自転車に乗ろう♪

自転車のこと、ロードレースのこと、庭のこと、日々の暮らしのことなど。    HN:Emmy(えむえむ)

目隠し用の樹種

2017年04月07日 | ガーデニング・花
昨日、カーブスへ行くために電車を待っているとき
長女から着信があった。

10:07 業者さんから、隣の家との目隠しはシマトネリコ、ソヨゴ、カクレミノなどの樹種が良いのではって提案されたんだけど、何か意見とかあるかね?
10:12 どの種類も知らないから、よく分からない。今外出中なので急がないなら夜までにネットで調べて見るけど。
プロの意見なら間違いないと思います。
10:24 急ぎではないから、ちょっと見てもらえるとありがたいかな。現地を見て選んでくれたからどれでも大丈夫だとは思う。
あとは予算と好みだとは思うんだけど、ちょっとお母さんの意見も参考にしたいのでよろしく~m(_ _)m

13:01 了解です。またメールします。

昨日はウォーキングを頑張りすぎて
夜に調べる余力がなかった。
今朝、三種類の樹木について調べてから
長女にメールをした。

11:49 シマトネリコ、ソヨゴ、カクレミノについて。
カクレミノは「暖地向きで冬の乾いた風を嫌います」らしいので、×。
ソヨゴは「暑さ寒さに強く成長が遅いので剪定が楽。雌雄二本を並べて植えることで、冬に赤い実が楽しめる」ということなので、○。
シマトネリコは「暑さ寒さに強く、成長が早いので剪定する必要がある。剪定は難しくない。葉が軽やか。」早く伸びて欲しいなら○。

他に月桂樹を一本どうでしょう。言うまでもなく料理に重宝します。
病害虫は少しカイガラムシが付くこともある程度で強健。伸びすぎたなと思ったタイミングで数年に一度剪定。
楽天ショップで検索したら1mくらいの苗が1500円で売っていた。

以上、参考にして下さい。
目隠し以外の樹木は自分達でぼつぼつ選んで植えるんだよね?

19:14 私たちもソヨゴが良いかな~って話してたんだよね。
シマトネリコは少し高めだし、かなり成長するみたいだから。
本数は全部で3本ぐらいだから、その内の1本は月桂樹って感じかな?
他の木とかは徐々に植えて行こうと思ってるよ~。

今回は土の入れ替えと一緒にできれば割安になるから、目隠し用なら同じタイミングで植えても良いかなって思って(^_^)v


土の入れ替えが済んだら、一度庭仕事をやりに行くつもりだ。


秋に造成した長女宅の球根花壇。ヒアシンスとムスカリがよく咲いている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

諏訪湖を半周ウォーキング

2017年04月06日 | 暮らし、その他
カーブスでは他の店舗を利用できる「トラベルパス」という制度がある。
これを使って、岡谷のカーブスに行った。

10:21の電車で岡谷へ。
岡谷の店はコンパクトでインストラクターは二人。
月初めの計測期間のため、とても忙しそうだった。

筋トレとストレッチを普段通りにこなして
帰りは家まで歩いて帰ろう。


11:54 釜口水門

ここから諏訪湖岸の歩道を時計回りに進む。


12:01 どんよりとした空。


12:13 風が強く、波が打ち寄せている。


12:13 ヤナギの枝が大きくなびく。


12:37 下諏訪町艇庫前の湖岸にカヤックがずらり。


12:48 ここから富士山が見えるらしい。晴れた日に是非来なくては!

