小室みえこのブログ

日々のくらしと市政をつなぐ

伊藤真弁護士が訴える  その3

2017-05-18 00:49:24 | 日記

小室美枝子です。

はっきりしない天気でした。午前は、市民連合の賛同人の名簿を作ろうと、お名前を公表して言い方、公表は控える方など・・・作業を始めようとしたところ、メールの整理をしていたら、2時間半かかっても終わらない💦一つ残しておくべきメールがあったが、消してしまった。実はこのような時には、事務所のPCがあるので、転送で送ってもらえます。しかし、私に来る、団体や個人の方、いくつものMLに入っていますので、それはそれは大量です。

少しは整理のキッカケ❓にはなったと思いますが、、、

 

さて、共謀罪についての報告をしようかと。。

伊藤弁護士の話の流れは、大変理解しやすい内容でした。が、まだ共謀罪にスポットを当てた報告がしていなかったかと。

共謀罪法案の問題点

1.国際組織犯罪防止条約の締結に必要というウソ➡共謀罪制定は不要:既に予備・陰謀・準備を処罰の対象としており共謀罪も処罰される

2.テロ対策であり、オリンピック開催に必要というウソ➡既にテロ対策条約は13も締結済。共謀罪を持つ国でもテロは防止できていない。

3.刑法の犯罪の概念の原則を変えてしまう(277の共謀罪)➡「行為の危険性」から「内心の危険性」へ。刑罰は必要最低限の基本理念に反する。人権侵害の危険。

4.犯罪構成要件が不明確で、捜査機関の恣意的操作を許してしまう➡望遠鏡と地図を持っていたら共謀罪?お弁当と水筒は・・・それはいいのね?バードウォッチング?なんていう、突っ込みもありましたね。

5.捜査方法が変わり監視社会へ。警察権の乱用を招く。➡人々のコミュニケーションのすべてが国の監視下に置かれる。

ここでPoint)有罪にする必要はない!!逮捕するだけで萎縮効果は絶大。

6.一般市民も対象。権力批判もできなくなる ➡「いいね!」でも共謀罪?

7.憲法19条:思想・良心の自由

 憲法21条:集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由

 憲法13条:すべての国民は個人として尊重される

 憲法20条:信教の自由は、何人に対してもこれを保障する

 憲法23条:学問の自由

 憲法22条:居住移転の自由、職業選択の自由、 外国移住、国籍離脱の自由

 憲法28条:勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動を保障する

 等、侵害

国家中心主義:国家に都合の悪い言動を早期に探知しつぶすため👈思想(民主主義的活動に対する萎縮効果)

でも私には関係ない・・・?

◆◆◆マルチン・ニーメイラー牧師の告白◆◆◆

始めにナチスは共産主義者に襲い掛かったが、私は共産主義者ではなかったから声を上げなかった。

そしてナチスは社会主義者と労働組合員に襲い掛かったが、私はそのどちらでもなかったから声を上げなかった。

次にナチスはユダヤ人に襲い掛かったが、私はユダヤ人ではなかったから声をあげなかった。

そしてやつら(ナチス)が私に襲い掛かったとき、私のために声をあげてくれる人は誰もいなかった。----------◆----------◆-----------◆-----------◆-----------◆----------◆-------------

昨日、梅郷の駅で、市民連合のチラシまきを行いました。自分のこととして受けている方はどのくらいいるのでしょうか❓1時間で170枚位を手渡しできました。(共謀罪のチラシも入れるともっと)

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪&憲法改正に関連して... | トップ | 市民連合+メロントーストパン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。