emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

2013春ドラマの品定め

2013-04-03 16:14:41 | 2013春ドラマ
来週から春の連続ドラマが始まりますね。
今回の春ドラマは、諸事情により我が家にはTV誌がたくさんあります。
(あの御方がたくさんの雑誌のインタビューを受けているからです 笑)
そのTV誌や番組公式HP等を見ながら、どのドラマを観ようか考えてみました。
(深夜ドラマは、視聴しようと思っている1本のみ書いています。
NHKドラマは今回書いていません)

×月8(TBS)「確証~警視庁捜査3課」(4/15スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
今や一つのジャンルとして確立された警察小説ミステリーですが、今作は、そのブームを牽引している第一人者・今野敏の「確証」(双葉社)が原作の刑事ドラマ。
刑事ドラマといえば、殺人や傷害などを扱う捜査1課が舞台となることが多いですが、今回のドラマの舞台は「警視庁捜査3課」、窃盗を扱う部署です。実際に起こる刑法犯罪の7割は窃盗といわれ、犯人は窃盗のプロであることがほとんど。そんなプロたちと対決するのが、捜査3課のプロフェッショナルな盗犯専門刑事たち。プロのトリックを見破り、事件の動機や犯人の意図を推し量って捜査に繋げる…事件を解決するためには“知識と経験”がモノをいう世界。捜査本部の誰もが無意味な捜査と決め付ける中で、主人公刑事たちは地道に聞き込みや張り込みを続け、事件に対する独自のアウトラインを描き推理し、捜査3課が担当する事案ではない殺人事件などの難事件までも、鮮やかに解決に導いていきます。エリート集団であり花形部署である捜査1課とお互いのプライドをかけて対立し、その鼻をあかしていく過程も大きな見どころです。
☆キャスト:高橋克実、榮倉奈々、設楽統、山本龍二、柳下大、黒川智花、西尾まり、鷲尾真知子、松田悟志、中村靖日、泉谷しげる、中嶋朋子、角野卓造

→番宣を観ていたら面白かったし、高橋さんが民放の連続ドラマ初主演ということで興味はあるのですが・・・。
私はあまり刑事ドラマは観ない人で、HPのイントロダクションを読んでもあまりググッと来なかったので、今回もこの枠はパスしようと思います。


◎月9(フジ)「ガリレオ」(4/15スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
累計発行部数は驚異の950万部を突破した東野圭吾さん原作の『ガリレオ』シリーズ、その原点ともいうべき短編小説集『探偵ガリレオ』『予知夢』(ともに文藝春秋刊)が、前回の連続ドラマでは描かれましたが、今回は『ガリレオの苦悩』『聖女の救済』『虚像の道化師 ガリレオ7』『禁断の魔術 ガリレオ8』をドラマ化。 主演・福山雅治さん演じるガリレオこと天才物理学者の湯川学は、容姿端麗でスポーツ万能、そして頭脳明晰とまさに非の打ちどころなしですが、一方で子ども嫌いで理屈屋といった面を持ち合わせ、まわりから“変人ガリレオ”と呼ばれています。果たして今回は、その明晰な頭脳で超常現象のような不思議な事件をどのように解析し解決していくのでしょうか?
ほかの見どころとしては、大胆な映像表現にも注目。超常現象に近い不可解な事件を抜群の頭脳で解明していく天才学者ガリレオの思考回路を、前回の連続ドラマより進化した映像で魅せていきます。
☆キャスト:福山雅治、吉高由里子、澤部佑、柴崎コウ、北村一輝、渡辺いっけい、大沢たかお