脚が疲れてきたし、だんだんお腹も空いてきた。
目に入った和風レストラン「能登」の看板。
店の前には車が4台。
素っ気ない店構えだが繁盛しているようなので入ってみた。


13:05 まぐろカツ定食 900円(税込み)

まぐろカツ5切れ、マグロの角切りのごま和え、ポテトサラダ、蕎麦入り吸い物に加えて
マグロの握りが4貫付いてきたのには驚いた。
すごいボリュームで、肝心のお味も美味♪

絶対多いよな~と思いながら完食した。

13:30 腹ごしらえも済んで再び歩き始める。


13:52 諏訪湖一周16kmで、ここは釜口水門から8km地点。

「補給過剰」でお腹が苦しく、足も痛くて、
片倉館の辺りでベンチに座って5分休憩。


14:01 遠く対岸には長野道岡谷JCの高架橋が見える。
もう一息だ。

14:25 帰宅。

予想以上に距離があり、ようやく帰り着いたという感じだった。
疲れ果てて、手洗い・うがい、水分補給をして
すぐに布団に倒れ込み、18:15まで爆睡した^^;;

18322歩 13.7km 620kcal消費
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭作業の進捗状況

2017年04月05日 | ガーデニング・花
薔薇作業が遅れているが、現時点で三分の二は片付いた。


3月30日 スイートジュリエットとバリエガータデボローニャ

4月1日、3日と少しずつ進めて


4月4日 朝の作業で完了。

ランチ会から戻って、苗の定植の後で薔薇作業を再開。


シティ・オブ・ヨークを整枝して、シラカシの高い所に誘引した。


ファンタン・ラ・トゥール。

この場所の落ち葉や雑草を片付けた。
ここは昨夏に咲かずの水仙(マウントフット)の球根を
日当たりのマシな場所に移動させ、施肥もした。
さて咲くだろうか?

ブッシュ仕立てのベルイシス剪定するところまでで終わりにして
カーブスに行った。

残る薔薇の大物は
玄関脇のキャリエール夫人。
西向き外壁のレーヌデビオレットとフェリシア。
アーチのブラッシュ・ノアゼット。
サンルーム前のエメ・ビヴェール。

頑張れば三日分の作業。
さらにお掃除に丸一日かな(汗)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランチとお買い物♪

2017年04月04日 | ガーデニング・花
薔薇友のYさんとランチ会をした。
昨年の薔薇シーズン以来だから約9ヶ月ぶりだ。

11:30に珈琲哲学で待ち合わせて
パスタランチをいただきながらおしゃべりに花を咲かせた。
かれこれ17年の付き合いなので、
最初はお互いの子供達の近況。
それから健康や体力の話題。
Yさんは数年前からジム通いを続けていて筋トレの重要さをよくご存じだ。

食後のコーヒーを済ませてから
定番コースでおぎはら植物園に移動した。
明日からしばらく諏訪だし、あまり買わないようにしようと思った。

思ったけれど、やはりあれこれ目に止まり・・・


クモマグサ、ワスレナグサ、プリムラ、オダマキ2種、ジギタリス(白)、ローズマリー、そして薔薇。

14:00過ぎにYさんと別れて帰宅。
すぐに着替えて植え付け作業をした。


粉粧楼の新苗500円。鉢植えにして諏訪に連れて行く。


プリムラ・ベラリーナ”ピンクアイス” すごく可愛い。

他の苗も全て、庭のあちこちに定植した。
オダマキはこぼれ種で増えることを期待。
濃い青色の花が咲くというローズマリーは
ポットのまま土に埋めておいて、そのうち長女の庭に連れて行こうと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ産経新聞!

2017年04月01日 | 社会、読書
民進党の言論弾圧についての続報。

産経新聞は政治部長名で反論記事を掲載した。
その主張は民進党の言いがかりを一刀両断。
他のマスメディアのへたれ具合が際立つ堂々としたものだ。

韓国という一国の検察と、一歩も引かずに渡り合った産経だけのことはある。

我が家では目覚めて以来ずっと産経新聞を愛読しているが
新年度から不定期に諏訪と自宅を行ったり来たりになるため
販売店さんには申し訳ないが購読を止めた。

代わりにウェブ版(1800円/月)の購読を開始した。
1アカウントで同時に3端末までアクセスできる。
夫と私が同時に読んでも一つ余るので
長女に使っていいよと連絡しておいた。

