自転車に乗ろう♪

自転車のこと、ロードレースのこと、庭のこと、日々の暮らしのことなど。    HN:Emmy(えむえむ)

台所の照明を交換

2017年03月11日 | 暮らし、その他
台所の手元灯が壊れた。
ここ一年くらい接触不良なのを騙し騙し使っていたが、
とうとう押しても引いても叩いても点かなくなった。
家を建ててから21年だから、よく持った方だ。

新しい照明器具を通販で取り寄せて、交換作業をした。
最初に台所のブレーカーを落とす。


カバーを外し蛍光灯を外し、内部のカバーを外すと本体が現れた。


AC電源との接続部分。
よくある「マイナスドライバーを穴に差し込んで解除する」タイプではない。
それで少し手間取ったが、ごそごそやっていたら外れた。


二本のネジで取り付けてあった。


新品のLED照明に交換し、ブレーカーを上げて点灯を確認した。
取り付けの穴の位置は古いものとは合わず、より外側にあけ直した。


カバーを取り付けて完成。

とても明るく、消費電力も大幅に減って、ほぼ満足。

実は、取り付けてから
「この際スポットライトのようなおしゃれなのにしたら良かったかも。」
という考えが頭をよぎった。
早く交換したい思いが先に立って
深く考えず目に止まった商品を注文してしまったのだ。

耐用年数4000時間だそうだから
次回の更新時にはもっと慎重に検討しよう^^;;


古い器具の配線部分。解除するには左にスライドする。
取り外してよく見たら矢印が示されていた(老眼)。


なお、このような器具の取り付けには電気工事の資格が必要だ。
急ぎだったので取り敢えず自分でやったが
近々知人の有資格者に見てもらう予定である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予算委員会の野党など

2017年03月04日 | 社会、読書
3月2日に傍聴した参議院予算委員会で
民進党議員の質問を生で聴いた。

14:20福山議員の質問開始にあわせて
後方の議員用傍聴席に参議院予算委員ではない民進党議員が何人も座った。
そして政府側答弁者(官僚)に対して
「答えになってないだろ!」「ふざけるな!」
等のヤジを飛ばしていた。
ヤジと言うよりは罵倒に近い印象だった。

福山議員はほとんどの持ち時間を森友学園の土地取得問題に費やした。

福山議員:政治家の働きかけはあったのか?
理財局長:不当な働きかけは一切無かった。問い合わせには適切に対応している。
福山議員:不当かどうかは聞いていない!働きかけはあったのか無かったのか?
理財局長:問い合わせには適切に対応している。

働きかけの定義は不明確だが、言葉のニュアンスとしては
いかにも「権力による不当介入」を連想させる。
福山議員は、理財局長に対して「問い合わせ」ではなく「働きかけ」と言わせようと
延々と同じ質問を繰り返し、審議を止めていた。
さらに、面談記録を文書管理規定に従い廃棄したことについても
だったら担当した近畿財務局職員に聞いて確認したのかと質問する。
だが組織として規則通り適切に対応し処理したのであれば
現場職員の責任追及ともなりかねない事情聴取には慎重であるべきだ。
また、通告無しの突然の質問がいくつかあって
即答できない(当然だ)と汚いヤジが飛ぶ。

聴いていて心からうんざりした。

15:20からの杉尾議員の質問はさらにレベルが低かった。
この日発売になった週刊文春をソースにしていたのだ。
独自のソース無しに週刊誌の記事だけで質問するなど
国会議員として怠慢すぎると思う。
その一方で、文科省の天下りに関連して
さくらサイエンスプランを取り上げ
「中国人が多いが、多くは中国共産党幹部の師弟とも聴いている。
日本の科学技術が中国に流出する心配はないのか?」
との質問は杉尾氏らしくなくて、ちょっと意外だった(苦笑)。
次の、経産省の庁舎管理強化を「報道規制だ」と問題視した質問も
間の抜けたものだった。
世耕大臣の明確な答弁に歯が立たない様子で
時間オーバーで山本委員長に注意されながら
「安倍内閣は情報規制が厳しいのではないか?」
と麻生副総理に質問。
山本委員長:手短にお願いします。
麻生副総理:じゃあ、2秒で。違います!

