JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別れのその時まで

2014年01月16日 | 生ジャズ

あなたは夢じゃない 天使でもない 一人の男
私は女王様じゃない 一人の女
だからこの手をとって

お互いの人生の中のある時間を一緒に過ごそうとしただけ
そして今 別れの時まで ここにこうしている

そう 二人は違った人間 住む世界も離れている 同じにはなれない
最初の頃はゲームをしているみたいに 笑って遊んで・・・楽しかった
あなたは私がいなくても もしかしたらよかったのかもしれないけど
今はまだ ここにこうしている 本当の別れの時が来るまで

どうして?とか どうするの?とか 聞かないでね
もういいの 今抱きしめていてくれれば

この私の恋は 始りもさりげなかったし 終わることもきっとない
昔は樫の木みたいに堅くて強い自分だったけれど 今の私は柳
だから やってくるものに対して 折れることも受け容れることもできる
たとえもう二度とあなたに逢うことがなくても
今はまだ ここにこうしていよう
本当にあなたの行ってしまうその時がくるまで・・・・


 'Until It's Time For You To Go'
1965年 社会派;Buffy Sainte-Marieの作品です。
プレスリーのカヴァーの方も有名かな。
音と言葉っていうのは、シンプルでも説得するなあ、と思う一曲
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛好会活動=「♥Standards[E]」

2013年12月17日 | 生ジャズ

 ずいぶん冷えてきましたね

12月14日(土)「Standards[E]」の演奏曲目:
1st.
Easter Parade
Everything I Have Is Yours
Estrellita
Everything's Coming Up Roses
End Of A Love Affair, The
(歌)
Ellie My Love
Everything Happens To Me
Everything Depends On You
Everything I Got
Easy Living
2nd.
Emily
Ebb Tide
Ev'rything I Love
Eternally
Esetate
(歌)
Early Autumn
Everybody Loves Somebody
Everything But You
End Of The World,The
Everytime We Say Goodbye
Edelweiss

 ヨウ・パクリンこと小林洋さんが「パクリ・フレーズ」の多用なしにひたすら美しく
演奏に没頭するステージは限られています
 この愛好会シリーズでは、そればかりか音楽家ならではの曲についての蘊蓄、
さらにこれまでの数限りない共演者の丸秘エピソードなども山盛りで、
話し出すとご本人もそれからそれへと芋づる式に思い出してしまうらしく、
「小林洋トーク・ショー」の趣に 門外不出企画その2、です

 いつも洋さんと話し合うことですが、ふだん私達が好んで現場で演奏している曲、
また、いつもはやらないけれど、こういう機会に思い出したり覚え直してみたりする
古くからのスタンダードの数々には「さすが」「う~~ん、深い
とつくづく感心させられる何かがあって、永年残ってきている曲というのは
やはりそれぞれにスゴイんだな、と思います。
 次回「F」の日程はまだ未定ですが、歌物のお好きな方にはぜひお聴きいただき、
ご一緒にスタンダードへの愛を深めていただきたいと思っております



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『♥Standards[B]』

2013年05月27日 | 生ジャズ

 25日(土)の『♥Standards[B]』
(「ラブ・スタンダーズ」または「スタンダード愛好会」と読んでください
3月に開催した一回目は、Podcastにアップした曲の実演とゲスト河辺さんのコーナーを
入れたので、実際に歌った[A]で始まる曲は5曲に過ぎず、洋さんもたくさん用意していた
けれど演奏しなかった曲もたくさんありました。 これはまたどこかで番外編として
陽の目を?見させたいと思っています

 今回の[B]は2ステージとも渾身でお届けし、演奏と歌で20曲近くになりました
洋さんも私も、心おきなく一曲ずつに集中できた、会心のライブ
 次回の[C]は、7月27日(土)を予定しております。

本日;5月27日(月)エムズは通常営業しております。
深澤芳美さんのピアノ・ソロw/影山ミキ(Vo)にて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことのついでに

2013年01月31日 | 生ジャズ

 ルバートの歌い方の基本をお教えします。
多くの場合、ピアノと歌の掛け合いなのですが、ここで大事なのが「アイコンタクト」

 見つめ合う必要はありません(見つめられるとピアニストのほうが
焦って間違えます)なんとなくお互いのそぶりやブレスの仕方を見ながら、
「4小節分を一息でしゃべる」つもりで区切ります。
(センテンスもだいたいそのようにできています。)
ところどころの「間」の長さは違って構いません。自分の大事だと思う言葉を
たっぷり目にくっきり発音します。
 
 この時、だいたいピアニストが、アタマのコード(和音)を鳴らして
くれるのを待ち、追いかけるように歌っていきます。
逆のスタイルもあって、自分が最初に音を出し、ピアニストはそれを追いかけて和音を
弾く、という場合もあります。 その曲の流れの中での選択です。

 バースの場合なら、歌い終わって本編に入るやり方だけは、前もって
打ち合わせておきます。(イントロを4小節作ってもらうのか、
自分がリズムを感じさせるように歌いだして、途中から演奏に入ってもらうのか、
あるいはカウントを出して一斉に始めるのか)
決まるとたいへんカッコイイです
決まらないと間が抜けます。

 エンディングをルバートにする場合には、しっかり目のアイコンタクトをして
一つ一つの言葉を印象的にたっぷり歌うと、ピアニストはその表現の仕方に呼応して
付いて来てくれます。 慣れると肩の動きだけで反応できます
ラストの音を、どのくらい伸ばすのか、それも双方が(他の楽器もピアニストに
ついて行きます)予測し、キレイなフェイドアウトで終わるのが最高
 早まってしまうと、ここぞと言う時に息が続かなくなるので、最後の音の前に
上手くブレスを入れましょう