→前作も好きだったので、今回も楽しみにしています。
今回も面白いと良いのですけどね~。


△火9(フジ)「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」(4/9スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
現代劇では初のオール京都ロケによる、旅館を舞台にしたお仕事ドラマ。
松下さんが今回演じるのは、東大卒の財務省キャリア官僚という"超"がつくエリート女子・上羽鴨(うえば・かも)。鴨川が由来のこの変わった名前と同じくらい忌み嫌ってきた故郷・京都の実家であり名旅館『上羽や』の女将を務めていた母の急逝により、急きょ、新米女将に転身。旅館の経営を迫られる羽目になってしまいます。しかも『上羽や』は借金まみれ…!! 鴨は必死に努力して手に入れた自由と成功を手放して家業を継ぐなんて! と憤りながらも、東大卒の財務省キャリアという頭脳があれば、旅館の経営なんてすぐに上向きに! と意気込むのですが…。
ハラハラ&ドキドキ…手に汗握る女将の奮戦記を、これまで見たことのないような、スピード感あふれつつも、京都の奥深い旅情とほっこりする心情をたっぷりと感じさせる演出で描いていきます。
☆キャスト:松下奈緒、椎名桔平、若村麻由美、堀内敬子、大東駿介、高杉亘、小柳友、笹野高史、伊武雅刀、市毛良枝、松平健、かたせ梨乃

→キャストに興味があるのと、全編京都ロケというのに興味があって、観ようかな~と思っています。


△火10(フジ)「幽かな彼女」(4/9スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
主人公は、情熱を失いかけた中学教師・神山暁(香取慎吾)。教師生活12年。“過去のある問題”をきっかけに、生徒個人の問題には深入りせず、無関心でいることを心掛けている。また今どきの生徒たちも、教師には“適度の距離”を求めている。そんなドライな今どきの中学校。表面的には何の問題もないように見えるのだが・・・事件は親や教師の目の届かないところで起きていたのだ!
そんな無気力な神山暁には、実はある特殊能力があった。そう、視えるのだ・・・。2013年春、転勤に伴い引っ越してきたマンションには、すでに住んでいる女性(?)がいた。彼女の名前は「アカネ」(杏)。彼女は超無邪気で超おせっかいな幽霊(地縛霊)だったのだ!
“不登校”、“経済格差”、“体罰”、“いじめ”、はたまた“教師の離職”・・・現在の中学校を取り巻く様々なリアルな問題を、人間と幽霊の垣根を越えたありえないコンビが解決していくハートフル・ラブコメディ!
☆キャスト:香取慎吾、杏、前田敦子、北山宏光、濱田マリ、佐藤二朗、嶋政宏、真矢みき

→内容に全く興味が沸かないので観ません・・・と思ったけど、キャスト名を見ると、確実に評判にはなりそうですよね・・・
ということで「観ません」と言い切らない方が良いのか少し悩んできました
でも、幽霊が怖いというのではなく、幽霊というものに興味がないので・・・。
火9次第かなぁ。とりあえず録画して、評判を観て判断する??(それ位、内容には興味が沸かないんですよ


×水9(テレ朝)「遺留捜査」(4/17スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
事件現場に残された「遺留品」、被害者が残した「被害品」が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う刑事・糸村聡(上川隆也)は、その優しさに溢れた行動、そして超マイペースで空気を読まない不思議キャラで、瞬く間に視聴者から愛される存在に!
そんな愛すべき刑事・糸村の姿をまた見たい、という声に応え、前シリーズ終了から約7カ月という異例の速さで『遺留捜査』が戻ってくる! 放送枠は第1シリーズ放送時と同じ水曜21時枠、ドラマの舞台は第2シリーズに引き続き月島中央署となる。前シリーズでは舞台を警視庁捜査一課から下町・月島の所轄へ移すことで、江戸情緒と都会的雰囲気を加味。糸村の人間味あふれる優しさ、そんな彼が解き明かす事件の裏に隠された真実など、ハートフルでホロリとくる『遺留捜査』の世界観を大いに盛り上げた。新シリーズではその持ち味はそのままに、所轄という制限された立場でも必死に遺留品から真実を追い求めていく糸村の姿を、より丁寧に描写。視聴者の心をさらに揺さぶる骨太ドラマを展開する!
☆キャスト:上川隆也、斉藤由貴、八嶋智人、岡田義徳、正名僕蔵、眞島秀和、波岡一喜、甲本雅裕、西村雅彦、三宅裕司