紙より良い点は
・文字を好きなサイズに拡大できる。
・ご飯を食べながら読むのが楽。
・新聞紙が溜まらないから資源ゴミを棄てる手間が減る。

でも目にはあまり良くないんだろうなぁ。

ーーーーー
2017.3.31 産経ニュース
【森友学園問題】
民進党の抗議に反論する-恫喝と圧力には屈しない 政治部長 石橋文登
 民進党の皆さんは、なぜ政権を失い、なぜ今も国民に見放されたままなのか、まだお気づきになっていないようだ。
 学校法人「森友学園」(大阪市)問題で民進党の辻元清美衆院議員に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)について、民進党は29日夕、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。30日付紙面に全文を掲載しているのでご参照願いたい。
 抗議文では、本紙記事を「ネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した」と批判した。そもそも「根拠ある疑惑」というのは意味不明だが、続いて記事は「裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである」という表現は看過できない。
 言うまでもないが、担当記者は十分に取材した上で記事化している。辻元氏にも取材を申し込み、27日午後1時半すぎに質問書を事務所に送付、午後5時までの回答を求めた。ところが、事務所側は午後5時23分に「明日、確認が取れた段階で返答する」とFAXを送付してきたので、やむなくその経緯を入れて記事化した。翌28日午後5時23分、辻元氏側は回答書を出したので、その全文を29日付紙面に掲載した。
 回答書や抗議文の全文掲載は極めて異例な対応だといえる
。にもかかわらず抗議文は、本紙記事を「流言飛語」「著しく公正を欠いた報道」「報道取材の基本を欠いた記事」などと罵倒しており、本紙は名誉を毀損された。撤回願いたい
 一連の疑惑は十分に報道に値すると考えている。
 まず「幼稚園侵入」疑惑に関し、辻元氏は「入ろうとした事実もございません」と回答したが、2月21日の大阪府庁の記者会見で「塚本幼稚園に行ってまいりました」と明言しているではないか
 「作業員派遣」疑惑に関しても、学園の籠池諄子氏が安倍昭恵首相夫人とのメールで何度も指摘しているだけでなく、生コン業界から政治献金を受け取っている。いずれも辻元氏には説明責任がある。メール問題などをただすべく、昭恵氏の証人喚問を要求しながら、現職衆院議員が書面回答だけで済ましては筋が通らない
 個々の案件でこれ以上反論しても仕方あるまい。もっとも問題なのは、民進党の隠蔽体質であり、恫喝体質である。
 自民党が昭恵、諄子両氏のメール内容を公開した際、民進党役員室は「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます」と文書で要請した。今回の抗議文も「他の新聞社は『疑惑』という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである」とわざわざ記した上で、本紙に対して「法的措置も含めた対応を検討する」と結んだ
 蓮舫代表も30日の記者会見で「辻元さんに対する言動のファクトチェックは極めて容易にできる。にもかかわらず、疑惑と報道した新聞社に対しては抗議文と法的措置も含めて対応を考えている」と述べた。
旧民主党政権時に恫喝ともとれる政治圧力を繰り返したあげく、人心が離れていったことをすっかりお忘れのようだ。自由で民主的な社会を守るためにも屈するわけにはいかない。蓮舫氏の「二重国籍」疑惑も含めて今後も政界の疑惑は徹底的に追及していきたい
ーーーーー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツルヤが来るらしい♪

2017年03月31日 | 暮らし、その他
明日から新年度。
初出勤する夫と一緒に諏訪に来ている。

引っ越しも無事にすんで、買い物など街の様子も分かってきた。

快適で暮らしやすい街だ。

「これでツルヤがあったら、もう、言うことないんだけどねぇ。」
と二人で話していた。
ツルヤとは我が家行きつけの食品スーパーで生鮮食品の質が高い。
残念ながら諏訪地方には店舗がない。

