JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サビ抜きで願いたい!

2006年06月29日 | 生ジャズ
"Then I'll Be Tired Of You"の譜面を前にして、おもむろに
メガネをかけた小谷さんは、「新曲料理番」のよう。
(注:プロと言えども知らない曲、やっていない曲はたくさん
あります。小谷さんだけではありません。いつのころから
でしょうか?初めての譜面を渡すと、「ちょっと待ってね」と言って
メガネをかける、または替えるミュージシャンが増えたのは・・
ちょうどその頃、「譜面のコピーはB5じゃなくてA4にして」という
お達しが・・・あくまでも、影山の周りの人々のお話です。そうだ!
五味さん、私のメガネどこ?

 山口さんともども、「このサビずうっとDbのまんまじゃ、どう
料理していいかわかんないよ~~」と四苦八苦。オーケストラの
アレンジからのコピーだと、こういうことも起こります。
さらに、曲のテーマ(AA’BA’のAの部分)は素晴らしく単純で
キレイなメロディーなのに、サビ(Bの部分)は無理やり転調していたり、
不自然な感じの曲もいっぱいあって、
「う~~ん、これもどっちかっていうとサビ抜きで!って感じ?」(by 袴塚さん)
「だってさ、エリントン時代なんて、現場で曲作ってそのまま生でラジオだよ。
だからテーマをいくつか作って行って、『いいね!』ってことになると、
現場で無理やりサビつけちゃったらしいんだよね」(by 土井さん)
なんていうわけで、生モノらしく、すし屋さながらの様相になることも
ままございます。 
 でも、オトナですからね。サビは抜いて差し上げることは
できません。悪しからず。


 今夜の生モノ料理番は土井一郎(P)・桜井郁雄(B)
ご両人です。スパイシーで暑さが吹っ飛ぶか、何かを入れ過ぎて
暑さ倍増になるか・・・ その場合はラムかバーボンでも
ストレートであおってください!(危険
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その時が来たら・・・“Then I'll Be Tired Of You”

2006年06月29日 | 生ジャズ
 そしたらあなたに飽きるでしょう
 星がきらめくことに飽きたら
 私が夢見ることに飽きたら

 ほんとうよ
 風が吹くことに飽きたら
 草が生い茂るのに飽きたら
 そしたらあなたに飽きるでしょう

 永い永い年月
 昼間が夜になり 鳥がさえずるのはもうイヤだというまで
 そんな永い年月が過ぎても
 ただひとつの愛はこだまのようにくり返しささやき続ける

 脈打つ私の心臓が
 もう打つのはイヤだという時が来たら
 そうしたらあなたに飽きてしまうでしょう


 スゴイ歌詞でしょう?
これはElla Fitzgeraldのバラードだけのアルバムの中の曲。
どうしても歌いたくなると、ピアニストにお願いして、譜面を
起こしてもらっちゃうのです。
だから、影山のレパートリーには
他に誰も歌っていない(日本ではね)ような歌が
結構たくさんあります。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜の生モノ

2006年06月28日 | 生ジャズ
と、いうところで今夜の演奏は小谷教夫(P)山口彰(B)
コンビです 一見クールな「教授」的風貌の小谷さんと
ベースにガッチリからみつく感じで熱い音を奏でる山口さん、
お二人の美しい『Emily』など、ぜひお聴きください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生モノですから・・・

2006年06月28日 | 生ジャズ
 「今日はほんとうにいい感じ。演奏がすうっと心にしみて
くるよ。特にベースの音って気持ちがいいね。」と
しみじみおっしゃった方がいて、「きっとそんな体調と気分と
ピッタリのタイミングなんでしょうね」とお話しました。

 「あの演奏は素晴らしかった、誰それは良かった、よくなかった」と
品評なさる向きもままありますが、生演奏というのはコンテストのように
聴くものではありません。それはもちろん、プロといえども
その日の演奏の出来不出来もあり、アクシデントもありますが、
「良かった」または「良くなかった」の重大な要素として、
聴き手であるみなさまの体調と気分とが影響しているのをご存知ですか?
 昔(駆け出しの頃)キレイなバラードを一生懸命歌ったら、
「影山さん、あの曲の時はとても気持ちが入っていますよね。きっと
何か思い出か思い入れがあるんでしょう?」と聞かれました。「?」
よく考えてみましたが、特に思い当たる節はなく、「次の半音
外さないようにしなくっちゃ」などという、大変無粋な実際的なことに
集中していたような気がします。(楽屋裏をバラすな!
 もしかしたら、その曲はその方にとって特別な何かを思い出させた
のかもしれません。