→このシリーズは未見なのと、それほど刑事ドラマを観る方ではないので、今回もパスしたいと思います。


△水10(日テレ)「雲の階段」(4/17スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
過疎の離島で医師不足に悩む診療所に勤める事務員・相川三郎。「アッペ(虫垂炎)をやってみるかい?」三郎は、所長の指導の下、メスを握った・・・。違法と知りつつ、持ち前の手先の器用さと真面目さと勘の良さで様々な治療を覚えていく三郎。島の人々も彼を「若先生」と呼び始める。「島から出なければいい」、「これは、人助けだ」。戸惑いながらも自分に言い聞かせ、医師免許もないまま、所長の弟子となり、医師の仕事をこなしていく三郎。
診療所の看護師・鈴木明子は、無資格医にもかかわらず医療に従事する三郎を愛し、支えぬく決意をした。そんなある日、大病院の令嬢・田坂亜希子との出逢いが三郎と明子の運命を変える・・・
☆キャスト:長谷川博己、稲森いずみ、木村文乃、萩原聖人、青柳翔、優希美青、キムラ緑子、半海一晃、加賀まりこ、多岐川裕美、大友康平、内藤剛志

→何だかドロドロしたニオイがプンプンとしていますが(笑)
少し気になるのと、キャストに興味があるので、何話か観てみようと思います。
感想を書くとしたら翌日以降になります(夜10時以降のドラマは、私は週末以外は翌日以降に書いています)。


×水10(フジ)「家族ゲーム」(4/17スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
 『家族ゲーム』は本間洋平原作のすばる文学賞受賞作品で、かつて映画化・ドラマ化された名作。原作から30年後、新しく生まれ変わった2013年版『家族ゲーム』が、連続ドラマになります。変人で突拍子がなく、どこか陰のある魅力的な家庭教師・吉本荒野が、他の家庭教師とは全く違う方法で、落ちこぼれの中学三年生を、そして多くの問題を抱えたその家族を翻弄していく真の教育と家族のドラマ『家族ゲーム』。かつて映画で松田優作さんが、ドラマでは長渕剛さんや鹿賀丈史さんが演じた家庭教師役を櫻井さんが演じます。
この30年で大きく変わった日本の教育現場、子供を取り巻く環境を舞台に櫻井さん演じる“2013年版吉本荒野”がいかに暴れまくるか? に注目!
☆キャスト:櫻井翔、神木隆之介、忽那汐里、浦上晟周、北原里英、板尾創路、鈴木保奈美

→別に嫌いなキャストが出ている訳ではないのですが・・・。
たぶん私にまだ子供がいないからかなぁ・・・火10と同じく、こういう年代を前面に描いたドラマにはあまり興味がないので、このドラマは観ません。


×木8(テレ朝)「刑事110キロ」(4/25スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
主人公・花沢太郎は、交番勤務から一転、“捜査一課長付き刑事”という異色のポストに抜擢された期待の新人だが、なんと体型も110キロという大型ぶり! 巨体を揺らしながら現場に切り込む異色の刑事役で、石塚英彦が連続ドラマ初主演を果たす…!
主人公・花沢太郎は、京都市内のとある交番勤務の警察官。頼まれもしないのに観光客に道を教えたり、泣いてもいない子どもを「迷子だ!」と保護したり、お年寄りの持つ小さな荷物を無理やり運んだり、一見、単なるおせっかい巡査だ。
しかし、観光客がなぜ道に迷っているとわかったのか…!? なぜ迷子だと見抜いたのか…!? お年寄りの荷物がなぜ“重い”と直感したのか…!? その裏には、鋭い洞察力と人間観察力が隠されていた!
そんな太郎の能力を見抜いたひとりの女が、彼の運命を変えた! その女性とは、京都府警で初の女性捜査一課長となった錦織玲子。とある事件を通じて、その才能を見い出した玲子が周囲の猛反対を押し切って、太郎を“捜査一課長付き刑事”として抜擢したのだ!
☆キャスト:石塚英彦、中村俊介、星野真里、石丸謙二郎、陳内将、井上和香、竹下景子、高畑淳子

→面白そうだなぁ~と思うのですが、8時台のドラマはハードルが高い(まずリアルタイムでは観ることができない)ので、かなりググッとくる内容&キャストでないと・・・
あとは、刑事ドラマは得手ではないため・・・パスかなぁ~と。