傍聴人はヤジも拍手も禁止なのだが、
この麻生さんの絶妙の答弁に思わず笑い声を上げてしまい
慌てて手で口を押さえた(大汗)。

傍聴しなければ分からなかったことをもう一つ。
社民党の福島瑞穂議員の行動だ。
13:00に委員会が始まり青山さんが質問中の
13:06に離席して部屋を出て行ったのだ。
戻ってきたのは14:43。
福山議員の質問中だった。
そして民進党議員と一緒になってせっせとヤジを飛ばしていた。

福島議員は与党議員の質問を聴かなかった。
話し合い話し合いといいながら
自分と違う考えの人からは意見を聞こうともしない。
いわゆるリベラルな人たちが不寛容で不誠実であることの
実例を目撃したと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院予算委員会を傍聴

2017年03月02日 | 社会、読書
一昨日(2月28日)の夜、青山繁晴さんのブログに
「予算委員会で質問することになったので傍聴希望の方はどうぞ。」
との記事を見つけた。

国会議事堂の見学はしたことがあるが
質疑を傍聴できるなんて、またとない機会だ。
すぐにメールで申し込み
翌朝(3月1日)9:58に傍聴受付完了メールが届いた。
3月2日12:30に国会参議院側 西通用門に集合だ。

やったぁ!

今朝10:12発の新幹線で、山手線、有楽町線を乗り継ぎ


12:14 永田町駅1番出口


12:16 集合場所に到着。既に10名くらいの方が集まっていた。

程なく清水秘書が現れ、名簿で確認しながら
2列に並ぶように指示した。
私は5番目で、総勢35人だった。


12:27 傍聴券が配られた。

12:35 門から中に入り、傍聴者順路に従って地下一階に誘導される。
そこで傍聴券に住所氏名などを記入するのだが
多くの方が既に記入を済ませていて
5番目だったはずの私は後ろになってしまった(汗)。

次の部屋で空港と同様の手荷物検査を受けたあと
筆記具と貴重品を除く全ての持ち物をロッカーに入れる。
コート、マフラー、帽子や
携帯、カメラ、集合場所をプリントした紙を含む一切の印刷物も
この先へは持ち込めない。
もう一度の手荷物検査で財布の中までチェックされた。

部屋から廊下を歩いて一つ目のエレベーターで一階へ、
さらに別のエレベーターで三階へあがり
廊下と階段を歩いて
控え室とトイレの場所を教えられ
傍聴心得として賛成反対の意思表示をしてはいけないことなどを確認されてから
12:50 第一予算委員会室に入った。

後の順番になってしまったために立ち見だが
質問者が見えやすい柱横の場所を確保することが出来た。
質問者席の青山さんが傍聴席の方に顔を向けたので
ばばばばっと肩のところで手を振ったら
青山さんも笑顔で振り返してくれた♪

13:00 午後の委員会が始まり、青山さんが質問に立った。
最初は拉致被害者の救出について。
北朝鮮情勢が混乱すれば救出のチャンスが訪れる。
それが現実味を帯びてきた今、日本はどうするつもりか?
日本政府として救出部隊を編成しなくてはいけないのでは?
救出部隊には自衛隊、警察、海上保安庁に加えて
厚労省(医療関係)、外務省(朝鮮語担当)も入るべきと思うがどうか?
省庁横断での救出部隊に対して予算措置をお願いできるか?

答弁は加藤拉致担当大臣、松本国家公安委員長、塩崎厚労大臣、
若宮防衛副大臣、薗浦外務副大臣そして麻生財務大臣が行い
全員が青山さんの提案をしっかりと受けとめて取り組む姿勢を示した。

青山さんは
部隊を編成し訓練を繰り返すこと自体が
北朝鮮に対する我が国の本気をアピールしプレッシャーになると
強く指摘していた。

13:20からは自前資源の実用化について取り上げた。
メタンハイドレート、特に日本海側の表層型メタハイを一刻も早く実用化し
国際情勢に左右されないエネルギー政策を進めるべきではないか?
資源エネルギー庁は海外からの資源調達を優先しすぎていないか?

世耕経産大臣が答弁し、
自前資源の確保・開発・活用・実用化に関して大変積極的な姿勢を見せた。
世耕さんは青山さんが議員になるずっと前からの知り合いで
質疑応答でも意気投合している雰囲気が感じられた。

13:35 最後に原発についての質問で
福島の原発事故がレベル7のままなのは科学的におかしい。
事故で放出された放射性物質の量は
現在の政府見解の100分の1~1000分の1という専門家の見積もりが出ている。
原子力規制委員会とともに環境省としても再計算・再評価をするべきでは?