ところが夕方のテレビで
「上諏訪駅前の再開発で新設される商業ビルに、ツルヤが進出する」
というニュースが報じられた。

な、何と!
すごいタイミングで、とても驚いた。

開店は来年の秋ということで、その頃はまだ諏訪に住んでいるはず。
待ち遠しいなぁ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民進党が言論弾圧

2017年03月30日 | 社会、読書
大阪での私立小学校の新設という極めてローカルな問題が
まるで国家の一大事のような扱いで大騒ぎされて
2ヶ月近くが空しく過ぎた。

ところがここにきて
籠池泰典氏の妻、諄子氏と安倍昭恵氏とのメールのやりとりが公開され
民進党の辻元清美議員の「関与」がにわかにクローズアップされている。

2017.3.28 産経ニュース
【森友学園問題】
民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求

産経新聞が報じた「3つの疑惑」とは
1.幼稚園に侵入しかけた(嫌がらせ)
2.作業員を派遣し、メディアに嘘の証言をさせた(工作)
3.学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」の14億円値引き(職権乱用)

特に3の問題は重大だ。
辻元議員の地元である豊中市で
本当は価値の低い土地の値段をつり上げるために
国有地に高額な値付けをした上で国庫補助金14億円を出し
実質2000万円で豊中市に売却したというもの。
それが行われたのは民主党政権下で
辻元議員は国土交通副大臣の職にあったのだ。

このこと自体、非常に興味深い問題だが
今回指摘したいのは、これに対する民進党の対応だ。
野党第一党であり、森友学園の土地取引に疑義があると強硬に主張し続けている民進党が
冷静に説得力のある反論を示すかと思いきや
こともあろうに
「デマだから報道するな」と各メディアに「要請」。
さらに驚いたことに
ほとんどのメディアがその「要請」に唯々諾々と従っている。

産経新聞だけが上記の記事を掲載したところ
今度は産経新聞に対して民進党が抗議文を送りつけてきた。

ーーーーー
2017.3.29 産経ニュース
【森友問題】
辻元清美氏「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」
 森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。
    ◇
 辻元清美議員に関わる報道記事について
 貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、「3つの疑惑」として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した。
 しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。
 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。
 安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる
 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する
         以上
ーーーーー
法的措置をちらつかせた恫喝まがいの抗議文だ。

日頃から言論の自由を声高に叫び
「安倍政権による言論弾圧がある、ある」
と主張しているメディア(産経新聞を除く)にとって
これは言論弾圧にはならないのだろうか?
彼らにとって言論の自由は
「自分達の意見は自由に言えて、自分達と違う意見は言えなくて当然」
ということなのか。
これを二重基準、ダブルスタンダード略してダブスタという。

民進党が平然と言論弾圧をする集団だということは
実は彼らが政権にいた3年3ヶ月の間に遺憾なく示された。
「書いたらその社は終わりだから」とほざいた大臣もいた。

民進党がこういう集団であることを
自ら改めて思い出させてくれた出来事といえる。

さて、今朝から保守速報などのまとめサイトがサイバー攻撃を受けている模様だ。
サイバー攻撃となれば民進党を超えて外国の関与が疑われる。
辻元議員の疑惑が語られ始めたことと関係あるのか無いのか。
私にはまだ分からない。

但し
都合の悪い言論を封殺しようとするのは
安倍政権ではなく
安倍政権を批判する「なんちゃってリベラル」側であることだけは確かだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅の剪定とコンラッドの誘引

2017年03月29日 | ガーデニング・花
昨日今日と晴れて暖かい。
洗濯物が乾くので、タオルケットやシーツを洗い
次に台所、洗面所などのマット類を洗濯機で回した。