×木9(テレ朝)「ダブルス~二人の刑事」(4/18スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
舞台は、凶悪犯罪の頻発する新宿。1日70万人以上が行き交う新宿駅を筆頭に、都庁を構える西新宿ビル群、日本一の繁華街・歌舞伎町など、国際都市の中枢部を抱え、全国一忙しく厳しいといわれる新宿中央署。その管内では殺人、強盗、強姦、誘拐、立てこもり…などなど、多種多様の犯罪が頻発します。
そんな多発する犯罪に対処するために新宿中央署に新たに設立されたのが、刑事課特殊班。警視庁管内から選りすぐりのメンバーを集めて作られた部署ですが、「何事もゼロベースから見直す」が口癖の新宿中央署署長の肝いりで作られた部署であることから「0係」と呼ばれています。しかし、一方で署長が対外的に努力している姿勢を見せるために作っただけ、よって期待値はゼロ、という意味から「0係」となった、という噂も…。
その刑事課特殊班=0係に山下刑事(伊藤)と、田代刑事(坂口)が赴任するところからストーリーは始まります。最初は「選りすぐりの人材」という言葉にご機嫌の山下ですが、実は優秀な人材をどの署も手放してはくれなかった、という実情を耳にして複雑な心境に。
意見が対立することも多い山下と田代ですが、正義を愛する思いは同じ。互いに言い合いながらも最後には協力して難事件に挑み、そこでは強靭なフィジカルから繰り出されるアクションに加え、熱いメンタルがぶつかり合う人間ドラマが展開されます。
ハードな事件のなかで、2人の間に芽生えてゆく“友情”。事件を取り巻く人々との間に生まれていく“人情”。使命を背負った2人が織りなす「ダブルス~二人の刑事」。サスペンス、ヒューマン、アクションが揃った最上級のエンタテインメント作品にご期待ください。
☆キャスト:伊藤英明、坂口憲二、夏菜、内田有紀、近藤芳正、室井滋、杉本哲太、平泉成、橋爪功

→注目のキャストなのでしょうけど・・・でも、私はどちらの方も得意ではなくて


○木9(TBS)「潜入探偵トカゲ」(4/18スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
警視庁の刑事は、特殊なケースを除き、原則的に潜入捜査は許されていない。だが、難事件解決の為、捜査一課の密命で潜入捜査を請け負う私立探偵と助手がいた。これは、並外れた記憶力を武器に難事件に立ち向かうちょっと奇妙な名探偵と、彼に振り回されながらも愛情を持ってアシストするタフでキュートな助手とのコンビが送る、新しい探偵物語である。家族揃って見ることができる、ミステリー&サスペンスをどうぞお楽しみに!
☆キャスト:松田翔太、松岡昌宏、蓮佛美沙子、ミムラ、山本涼介、君嶋麻耶、君野夢真、光石研、吹越満、遠藤憲一、伊東四朗

→後白河法皇と白河法皇と北条時政!!(まだ去年の大河を引きずっている私 笑)
ということで観る訳ではないのですが、番宣で観た松田君と松岡君がちょっと面白そうだなぁと思ったので、観てみようと思います。
刑事ドラマは得手ではないと上で書いていますが、探偵ものは好きなので、まさに興味のあるジャンルというのもあります。
ただ、木10ドラマをリアルタイムで観るので、本ドラマについては感想を書くとしても翌日以降になります。


◎木10(フジ)「ラストシンデレラ」(4/11スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性たち。そんな彼女たちの中には、過労やホルモンバランスの崩れから髪の毛が薄くなったり、男性のような濃いヒゲが生えてきた、という人も少なくないといいます。ある調査(2009年NEC調査)では、25歳~40歳の未婚女性の約6割が「自分がオス化している」と感じるとの統計も! 29歳の時には、「結婚」か「仕事」かで悩めば良かったけれど、39歳ともなるとそれらに加え、「出産」「離婚」「介護」「転職」など様々な選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてくるのです。
そんな不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る“オス化女子”たちの実態をリアルに描き出します。
☆キャスト:篠原涼子、三浦春馬、大塚寧々、遠藤章造、菜々緒、橋本さとし、NAOTO、飯島直子、藤木直人

→キャストがドンピシャ(←死語?)なので(フジッキーのみならず、篠原さんドラマは私はほぼ必ず観る人なので)、必ず観ます
(こうして言わなくてもみなさん既にご存じですよね)。
内容も「オス化女子」ということで、私にも十分思い当たることがあり・・・私、自分はかなりオッサンだと思っている(爆)ので、内容的にもドンピシャ!
フジッキーの役は毒舌で下ネタ好きということですが、またまたぶちまけると私も下ネタは嫌いではないので(話す相手は選んでいますけど、学生時代は結構話してた 笑)、そういう意味でもフジッキーの役は楽しみです(笑)
ただ、リアルタイム視聴はするのですが、10時台のドラマなので、感想は翌日に書きます。


○金10(TBS)「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(4/19スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
これまで、様々な役柄に扮してきた唐沢が今回演じるのは、表の顔は大学教授、そして裏の顔は、伝説の大泥棒「TAKE FIVE」のメンバーという男・帆村正義。正義の口癖は「盗みは人を不幸にする。でも盗むならそこには愛が必要だ!」
「TAKE FIVE」は悪い奴らから大金をせしめる、風変わりなポリシーを持ったちょと憎めない泥棒団。20年前まで父親と共に「TAKE FIVE」と呼ばれる史上最強の窃盗団のメンバーとして泥棒をしていた正義だったが、ある出来事がきっかけで「TAKE FIVE」を引退し、現在は都内の大学で心理学の教鞭を執る大学教授として真っ当な生活を送っている。
ところがある日、謎のホームレスの女から渡されたレオナルド・ダ・ヴィンチの名画の写真をきっかけに、封印していた泥棒としての道へ突き動かされていく―。
正義は5人の仲間を集め「TAKE FIVE」が再び立ち上がる!
☆キャスト:唐沢寿明、松雪泰子、松坂桃李、六角精児、入江甚儀、千葉雄大、福田彩乃、江田結香、阿部進之介、駿河太郎、でんでん、倍賞美津子、稲垣吾郎

→内容もキャストも面白そうなので、観てみようと思います!
倍賞さんがホームレスって・・・他にも色々と楽しみです。


○金深夜(テレ朝)「お天気お姉さん」(4/12スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
近年、ゲリラ豪雨や竜巻、超大型台風や大雪など、さまざまな異常気象が頻発。人々の天気への関心も日々高まり、もはや現代を生き抜くためには“天気”には無関心でいられなくなっているだろう。
本作はそんな“天気”の要素をミステリーの世界に取り入れた、まったく新しい型の謎解きドラマなのだ!
武井が演じる気象予報士・安倍晴子(あべ・はるこ)は朝の情報番組でお天気キャスターを務め、地質学・天文学にまで及ぶ幅広い天気の知識を駆使して警察とは違う視点で事件を解決に導いていく。ただ、一般的なお天気お姉さんとは決定的に違うのは、晴子がきわめてクール…というかむしろ「傍若無人なまでに無愛想」であるということ。『爆弾低気圧女』の異名をとるその、異常なまでに際立った個性が番組スタッフやキャスター陣との軋轢を生む一方で、犯人をとことん追いつめていく…。
☆キャスト:武井咲、大倉忠義、佐々木希、笛木優子、佐々木蔵之介

→私、天気予報とか天気図を見るのが好きなんですよね。
だから、地味にこのドラマには期待しているのですが・・・脚本家が大石静さんということで、吉と出れば良いのですが・・・(「蜜の味」のことをどうしても思い出してしまいますが
武井咲ちゃんも基本的には好きな女優さんなので(「息もできない夏」は脚本がいただけなかったけど、「平清盛」の常盤御前は素晴らしかったと思います!)、今回は良い作品だといいなぁ~と願っています。
深夜ドラマなので、感想を書くかどうかは未定です。


△土9(日テレ)「35歳の高校生」(4/13スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
米倉涼子が日本テレビの連ドラに初主演!土曜9時枠ならではの、全日制高校を舞台にした学園ドラマで、今回、彼女が演じるのは教師ではなく、なんと人生初の女子高生役!?17歳の高校3年生たちの前に、35歳の謎の編入生として現れる!
「親でもない、教師でもない、同級生だから出来ることがある」
いじめ、体罰、不登校、引きこもり、リストカット、自殺…。現在不登校の高校生の数は年々増え、精神疾患で休職する教師も増え続けています。このドラマは、昨今注目されている生徒が自らを格付けしあう「スクールカースト」という制度の中に潜む、高校生たちの闇に真っ向から挑む社会派痛快学園ドラマです。
☆キャスト:米倉涼子、溝端淳平、片瀬那奈、榎本孝明、升毅、横山めぐみ