 数十年変わることなく、同じ題材を使って毎晩のように
演奏しているスタンダード・プレイヤーにとって、
いろいろなリズム、テンポ、相方、そしてオーディエンスも含めて、
そのときその場のすべての要素が作り出す、そのときだけの音を
大事に伝え、そして自分も楽しむのが「身上」であり、「命」と
いえるものです。 お互い「生モノですからね。
毎夜、一種のスリルを持って皆様とお会いしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたしか見ない!(I'll Close My Eyes)

2006年06月27日 | 生ジャズ

目を閉じて あなた以外の人は見ない
目を閉じるといつも そこにあなたが見える

心に鍵をかけて たとえ新しい恋がやって来ても
あなた以外にはゼッタイ「Yes!」と言わない

他の面白そうなことにもみんな 背を向けたまま
あなたと一緒でなければ 楽しくないから

離れていなければならない長い時間も
目を閉じて 心の中にいつもあなたを見ている
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パッション・フルーツ

2006年06月26日 | バーカウンター
エムズでこの果物のカクテルを飲んだことのある人は
たぶん少ない。時期的にも短いし、少量しか仕入れないし、
手間がかかるし・・・
 一年前に書いた記憶があります。
・・ツヤツヤおいしそうでいい匂いのパッション・フルーツ、でも
五味さんは「まだダメです。シワシワにならないとうまくないです
何か感じ悪いなあ・・・
 先週の金曜日、今期初めてのパッション・フルーツのカクテルが
出ました。種のツブツブも楽しみつつ、ビタミン丸ごと召し上がって
くださいませ。 「今日はある?」と聞いて、即ありつけた方は
とってもラッキー、きっといいことありますよ。

 今夜は袴塚&松島コンビです。
実は新曲をやろうと考えているのですが・・・うまくいくかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンチャン(光井章夫さん)の夜

2006年06月22日 | 生ジャズ
はるばるアメリカからも昔馴染みのファンの方が、
お嬢さんとお孫さんと3世代でみえて、ゴキゲンな光井さん。
クラリネットの松平さんも加わってくださって、ステージも客席も
和気藹々とにぎやかに。参照:左項トラックバック
「池田屋かおりんのブログ『ジャズバー♪』」
(当日お客様としてきてくださったのです)
光井「え~~、ミュート外しちゃってもいいかな?やっぱり本来の音を
思い切り出したいからねー。でも、あんまりうるさくっちゃあ悪いしな」
客①「大丈夫!とってもいい音だからそのままやってください!
客②(ハイベンチから)「ミュートつけとくと、落っことすのが心配だしね
光井「あーそーか、そーだよね」 そこで張り切って
お届けいたしました:お得意のナンバー「Just A Jiggoro(綴り正しい?)」
ボーカルも入れて。後半少しばかり息が上がってきたバンチャン「え~~
ちょいとジゴロのサービスが過ぎましたようで
うわ~~なんというMen's Talk!ここから先はブログに書けないじゃ
ありませんか。困ったもんだ。
光井「(松平さんに)殿、お手打ちにしないでね」松平「く、苦しゅうない」
そうだ、ここはひとつ、乱れがちなステージを上様に締めていただかねば。

 影山「では、本日のラスト・ナンバーはしみじみと。"My Foolish Heart"で
ございます」松平(小さな声で歌う)「私バカよね~~」
・・・・・・ダメかもしれない・・・・
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の季節