15:00 庭へ。


クリスマスローズがよく咲いている。

電動のこぎりで月桂樹の剪定枝をゴミ出しできる長さにカット。


続いて梅の木の剪定。
上にビュンビュン伸びた強い徒長枝を、脚立に上って切っていった。

その隣のファンタン・ラトゥール。
テッポウムシにやられた太い幹を根元から切った。


16:33 コンラッドをやるか、剪定枝を束ねる作業をするか。
少しだけ考えて、コンラッドに取り掛かる。

一番古い枝から抜くように切って
脚立を何度も登ったり降りたりして


18:15 完成♪

明日はどの薔薇をやっつけようか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンカップの宿を予約

2017年03月28日 | サイクル・ロードレース
今年の宇都宮ジャパン・カップは
10月21日(土)がクリテリウム、22日(日)がロードレースだ。
昨年はうっかりしていて宿の手配が遅れ
キャンセル待ちで何とかいつものホテルに泊まれたが
ギリギリまで落ち着かなかった。

同じ失敗を繰り返してはいけない。

今日宇都宮のホテルに電話して
シングルルーム3室を金土の二泊三日で予約した。

2009年から毎年宇都宮に行って観戦している。
「日帰りでクリテリウムだけ」という年もあるし
一人で行ったことも何度もある。

今年も単独行になる気配だが
夫と次男の分を一応押さえておいた。

というのも
今シーズンはコンタドールがトレックに加入して
フミのチームメイトになったので
生コンタをジャパンカップで見られる可能性が小さくないと思うからだ。

もしもそうなれば、きっと夫や次男も現地に行きたくなるだろう。

コンタドールの来日。
実現したら、すごいね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本を守る沖縄

2017年03月27日 | 社会、読書


沖縄の反基地運動について取り上げたニュース女子が
マスメディアから「捏造だ歪曲だ」と非難囂々となった問題。

反対している市民団体の多くが沖縄県外から来ていたり
中には外国人さえいること。
平然と法律を犯し、暴力行為を働いていること。
時には日当などの金銭が支給されていること。
かつて成田空港闘争などに携わった過激派メンバーが加わっていること、等々。

ネットでは以前から事実として周知されていた事柄だっただけに
いいがかりに近いマスメディアの異常性が際立っている。

この問題について
沖縄県民がマスメディアの報じる偏った沖縄に異議を唱え真実を伝えるべく
東京でシンポジウムを開いた。
虎ノ門ニュースでその情報を知り
二日目のシンポジウムに参加した。

13:10 会場に到着し
13:20 入場。前から二列目の席に座った。
市民団体の実態を伝える映像が紹介され
14:00 開演。


基調講演は杉田水脈氏。
テレビがほぼ全局左寄りなのが、大きな問題だと指摘された。
我が方が発信力を飛躍的に強めないと、間に合わないとの危機感がにじみ出ていた。


主催者代表の我那覇真子氏が司会進行役を務めた。
我那覇さんは沖縄の危機は日本の危機であるとして
「今はお国の一大事であり、沖縄県民が率先して声を上げなくてはいけません。」
と柔らかい沖縄訛りで決意を述べられた。
我那覇さんの語る言葉には心に響くものがある。


沖縄からの依田啓示氏、手登根安則氏、我那覇隆裕氏と杉田氏、
それに西村幸祐氏のお話はとても聞き応えがあった。
武田邦彦氏(押しかけ参加と思われる)については
自己宣伝ばかりで議論を深める邪魔をしているようにしか見えなかった。

事前募集の意見と会場からの発言で会は進行し
200人くらいの参加者が熱心に聴き入っていた。

16:30 終演。

開演前にトイレでたまたま我那覇真子さんに行き会ったので
「応援しています。頑張って下さい!」
と直接声を掛けて名刺を渡すことが出来た。

終演後には我那覇隆裕さんとも少しだけお話しできて
「チャイナの脅威を実感できない沖縄県民が多い」という話題に関連して
歴史的な事実を地道に伝えていくしかないこと、
個人的な取り組みとしてチラシを作っていることをお伝えし
持参のチラシと名刺をお渡しした。

ニュース女子問題に関しては
制作に当たったDHCシアターが検証番組を作成・放送し
既に決着しているわけだが
あれほどバッシングしていたマスメディアが続報もせずぴたっと報じなくなっているのは
いつものことながら、実に卑怯である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加