答弁は原子力規制委員会に協力して進めるという内容だった。

13:40 青山さんの質問終了。
席を立つ傍聴者が複数いて、ここからは座ることが出来た。

13:40~14:20 自民党の小鑓隆史議員 農産物の輸出について
14:20~15:20 民進党の福山哲朗議員 森友学園、テロ等準備罪をちょっと
15:20~16:10 民進党の杉尾秀哉議員 森友学園、文科省天下り

の質疑を聞いて、退室した。


16:27 先ほどと逆の順路で国会議事堂の外へ出た。


初めての国会審議傍聴で一番印象的だったことは
警備や案内係の方がたくさんいたことだ。
門から委員会室まで行くだけで20名以上の方のお世話になった。
国会は我が国の中枢であり、万一のことがあってはならない。
厳重な警備の中で、それでも傍聴者を入れるという開かれた体制を維持する。
そのための膨大な経費は、必要であると同時に決して無駄にしてはならない。

現在の民進党の質疑は余りにもレベルが低く
国会議員としての自覚や矜持に欠けると強く感じた。
この件については、改めて記事を書きたい。


16:52東京駅発の新幹線で
18:45帰宅。

今日の感想を一言で言えば
やっぱりライブは違う!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェフ・ハミルトンの後継

2017年03月01日 | ガーデニング・花
午前中は出かける用事があって、午後から庭仕事。

昨年8月にテッポウムシにやられたジェフ・ハミルトン
やはり手遅れで、復活しなかった。


矢印がジェフ・ハミルトン。軽く揺すっただけで根本から折れて抜けた。

この場所に植える薔薇はフェンスに誘引したい。
どうするかなぁ、と考えかけて、すぐにアイデアが浮かんだ。

マニントン・モーヴ・ランブラーを移植しよう!


クリスマスローズの葉をカット。
穴を掘って牛糞堆肥を土に混ぜる。


コンラッドの右がマニントン・モーヴ・ランブラー。
外壁からツルを外し、ぐるぐる巻くようにまとめて束ねる。
よく根が張っているので出来るだけ根を切らないように掘り起こす。


水決めで定植し、よけておいたクリスマスローズも戻した。


一番長いつるは4メートル超で、思っていたよりも広い範囲を覆うことが出来た。
細くて柔らかいツルは誘引しやすく
「ジェフ・ハミルトンの後継にマニントン」という選択は正解だったみたい。
咲くのが楽しみだ♪


こちらは昨日の夕方薄暗い中で剪定誘引したヘリテージとロジャー・ランペリン。


17:00過ぎに後片付けをしてから、カーブスで一汗かいてきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭仕事始動!

2017年02月28日 | ガーデニング・花
2月中旬に風邪を引いてから、しばらくグダグダしていた。

心身ともに回復して、さあ、庭に出よう♪


例年通り、門を入って右手のフェンスから。


手前のデュセス・ド・ブラバンは、やや大胆に剪定してボリューム半分に。


プロスペリティ。昨年テッポウムシが入って太い幹一本を失った。
そのおかげで誘引に思い悩むほどは枝が多くなくて、作業が楽だった。


プロスペリティの左は、まだ小さいカーディナル・ド・リシュリューと、手負いのイスパハン。
リシュリューは3年目を迎えるのでそろそろ勢いが出ることを期待している。
重ねて誘引しているクレマティスは旧枝咲き品種で、新芽が動いてから整枝する予定だ。


クリスマスローズの蕾があちらこちらに顔を覗かせている♪葉をカットして日が当たるように。


門を入った左手。奥の背丈以上に伸びたカシワバアジサイをばっさり。
見通しがよくなったら、ペネロープの株元がボロボロになっているのが分かった。
大丈夫かな(汗)。
カシワバアジサイは近々撤去して、ペネロープを伸び伸びさせたい。

14:00 空腹を覚えて遅い昼ご飯。
蕎麦(生麺)が一食分あったので、ナメコとネギの汁蕎麦を作った。
屋外作業のせいか足らなくて、切り餅2個を追加で雑煮風にした。

