エムポリアム幼稚園

学校法人エムポリアム学園

クリスマス発表会 年小組「ガムシャラ行進曲」

2016-12-07 11:40:55 | 幼稚園

12月3日 開かれたクリスマス発表会♪
このページでは年少さんの「ガムシャラ行進曲」を紹介します。

年少さんの「ガムシャラ行進曲」を踊ったのは9人の男の子

年少さんの子どもたちにとって、
たくさんの観客を前に踊るのは大変なことです。

「ガムシャラ行進曲」には
緊張しやすい子が多かったので
担当の大塚美涼先生は、始め、
「舞台に立ってくれるだけでいい、笑ってくれるだけでいい」
という気持ちで、練習に取り組み始めたそうです。

緊張していたのは、子どもたちだけでありません。
美涼先生もクリスマス発表会は初めての経験だったので
みんなを、きちんと晴れの舞台に立たせてあげたいと、
全身全霊で子どもたちに向き合う、緊張の日々を送りました。

自分らしく、ノビノビと踊ってもらえるように
振り付けは子どもたちと共に考え、
好きな動きをどんどん取り入れてゆきました。

大きく大きく・・・

自由に、もっと自由に・・・

毎日、一生懸命励ましてくれる先生の声を聴き
最初自信なさそうに踊っていた子供たちも、
夢中になって踊りを覚えてゆきました。

そして・・・

子どもたちは「踊る楽しさ♪」に気づき、
ビックリするような踊りを見せてくれるまでに成長してゆきました。

いよいよ本番の時!

踊る位置についた子どもたちは
誰に言われたわけでもないのに自ら、
「美涼先生のために頑張ろうね」
と、周りの子に声をかけました。

その声を聴いた美涼先生は
自分が子供たちを支えていると思っていたけれど、
実は、子どもたちに支えてもらっていたことを実感し、
涙がでてきたそうです。

本番では緊張し、思わず立ちすくむ子もいましたが
それも含めて、一人ひとりの個性。
みんな、全力を出し切り、最後まで演じきった姿は、
まるで歌詞の主人公のようでした♪

がむしゃらラララ進もう 答えはその先に…
見つからない事もあるさ それでも「一歩」先へ
へっちゃらラララ走るぞ そして見える景色
君たちが明日の"ヒカリ"だ 輝き続けてくれ
(ガムシャラ行進曲より…)

「ガムシャラ行進曲」の勇士たち
本当にお疲れさまでした♪


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス発表会 つぼみ組... | トップ | クリスマス発表会 年少組「... »

コメントを投稿