2006年06月20日 | 銀座
と、うれしそうにメールに書いたら、
「アジサイの花言葉は確か『心変わり』でしたね」という
冷静なお返事をいただきました・・・英語ではhydrangea
だとかで、いかにも雨の水滴の感じのある言葉で瑞々しい
ですね」とも。う~~ん、ステキ
 散歩コース:有栖川ンダーランド(by 袴塚さん:有栖川公園と
『Alice In Wonderland』をかけています)の池のほとりに
重たそうに首を垂れているアジサイを見ると、「やっぱり水が
好きなのかも」という感じがしますね。蒸し暑くて人間は
ウンザリするこの季節に、生き生きとさまざまに色を変えながら
咲き誇るのはさながら「水の申し子」「梅雨時の女王」
可憐とは思いませんが、なんだか気になる花です。

 さて、今夜のエムズは、初登場のピアニスト:野萩愛さんと
五十嵐トリオでもお馴染みのベーシスト:横山涼一さんの
DUOどんなコンビネーションが聴けるんだろうと
興味津々です。 エムズとしては3人目の女性ピアニスト。
ご期待くださいませ(*^。^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォッカ・ソーダか、ソーダ・ウォッカか

2006年06月19日 | バーカウンター
カクテル・レシピより:
「ジン・リッキー Gin Rickey. 材料 ・ドライジン 45ml ・ライム 1/2個
・ソーダ 適量 副材料 備考. ビルド☆タンブラー. ・グラスの上でライムを絞り、
グラスに落とす。 ・氷を入れたグラスに材料を入れ、軽くステアする。
マドラーを添える。 ...
 『リッキー』とは、マドラーで実をつぶしながら、自分で好みの味に調節する
スタイルのカクテルのこと。甘さを加えていないので、さわやかな酸味がとても
おいしい。」「米軍将校のジョーリッキーさんが愛飲していたようで、
そのお名前が名前の由来。湯上りにピッタリ(個人的感想)」

 こんなに暑い梅雨の晴れ間には、とてもおいしそうでしょう? 
この、ベースのお酒;ジンをウォッカに代えたものが「ウォッカ・リッキー」
(=ウォッカ・ソーダ;この場合はライムやレモンはお好みで)ですが、
深夜ある知り合いのバーでの会話:
五味「ウォッカ・ソーダお願いします」若いバーテンダー(以下;若)
「かしこまりました。ソーダウォッカでございますね
五味「?」若「氷を入れてライムを絞ってウォッカを半分強入れて、
足りないところをソーダで満たします。(得意げ)」
五味「それは強すぎだよ」若「五味さんに合わせて
中華街スタイルでございます」五味「陰謀だ~
飲みすぎ注意

 今夜は御大の一人:光井章夫(Tp)トリオです。
光井さんはどちらかというと日本酒党かな?でも、ウィスキーも
ほんとうにおいしそうに飲まれますよ
コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたしか見えない:シリーズ

2006年06月18日 | 生ジャズ
昔、リタ・クーリッジという人の歌ったナンバーで
「Don't Cry Out Loud」(アナタしか見えない)というのが
お気に入りでした。 で、例によって題名と歌詞の連想で
レパートリーに入っている曲・・どんどん出てきます。

Love Is Blind「恋は盲目」by ジャニス・イアン

I Only Have Eyes For You「瞳は君ゆえに」
・・・・君しか見ていなくて、外が晴れているのか曇っているのかも
  わからない・・・

It's Always You「何を見てもあなた」
・・・・星を見ても花を見てもあなたに見え、風や音楽にも
  あなたを感じる・・・
I'll Be Seeing You
・・・・日常のどんな場所でも、寝ても覚めてもあなたのことを
  思うでしょう・・・

Where Can I Go Without You?「どこへ行ってもアナタ」
・・・・アナタなしではどこにも行けない。ロンドンもパリも
  スイスもシンガポールも・・!
I Thought About You
・・・・どこへ旅しても、あなたのことを考えてしまった・・

 さらにエスカレートすると、
I Can't Escape From You「あなたから逃れることはできない」
・・・・七つの海を旅しても、風のように自由でも、君の面影が
  つきまとう・・・
Dancing On The Ceiling「天井にもアナタ」
・・・・フトンの陰に隠れて「あっち行ってよ!」と思うんだけど、
  目を開けてみるとやっぱりあなたが天井で踊っていて、
  今では天井が好きになっちゃった・・・

 もう、ほとんど病気
コメント
この記事をはてなブックマークに追加