小室みえこのブログ

日々のくらしと市政をつなぐ

正しく絶望する!!

2017-04-23 23:46:09 | 日記

小室美枝子です。

今日は日曜日。

朝、ワーカーズコレクティブ「紙ふうせん」さんの総会に出席。私は、午後から立憲ネットワーク主催の講演会があったため、少しの時間しかいられないということを事前にお断りしておきました。来賓としてご挨拶をさせて頂きました。

 

お茶とロールケーキ 

👇

特に、今年の1月末をもって、岩名店が閉店してしまいました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、月に1回(ほぼ第一木曜日)、市民相談の場所としてお借りしておりました。相談の方がいらっしゃってカウンターの近くで、相談を受けたり、相談者がいらっしゃらない場合でもお客さんとお話しさせてもらったり。貴重な時間、出会いがありました。その拠点としての岩名店でした。本当に感謝です。主に、そのような内容の挨拶をさせて頂きました。また、高齢化や少子化、子どもの貧困などの社会的な環境の変化や、そもそも循環型の社会の大事さ、食の安全や農作物の無農薬の大事さ、環境の視点からせっけんの普及への取組。などなど多くの取組に参加し、ご利用の皆さんにも影響を及ぼしてこられてきたわけです。今日は12回目の総会となり、今後も働き方、食、環境、街づくりへの発信に期待いたします。

 

さて、続いて本日の2つ目は千葉市文化センターに移動

 

中野晃一さん「つながり、変える」 私たちの政治

主催は立憲ネットワーク。私は会員として開始の1時間前に会場に入り、準備を行いました。

 

今日の中野さんの講演の中で印象に残った言葉・・・・

そこでの言葉が「正しく絶望する!!」と。方向を壊すような、今の政治。絶望ばかりの昨今。でもただ、絶望するのではなく、「正しく絶望する。」

無駄な抵抗はやめる・・・・とか。諦めるとか・・・それは権力を握っている側が望むこと。

シールズの若者が言っていたように「民主主義が終わってしまったというという人がいるけれど、終わったんなら、はじめれば・・・」 この発想が、すごい!!と。

 

「これまでの自民党はひどかった。しかしこんなにひどくはなかった」という時代に私たちは暮らしている。制度も税金の使い方も・・・。これまでの与党と野党の在り方も問題はあったが、しかし、野党の存在を補助金や事業によって示すための折り合いもつけてきた。しかし、今はお金がない、野党があまりにも細分化(野党第一党の民進党でさえも数パーセントの支持率)されてしまい力・存在を示すことが出来ない今…、安倍政権のやりたい放題。

小選挙区は極めて非民主的➡低い投票率➡死票が多くなる➡選挙に行っても変わらない・・・の悪循環

 

(これまで私が投じた一票はほとんどが死票になってしまった💦)また自民党一強の今の政治は、推薦がもらえない➡落選 はしたくない。より、安倍政権に力集中する。

 

本当に聞いてよかったと思いました。私の今の気持ちは・・・

やっても無駄、どうせ無理、なんでその政党を応援するの?・・・これでは、私たちが望む政治はもっと遠くなる。野党がと共闘できるのか?そんなことして意味があるのか?その問いは当然です。だって、だからこそ政党をしてそれぞれが存在しているんですもの。でも、今の政治の方向を変える必要があるのは確かです。その為の協力体制は必要です。方向性を改めるために協力して、その後に違いの調整をしても遅くはない。全く別の方向になってからでは遅いのだから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種子法廃止が招く危機!? | トップ | 若葉。花。田んぼ。 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。