オホーツク暮らし

オホーツク管内の北のほう。
地域性を感じる情報発信が出来ればと思います。
近頃は狩猟ネタが多いでごんす。

ヒアリングプロテクション

2017-07-16 19:25:12 | 狩猟
射撃場ではイヤマフ装着など耳の保護は必須ですよね。

所持した初年度、射撃場で使うのに、初めて買ったやつはホームセンターの耳栓。



何でもいいと思って買ったんですが、指で潰して耳に突っ込んで、膨らんでいって、ゆっくりフィットする感じのやつ。装着感も使い心地も凄くいい。

けれど、装着したり、会話したり、装着したり、を繰り返すのが凄く不便で、その翌年かな、



某銃砲店でペルターのショットガナーを購入。



この前見つけたんだけど、別の某銃砲店で7000円で売ってたのね。

サギとは言わないけど、点々々って感じ。

すごく定番なイヤマフだと思うんだけど、軽くていいですね。

不満はないんだけど、猟友会の射撃大会なんかで、会話を聞き取れて、急激な音をカットする、エレクトリックイヤーマフを使っている人がいるんですね。

少々羨ましく思い、けど高いんだよなーー、って思っていたら、アマゾンで4千円くらいで手に入る事がわかったんです。



そしてこの春に、インパクトスポーツのエレクトリックイヤーマフを購入。



ペルターのやつとインパクトスポーツのやつを並べてみる。



電池式のやつはやっぱり大きめで少々重い。

鉄砲を始めるようになって、猟場で耳の保護具なんて装着しないものだから、時々受ける強烈な発砲音の暴露が原因で、凄く大きな耳鳴りと付き合うようになってしまっているんです。

会の人たちも耳はおかしくなっているんですよ。ガサガサするとか。特に左耳が調子悪くなってる人が多そう。

耳の保護は大事だなと強く思うようになっていて、 これ以上悪化させたくないので、今回買った電池式イヤマフを装着して有害駆除をやってみたんですね。

やっぱり安心感が違いますし、何も無しで撃ちたくないと思うようになりました。

んで、やっぱり、イヤマフを装着しての運転は邪魔でして、なにかいい物はないかと物色しましたら、



価格的にも非常に手頃な、ノガ ノイズカット耳栓を発見。

耳を完全に塞ぐんじゃなくて、穴が開いているタイプ。

射撃などが目的の品物ではないので、どんなものか不安もありながら、購入し使用していますが、猟場ではちゃんと発砲音を和らげてくれますよ。その点では全く問題ないです。トンネル型の射撃場なんかはやめた方がいいかなと思う。

装着しながら運転していますが、田舎道を一人で流すので特に問題はなくて、装着感や聞こえに違和感はありますが、随分慣れました。



MOLDEXの完全に塞ぐタイプのも買ってみましたが、こっちは射撃場でマッチしそうですね。

買ったはいいけど出番はないかな・・・。使わなかったけど、出張でカプセルホテルに泊まる時に持っていった。


ノガノイズカット耳栓に紛失防止の紐がついていたら最高だなと思いながら、耳栓タイプの保護具は、今後も良さそうな物があれば試していきたいなと思う。
ジャンル:
アウトドア
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道北射撃場でトラップ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL