の調度品と共に、モネやルノアールも少々拝見できます。
こちらは現在、アサヒビールさんの所有なので、前出の蒸留所と
ツアーで回ると、なんだか酒屋&酒場ツアーみたいな気も・・・。

2階のカフェからは、眼下に山崎の古戦場、もっとも今回は
新緑が生い茂り過ぎて、視界を遮っていました。


 さらに少々京都寄りに丘陵地帯を行くと
(こちらは車でないと無理)かぐや姫伝説の生まれたあたりで、
筍料理を楽しめる料亭などもあり。

 関西方面にお出かけの機会がありましたら、鄙びた散歩コースとして
ぜひオススメしたいスポットです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩コースとして

2007年05月28日 | お出かけ
 これは、先日の連休に、たまたま行く機会があったのですが、
新大阪と京都のどちらからも30分以内で行けるところ。

サントリー山崎
 これはサントリーさんの最初の蒸留所で、新幹線からも
よく見えます。水のキレイな、つまりバックの山のキレイな所で、
ウィスキー工場の見学(作り方の説明、日本でスコッチ・タイプの
ウィスキーが出来上がるまでと、その後の歴史etc.etc...を聴きながら)
をして敷地を巡り、その後ビアホールみたいな広い木造の部屋で、
ウィスキーの試飲をする・・・というもの。
 昼間からなんだかゴキゲン!
どうも見たところ、観光客よりも地元のリピーターが
多いような気もしました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウンター小噺;三途の川・・・!?

2007年05月26日 | バーカウンター

お客様「五味さん、最後にもう一杯
五味「はい、何にしましょう?
お客様「う~んと、ラムをください」
五味さんが取り出したのは、トロワ・リビエール社のラム。

『トロワリビエールラムは、フランチラムの中でも群を抜く品質、
とりわけビンテージ品は良質なブランデーを彷彿とさせます。
・・・年々入手が難しくなり、又価値も上がっている・・・』

 これは私もお気に入り。便乗して舐めてみました。
ナイトキャップにピッタリです。

私「トロワ・リビエール=Three Riversですね。」
お客様「はああ、三途の川ですかね?」
え~~っ!!?
私「3本の川が交わる土地からついた名前かと
思ったんですけど・・・?
五味「”みかわや”さんて名前なんじゃないですか?
も~~。みんなイヤ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Here's That Rainy Day

2007年05月26日 | 生ジャズ

ボクはまだ昔の夢を引きずっているのかもしれない
おかしいよね 
今はどうしようもなく落ち込んでいる
こんな冷たい雨の日みたいな状態なのに・・・

よく言われたよ そんな日が来るって
でもボクはそんなことになるなんて「ありえない!」って
笑い飛ばしていたんだ

どこに行ったんだろう・・?
恋人とラブラブになった頃のあの希望は
放り出して忘れている間に 古びて擦り切れてしまったかも

おかしいよね
どうしてあの愛がこんな悲惨な結末になっちゃったのか・・
わからない
でも 今は間違いなくボクにとって、つらく悲しい、冷たい雨の日なんだ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座料飲組合小噺

2007年05月20日 | 銀座

 ある会合のあと、何人か連れ立って昭和通りと晴海通りの角に
さしかかりました。銀座3丁目に永年お店を構えていらっしゃる
あるご主人(御年76歳)の思い出話「昔みんなで魚河岸のところで
待ち合わせてね、ここをずうっと歩いて泰明小学校へ行ったんだけれど。
その頃には日劇(現在のマリオン)の表にね、『撃ちてし止まむ!』って
垂れ幕が下がってたよ。」お若い方々、この意味わかります?
「それでね、ある夏の日にあ~んまり暑いから、どうもだらけてしまって
気合が入らない。それで、俳優の加藤武さん、彼がみんなの兄貴分
だったんだけれども、彼に頼んで全員ビンタをやってもらって
シャッキリしようってことになったんだよね。で、一列に並んで
『お願いします!』って端から一気にバシバシバシ~~って!
いや~~、気持ちよかったね~~
う~~ん、そういえば最近TVで、A.猪木さんにやってもらっている
タレントさんいたなあ。あんな感じかしら。


 老舗の旦那衆とご一緒すると、いろんな時代の銀座のお話が聞けて
楽しいんです。

 最近組合のサイトがオープンして、その中のコーナーで、こういうお話を
順次ご紹介していく、という企画が進行中です。初回は
「理事長の独り言」(おでん『やす幸』のご主人)で、組合の成り立ちや
そのころの銀座のことなどが載っています。
 なんたって皆さん、銀座で何十年とお商売をしていらっしゃる方々ですから・・・。
それは耳よりな情報満載です。読み物として、ごらんになってみてくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Don't It Make My Brown Eyes Blue

2007年05月20日 | 生ジャズ

いつからこんなにブルーなんだろ・・
あなたに何が起こったの?
きっと新しい恋人見つけたのね
茶色の瞳が悲しみでブルーになりそう

あなたが行ってしまっても平気よ・・・
一晩中泣くだけ
「そんなことないよ」、と言ってほしい
ブルーな瞳にならないように

打ち明けられたくなんかない
嘘ついてくれるほうがマシ
訳を説明したりしないで
アリバイを作ってくれたほうがマシよ
「愛してる」と言って 悲しませないで
何を言ってもいいけど「サヨナラ」だけはイヤ


アナタに冷たくしてるつもりじゃなかった
自分がわかってなかったの
今はとてもよくわかった・・・
だからお願い 私の目をブルーにしないで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

You Make Me Feel So Young

2007年05月18日 | 生ジャズ

君といると若くなれる気がする
春に浮かれてるんるん気分
君がニコッとすると
ボクってなんて幸せモノなんだ、と思う

君が話し始めると
かくれんぼして遊びたい気分になる
お月様を手のひらにのせて
おもちゃの風船みたいに弾ませてみたくなる

君とボクはふたりの子供になって
草原を駆けて行って
可愛い花をたくさん摘むんだ

君といると若くなれるよ
どんな歌でも歌える気がする
ありったけの鐘を鳴らして
知ってる限りのダンスをして

年をとっても きっと今と同じ気持ちで
君といると若くなれると思うよ


 幸せって「おバカ」になれるってこと?
いえいえ、恋は若くいられる秘訣、って歌です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また別の「三管日」

2007年05月17日 | ステージから
 
 光井トリオのステージに、クラリネットの松平さん、
テナーサックスの広津誠さんが遊びにみえてこれまた
色の違う、ゴージャズな三管の演奏が聴けた夜・・・
お客様「バンチャンの歌が聴きたい!
光井「それじゃあジゴロをお届けしましょう。
こりゃあね、日本語でいやあ“ヒモ”なんだね。
女性を働かせて、自分は働かねえでいい思いしてるヤツ

 光井さんの歌うこの曲の主人公は、歌詞の悲哀よりも
古きよき時代の映画の1シーンのようなファッショナブルさと
愛嬌と哀愁を感じさせて、一同ウットリ・ムード

 演奏が終わって
根市「バンチャンがジゴロに見えてきたよね
松平「ではこれから“光井ジンゴロウ”とお呼びしましょう!
上様じきじきの命名で、またひとつ新しいキャラが
登場したエムズ亭でございました・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加