食べながら国会中継を見た。
参議院予算委員会で、青山さんの姿もあったが
終始、厳しい表情をしていた。

それもそのはずで、民進党の質問があまりにも低レベルなのだ。

「朝鮮半島有事が早ければ3月にも勃発か」
という緊迫した情勢にもかかわらず
テロ等組織犯罪準備罪のことにも、緊急事態への対応にも
全く、一言も触れず
文科省の天下りと学校法人への国有地払い下げのことばかりだ。

「そんなことに貴重な国会審議を費やすなよ!」
と思うのは青山さんだけではない。
質問時間の9割を野党に使わせるという国会運営は
いい加減に止めた方が国益に沿うと思う。

で、国会中継が終わって
17:00にまた庭に出て


剪定枝(主力はカシワバアジサイ)を短く切ってゴミ袋にまとめた。
画面の中央、奥の方に見える黄色い丸いものは


ボロボロになったテニスボール。カシワバアジサイの下で発見した。
かつて次男が打ち込んだものと思われる^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

話題のあの本 理論近現代史学Ⅱ

2017年02月11日 | 社会、読書
2月5日(日)に高崎に行ったとき


高崎駅前のアパホテルの立ち寄った。

アパホテルがチャイナ政府の攻撃を受けていることから
応援する意味で元谷氏の著書を購入したいと思った。

「元谷さんの本、ありますか?
数があれば2冊頂きたいのですが。」
フロントでそう尋ねると、奥から出してきてくれた。

何と最後の一冊だった!


理論 近現代史学Ⅱ 藤誠志 APAグループ 2016年
藤誠志は元谷アパグループ会長のペンネームで
本書は元谷氏がグループの広報誌に掲載したエッセイをまとめたものである。

目次
・概論
・日本は「国際協調主義と積極的平和主義」の旗を高く掲げて進め
・アジアの平和のために、安倍政権の長期化が必要だ
・民主党政権三年三ヶ月の責任
・張作霖爆破事件の歴史検証をせよ
・ユダヤのマーケティング会社を使って捏造の歴史を正せ
・日本は一丸となって歴史戦に立ち向かえ
・世界制覇を目指す中国に緊密な日米同盟で対抗する
・「新都市型ホテル」はいずれ世界のスタンダードとなる
・先端科学技術兵器の開発力が日本を守る
・日米戦争はルーズベルトの世界大恐慌からの脱出策
・列強の民族侵略近代史
・日本は観光大国を目指せ

内容は私にとって目新しい話はほとんど無くて
近現代史を勉強していけば自ずと分かる事実が述べられている。
ただし我が国の学校教育の範囲でしか歴史を知らない人にとっては
驚くような部分が多いはずだ。

本書を手に取った人が
「まさか・・・嘘だろ?」
と自分で調べ始めれば、早晩真実に気付き、目覚める。
アパホテルが本書を客室の備品として置く狙いがそこにある。
逆にチャイナ政府が異様な攻撃を仕掛けて言論弾圧の暴挙に出ているのも
目覚められては非常に不都合だからだ。

チャイナにとってさらに都合が悪いのは
本書では同じ内容を日本語と英語で著している点だろう。


こちらが裏表紙で、裏表紙を開くと横書きの英文が現れる。

元谷氏の一番のターゲットは
まだ本当のことに気付いていない日本人だろうが
英語を解する外国人に真実を知らせることも狙っている。

素晴らしい作戦だと思う。

チャイナが騒いでくれたおかげで
私も本書の存在を知ることが出来た。
歴史認識に関わる部分の英文は、
今後何かの時に役に立つかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霞ケ関CCは女性差別か?

2017年02月08日 | 社会、読書
2020年東京オリンピックのゴルフ会場に予定されている霞ヶ関カンツリ-倶楽部は
規約で正会員を男子に限っている。
これに国際オリンピック委員会(IOC)がクレームを付けた。
女性を差別していて怪しからんということらしい。
それを受けて大会組織委員会が女性の正会員を認めるよう
霞ヶ関CCに対して要請した。

この話の気持ち悪い点は
2年前に会場に決まったときには何も言わず今頃になってクレームを付けてきたこと。
そもそも霞ヶ関CCから売り込んだ訳ではなく
「使わして欲しい」と頼まれたから受け入れたのだという。
従って霞ヶ関CCとしては迷惑な話で、困惑している。