 さあ!これでアナタもルバートの達人
(そんなにすぐに上手くいくなら世話はない
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕陽に赤い帆

2012年09月23日 | 生ジャズ

 「暑さ寒さも・・・」というけれど、お彼岸を迎えて、本当に
やっと涼しくなりました

夏の名残り、というわけではありませんが、海辺カンケイの歌をひとつ・・・


遠い海の彼方に浮かぶ 夕陽に映える赤い帆
無事に恋人を連れて帰って
夜明けに彼は沖へ出て行った
一日中私はブルー
信じているわ 夕陽に映える赤い帆を

速い翼を借りて まっすぐに岸辺へ
彼を連れて帰って来て
明日は二人の結婚式
もう二度と彼は航海には出ないの

 この間のポップス・デュオの時、高浜さんが歌の解説に
「海に出ている恋人の無事を祈ってくよくよしてるんだけど
エライ女々しい歌ですな」とおっしゃっていましたが、
しかし、この内容は普通女歌ですよねえ
1930年代に大きなダンスバンドでヒットしていて、歌ではBing Crosby,
50年代~60年代になってNat King ColeやらPlattersやらが有名なものですから
海に出ているのが「she」なのです。 だけど、調べたらConnie Francisとか
Patti Page,大御所Vera Lynnも録音しています。
ま、海辺で風に吹かれながらヨットの帆を赤く染める夕日を眺めているシテュエイション、
どちらかというと私も男性の爽やかなボーカルで聴きたいかな
内容は深く気にせずに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Two For The Road

2012年08月27日 | 生ジャズ

世界中を一緒に旅しよう
どこに行っても二人なら それはステキなデート
長い年月 こうして一緒に旅をしてきたね
数々の大切な想い出をちりばめて
僕たちの望むように生きてきた

夏には太陽が輝き
冬になれば夏に仕込んだワインを飲み・・・
君が一緒なら毎日がステキな一日になる
愛がある限り二人は一緒
ずっとずっと これから先もね

O.ヘプバーン、A.フィニ主演映画『いつも二人で』のテーマソング。
ヘンリー・マンシーニです。

 映画は大人の屈託に満ちていて、最後はそれなりのハッピーエンドと言えるのかも
しれないけれども、古いミュージカルや水戸黄門みたいにスカッとはしない。
でも、曲のほうは曲想だけでなにかグッとくるものがあって、プレイヤーにも
好まれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Joker

2012年08月02日 | 生ジャズ
一組に一枚「ジョーカー」が入ってる
孤独な道化師のカードだ

哀れな道化師のカードがひっくり返ると
みんなはそのカードを引いたヤツを笑い物にする 当然のように

ゲームでは必ずついてないヤツがいて、
でもそれは、たまたまの失敗なんだけど・・・
他のみんなはそんなこと構っちゃいない
彼の心がほんとに傷ついているときでも
同じように笑い物にするんだ

バカにされる役割を振り当てられるヤツが必ずいる・・・
人生ってトランプゲームに似てるよね

・・・ふと気づかされたんだけど
オレってまるで「ジョーカー」だな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

封印?"September Song"

2011年10月03日 | 生ジャズ
 大変に美しい曲ですが、たぶん、もう一年近くは歌わないと思います。
(リクエストがあれば別。季節物ですからね

『5月・・・青春の只中にいるときは
12月はまだまだ遠いことのように感じているけれど
9月・・・人生の第三コーナー?にさしかかると
いきなり日が短くなる

秋が来て木々の緑を色づかせると
もう 僕にはあまり時間が残されていないんだと思う』

某ピアニスト:少々テンションが下がったようで
「はああ、なんだか身につまされるなあ

『9月から11月へ・・・
時間はどんどん少なくなっていく
残り少ないその大切な一日一日を
ボクは君と一緒に過ごしたいんだ

某ピアニスト:ちょっと気を取り直して
「そっか、やっぱりラブソングなんだね

 曲にあんまり入れ込みすぎるのも現場で心地よい演奏をするのに
ジャマになる場合もありますが・・・
でもやっぱり、スタンダードの中には人生の真理がサラリと
ちりばめられていますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Autumun Nocturne(秋の夜想曲)

2011年09月28日 | 生ジャズ
秋が子守唄を歌い 木々の緑が黄金に染まる
あなたとサヨナラを言った9月
秋になったらまた会おうね、とささやいて・・・

また秋は来たけれど
あなたは約束を忘れてしまった
私はひとり あなたと秋の想い出とここにいる

ねえ? 木々の紅葉が始まると
あなたの腕が恋しくてたまらない
こんなブルーな気持のままじゃ
美しい黄金の10月も楽しめない

輝く月を見ると あの夜を思い出す
星たちはみんな
「秋だよ もう一度 あの愛の季節が来たよ」と瞬く
もう一度戻ってきてほしい
秋の夢 愛の夢がかなうように・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Candle In The Night

2011年03月28日 | 生ジャズ
何もかも上手くいかないとき
君の微笑みを見ると
イヤなことも気にかかることも忘れてしまえる
傍にいると
夢がすべて叶うような気がする しばしの間

毎朝君を腕に抱いて目覚められたら
傍にいてくれたら 毎日が夢のように過ぎるよ
ぼくの一生は 君を愛することに捧げよう

夜も昼も あなたを想う  なんてステキ
あなたの言葉 あなたのすることすべてが
すべてを明るくしてくれる
傍にいれば もう何も心配しなくていいと思える
もうすぐに あなたが私のもとへ帰って来る

だから 夜にはろうそくをともして
消えないように守りながら
瞬く光があなたをここへ導いてくれるように祈る
きっともうすぐ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加