ターフの風に吹かれて

一口馬主の気ままな日記です。
シルクとキャロットの会員です。

レイデオロの新馬勝ちに思う

2016年10月15日 | ブログ
新馬戦って緊張するよね。
特に期待馬・高額馬の場合は。

これが調教も悪くて新聞に印も付いていないような馬だと、
走る前からある意味あきらめていて気楽なものだけど、
調教の動きも良くて、陣営の期待も高くて、新聞に印も付いていて、
なんてなると、もうダメだ。
もしもそれで転けたらどうしようと本当にネガティブになる。

先週日曜日のレイデオロがそれだった。
もう、レースを見るのが怖くて怖くて。

ただ、それは杞憂に終わった。

レースを見た人なら分かると思うけど、
例えば同じメンバーで何度レースをしても、
(今の時期なら)絶対に負けないと言い切れる内容で、
いわゆる着差以上の完勝。

しかも藤沢厩舎の新馬戦で、しかも晩成の血統で、
それができたということに価値を感じている。
とりあえず満点の新馬戦だったと言えるだろう。

ただし、不安点はいくつかある。

まずは、新馬戦はレベルが分からないということ。
いくら完勝といっても相手が弱かったのでは自慢にならない。
これは2、3着馬の次走を見てからになる。
今回は血統的には勝って当たり前という相手ばかりだった。
少なくともディープ産駒は1頭もいなかった。

2つめは、その血統的なこと。
レイデオロにはサンデーの血が全く入っていない。
だからこそ活躍した際にはとてつもなく価値があるのだが、
しかし、その活躍するために果たして今の日本で、
サンデーの血が全く無くて大丈夫なんだろうかと、
血統素人ながら出資したときからずっと思っている。

3つめは、藤沢厩舎のローテ。
大事に育ててくれるのは有り難いけれど、
お願いだからちょっとは無理してクラシックを意識してほしい。

最後は、馬体。
下の写真は入厩前の5月のもの。



形はもろにお母さんのラドラーダ。
好馬体だったラドラーダ。
この馬もそれを受け継いで、前の造りなんかはホント秀逸だし、
背中からトモにかけてのラインも完璧。

ただ、違うのは後ろ脚。
どの写真を見てもずっと同じ。
これが果たして上級条件で通用するのか。

だから、次が試金石。

新馬戦を圧勝して、それから後はぜんぜんダメ・・・・・・、
なんていう馬はいくらでもいた。
なんていう馬にいくらでも出資してきた。

レイデオロもそうなるんじゃないかと、
今からもう2戦目が怖くて怖くて(笑)。


*写真はキャロットクラブより許可をいただいて使用しています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シルク外れちゃった! | トップ | 何だかんだで楽しいよ一口ライフ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む