それはそうだろうと、同情を禁じ得ない。

IOCのクレームは「ポリティカル・コレクトネス」であり
自分達が絶対正義と信じて疑わない欧米白人社会のやり方だから、
そのことをどうこう言っても仕方がない。

我が方がどのように対応するかが重要だという立場で
私の考えを述べる。

男女なんでも同じにするのが男女平等だと思ったら大間違いだ。
身近な例ではカーブス。
ここは女性限定で、男性は会員になれないし立ち入り禁止だ。
これは男性差別か?
いや、女性限定にすることによって
会員である女性に気楽さとか安心感という大きなメリットがあり
それが経営上の戦略になっている。

霞ヶ関CCも同様で
自分達のクラブのやり方を堂々と貫けばいい。
時期的に規約の変更を考えようというならそれも自由だ。

ただ
「オリンピックをやらせてやるんだから言うとおりにしろ」
と言わんばかりの高飛車な雰囲気が
「改善を求められた」という言葉から感じられる。
改善とは「悪いことを改めて善くしろ」ってことだ。
まるで悪いことをしているかのような言われ方をされて、
霞ヶ関CCとしてはさぞ不愉快だろう。

もしも規約改正の必要性も意義も感じないのであれば
この際、きっぱりと会場を返上するのがいいと思う。
オリンピックごときに阿るようでは
品性が疑われ90年間の伝統が泣くというものだ。

頑張れ、霞ヶ関カンツリー倶楽部!

2017.2.3 21:33
【東京五輪】
女性正会員受け入れ、組織委などが正式要請 ゴルフ会場の霞ケ関CC
 2020年東京五輪ゴルフ会場の霞ケ関カンツリー倶楽部(霞ケ関CC、埼玉県川越市)が女性正会員を認めていない問題で、大会組織委員会と日本オリンピック委員会(JOC)、日本ゴルフ協会(JGA)の代表者が3日、東京都内で霞ケ関CC側と会談し、女性正会員を認めるよう正式に要請した。組織委によると、同CCの木村希一理事長は「会員の意見を十分に聞いて、取りまとめに向けて努力したい」と応じた。
 木村理事長は改正には原則として理事会の全会一致が必要とした上で、「重要な事柄なので総会にも諮らなければいけない」との認識を示したという。組織委などは国際オリンピック委員会(IOC)から改善を求められたことを受け、2日に霞ケ関CCに要請文書を提出していた。
 霞ケ関CCは7日にも理事会を開いて対応を協議するとみられるが、組織委の布村幸彦副事務総長は「(要請を)前向きに受け止め、対応していただくことを期待している。必要があれば説明に出向きたい」と述べた。
ーーーーー

2017.2.4 13:00
【東京五輪】
女性正会員を認めない霞ケ関CCとはこんなクラブだ! 90年近い歴史 「社交場だ」 突然の要請に名門会員困惑
 女性の正会員を認めていないことを大会組織委から改善するよう要請された霞ケ関CC。90年近い歴史を持つ名門クラブの会員からは「なぜ今ごろ」との声が上がった。
 「ルールでは正会員は男性のみだが、運用上は女性を締め出しているわけではない」。今回の騒動を受け困惑気味にこう説明するのは、入会数十年になる同CCの正会員の男性だ。クラブ運営に携わる委員会には複数の女性が加わっているといい、「みな東京五輪を楽しみにしていたのに、迷惑をかけるなら辞退も仕方ないかもしれない」と話す。
 同CCによると、クラブは昭和4年に創設。当時は男性しかプレーしなかったことから、定款の細則で正会員は男性と定めた。その後は正会員の妻を「家族会員」にしたり、日曜日以外の利用が可能な「週日会員」で女性を受け入れたりすることで女性もプレー可能になった。細則の改正は「特に希望がなく、必要性を感じていなかった」(同CC)ため行っていない。
 女性が完全にプレーできないのは正会員限定の大会が行われる年間30日程度の日曜、祝日だけ。週日会員の女性は「女性であることで不利益を被ったことはない」とした上で、「霞ケ関CCはゴルフ場というよりはメンバーのための社交場。だれでも入れる場所ではないというクラブの伝統を軽んじてはいけない」と強調する。
 同CCの資料などによると、正会員は約1300人で週日会員は約420人。女性の会員は約200人いるという。最初に正会員の推薦を受け、理事全員から承認された後、入会金800万円を支払って週日会員となることができる。数年後に正会員を希望する場合は再び推薦や承認を受ける必要があり、正会員になるとさらに400万円を支払う。年会費も12万円から15万円に上昇するという。
 「資金や社会的地位があれば入れるものでもない。価値観が共有できるかが最も大切だ」と男性正会員。一方、同CCの関係者は、世界の名門コースが次々と女性会員を受け入れる流れがある現状を踏まえ、「女性を正会員に入れる時代も来るのでは」と話した。
ーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青山さんの講演会in高崎(2月5日)

2017年02月07日 | 社会、読書
高崎青年会議所OB会の主催で青山繁晴氏の講演会があると知ったのは
虎ノ門ニュースで観覧に来られた関係者の方が
スタジオの窓越しにアピールされたからだった。

検索して、高崎新聞の記事を見つけ
そこにリンクされたポスターから申し込み方法が分かった。
長女達を誘ったが法事と重なり、
私一人で申し込んだのが1月18日。

2月5日(日)は11:00過ぎに家を出て11:38の新幹線に乗車。
高崎駅周辺でちょっと用事を済ませて
12:48の両毛線で高崎問屋町まで行き
受け付け開始30分前の13:00に会場に到着した。


会場は高崎商工会議所エクセルホール。



ロビーには既に30人ほどが集まっていた。
椅子に腰掛けている人が多かったが
私は受付の机のそばに立って待機。
13:15を回った頃、予定よりも早く受付が始まった。
列の二番目で、足早に会場に入り
最前列をゲット♪


13:45 開演時には500席が完全に埋まった。


14:00 開演
JーNSC総会から3ヶ月ぶりの青山さんのライブだ。

青山さん、昨日は大阪で仕事だったはずで
例によって数日間ほとんど睡眠を取っていないとのことだが
張りのある大きな声で熱く語ってくれた。
既に何度も聞いて知っている話なのに、また感動して泣けた。

終盤になって
「僕のレジュメには結論が書いていない。何故だ?」
といきなりマイクを向けられ、焦りに焦ったが
あっと思いついて
「一緒に考えるために結論は書いていない!」
これが正解で会場から拍手を頂き青山さんとも握手できた♪
まずほっとして、
その後ぶわ~っと嬉しさがこみ上げてきた。
きゃぁ~~~♪♪♪

15:30終演の予定が30分延長となり
「もう新幹線に間に合わない~」と最後は走って
万雷の拍手に送られ会場を後にされた。
新幹線、間に合って乗れたかな?

同行の清水マミ秘書はハイヒールを履いていて、
いくら若い(二十代)といっても
あの靴で青山さんと一緒にダッシュするのはすごいと思った。
もしかして移動時はダッシュ用のシューズに履き替えるのかもしれない。

会場を出るときに
主催者の高崎青年会議所OB会の方に手作りチラシ3種と名刺をお渡しした。
まだ気付いていない方達への広報・啓蒙活動をするなら
少しは参考になるかもしれないと思ったからだ。

高崎問屋町駅まで歩き
高崎発16:50の新幹線に乗車して
17:50 帰宅。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「国へ帰れ」が憎悪表現ですって?

2017年02月06日 | 社会、読書
本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律、
いわゆるヘイトスピーチ規制法における
差別的言動の定義は
「差別意識を助長する目的で、公然と危害を加える旨を告知したり、
著しく侮蔑したりして地域社会から排除することを扇動するもの」
となっている。
ヘイトスピーチとは憎悪表現という意味だ。

法務省が、「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示し、具体例として
「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、ゴキブリなどの昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした
との報道があった。 

驚いて法務省のホームページをチェックしたが
その具体例を説明した項目を見つけることが出来なかった。
おそらくは載せていないのだろう。

ヘイトスピーチ規制法が言論の自由を侵す危惧はあったが
今回の具体例は、はっきり言って滅茶苦茶だと思う。

一部の外国人が日本の法律を無視し傍若無人な行動を取ったり
日本や日本人を貶める嘘を垂れ流したりすることに対して
いい加減にしろ、という日本人の反発が
いわゆるヘイトスピーチのそもそもの原因だった。

そんなに日本が嫌いなら国へ帰れよ!

これって公然と危害を加える旨の告知でも無ければ
著しい侮辱でもない。
それなのに「祖国へ帰れ」がキーワードだという法務省に呆れる。

出された食事にごちゃごちゃ文句を付けたら
「だったら食べるな!」と一喝されても仕方がない。

外国に住まわせてもらっていながら
その国のルールを守らなかったりその国に悪態をつくのなら
「だったら自分の国に帰れ!」
と言われても当然だと思うのだが。

昆虫や動物に例える著しい侮辱もだめだというが
例えば熊といわれて褒められたと受け取る人もいれば
侮辱されたと受け取る人もいるだろう。
そんな曖昧で主観的な事柄を法の適用の具体例だというのは
明らかに異常な上に危険である。

子供の世界ではデブだのブスだのと侮辱的な言葉の投げ合いは良くあるが
たまたま相手が「本邦外出身者」だったら
言った子の親が責任を追及されるかもしれない。

アホだのバカだのは、相手が「本邦外出身者」だったら
失礼な、を通り越して法律違反というわけか。
「お前の母ちゃんでべそ」もヤバイかも(苦笑)。

ヘイトスピーチ規制において
法務省は日本国民の権利を外国人の権利の下に置いているとしか思えない。
しかも主観でいかようにも解釈されることから、
この法律を根拠にして言論弾圧、言葉狩りが進む可能性大である。
周回遅れのポリティカル・コレクトネスを推進したい法務省に
その具体例やキーワードの全容を公表するように意見を送った。
全容が明らかになったら改めて抗議したいと考えている。

法務省への意見:
本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律における差別的言動の具体例を示したとの報道がなされています。
これは全国民に周知すべきことです。公式の記者発表の上、全ての具体例をサイトに掲載して下さい。
相手が本邦外出身者と知らずに「あほか!」なんて言ったら著しい侮辱だと大騒ぎされるかもしれません。こんな恐ろしい法律を施行した以上、情報の公開と周知徹底は貴省の義務です。
迅速に対応して下さい。
ーーーーー

2017.2.5 産経新聞
「祖国へ帰れ」「ゴキブリ」「町から出て行け」 ヘイトスピーチ具体例を法務省が提示
 法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を、要望があった23都道府県の約70自治体に提示したことが4日、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。具体例では「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、ゴキブリなどの昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。
ーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての体力(筋力)測定

2017年02月05日 | 暮らし、その他
カーブスでは毎月初めに測定週間が設定されている。
体力測定の時とサイズ測定の時があり
2月3日(金)に初めての体力測定をした。
項目は脚力、柔軟、腹筋の3つで、筋力と柔軟性を測る。

最初の脚力では高さ40センチの台に座り
「片足で立ち上がり座る」を30秒間繰り返す。
右足はふらついて反対側の足をついてしまい6回で終了。
一回一回焦らずにしっかり立ち上がればふらつかないことが分かって
左は30秒間続けられて12回だった。

柔軟性は床に足を伸ばして座り前屈しながらバーを押す。
2回繰り返して38㎝と42㎝だった。

最後の腹筋は、膝を直角に曲げて寝転び足先を押さえた状態で
体を起こしたり寝かせたりを30秒間繰り返す。
17回だった。

測定データをタブレットに入力してはじき出された体力年齢は
何と40歳代前半♪♪
入会時の体年齢70歳は衝撃だったが、今回はちょっと安心した。
腹筋が良かったらしく
右脚、左脚、腹筋、柔軟性で形作る四角形では
腹筋のみ一番外側(つまり最高ランク)にプロットされていた。

次の体力測定は5月ということなので
それまでに腹筋は維持しつつ柔軟性をあげ、脚力もつけたい。
脚力については要領がわかったから
次回は左右とも15回は越えたいと思う。
目指せ30歳代(笑)!

以前通っていたジムに比べてカーブスは面倒見がよいと思う。
月に一度の計測で自然と目標を立てたくなるしやる気が増す。
時間が約30分(ストレッチを入念にやっても40分程度)と区切られているのもいい。
自由にマシンでトレーニングとなると
「折角来たのだからもうちょっと」とついついやり過ぎることもあって
疲れてしまった経験も過去にある。

スタッフのお姉さん方がメンバー全員の名前をしっかり覚えていて
こまめに声を掛けてくれるのも嬉しい^^

少なくとも私には、普通のジムより合っているので
楽しく続けられそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加