→うーーーん、内容はそんなに惹かれないのですが、米倉さん主演ということで、ちょっと様子見してみようかなぁと(「ドクターX」は観なかったのですけどね)。
感想を書こうと思う内容だったら良いのですが・・・どうなるかな。


○日9(TBS)「空飛ぶ広報室」(4/14スタート)(公式HPはこちら
☆公式HPより:
美人テレビディレクターと航空自衛隊の元戦闘機パイロットという異色コンビが、考え方も立場も違いながらも、「 幼い頃からの夢を絶たれ、ただ今人生の壁にぶち当たっている 」 という共通点から、お互いに理解を深め惹かれ合い、成長していく姿を描いていく。そして、そんな2人を軸としながら、ひと癖もふた癖もある航空自衛隊の 「 チーム広報室 」 の個性的なメンバーが、ある時は衝突したり、ある時は感化し合いながら、自分たちの仕事への姿勢を見直し、新しい目標を見つけ、プロとしても人間としても成長していくという群像劇も描いていく。
☆キャスト:新垣結衣、綾野剛、水野美紀、要潤、高橋努、ムロツヨシ、桐山漣、渋川清彦、三倉茉奈、前野朋哉、大川藍、桐谷健太(特別出演)、阿部丈二、池内博之、生瀬勝久、柴田恭兵

→キャスト名を見て視聴してみようと思いました(笑)
自衛隊がメインのドラマってどんな風になるんだろう?という興味もあるので、いちおう内容も楽しみです。
水野さんやキャナメさんや柴田さんは、自衛隊の制服が似合いそう!
綾野君は、自衛隊員としては線が細すぎるような気がするけど、役柄によって雰囲気がガラッと変わる方だと思うので、今回はどう魅せてくれるのか楽しみです。
※日曜夜は、10時から「おしゃれイズム」をリアルタイムで観るので、このドラマの感想は書くとしても翌日以降になります
____________

タイトルと曜日のみ抜き出して整理しますと、

×月8(TBS)「確証~警視庁捜査3課」(4/15スタート)
◎月9(フジ)「ガリレオ」(4/15スタート)
△火9(フジ)「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」(4/9スタート)
△火10(フジ)「幽かな彼女」(4/9スタート)
×水9(テレ朝)「遺留捜査」(4/17スタート)
△水10(日テレ)「雲の階段」(4/17スタート)
×水10(フジ)「家族ゲーム」(4/17スタート)
×木8(テレ朝)「刑事110キロ」(4/25スタート)
×木9(テレ朝)「ダブルス~二人の刑事」(4/18スタート)
○木9(TBS)「潜入探偵トカゲ」(4/18スタート)
◎木10(フジ)「ラストシンデレラ」(4/11スタート)
○金10(TBS)「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(4/19スタート)
○金深夜(テレ朝)「お天気お姉さん」(4/12スタート)
△土9(日テレ)「35歳の高校生」(4/13スタート)
○日9(TBS)「空飛ぶ広報室」(4/14スタート)


◎と○と△を合わせると、10本ありますね~。
このうち5本くらいを毎週書けたら良いなぁと思っているのですが、やっぱりドラマの内容次第なので、何話か様子見していこうと思っています。
いつものクールよりも◎や○が多いのですけど、けっこう放送前期待値と実際が違う事が多いので・・・良い方に転んでほしいなぁ。

いつも長々と、そして拙い文章で申し訳ありません。
春ドラマも引き続きお立ち寄りいただけると嬉しいです。
また、お気軽にコメントやトラックバックをいただけると嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!
←web拍手です
1つ前の「2013冬ドラマ 勝手に総括&各賞発表」では、いつも以上に「web拍手」をいただき、ありがとうございました!
これからも、何か「そうだ!」と感じるような記事がありましたら、「web拍手」を押していただけると嬉しいです。

もう少し早くこの記事をアップする予定だったのですが、偏頭痛になってしまいまして・・・。
元々頭痛持ちなのですが、年に数回、いつもの頭痛ではない頭痛(偏頭痛)があるのです
今回は1時間半と短くて済んだのですが、それでもやっぱり辛かったです
そんなこんなで、ここ数日慎重に過ごしています。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013冬ドラマ 勝手に総括&... | トップ | おしゃれイズム 福澤朗さん... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みのむし)
2013-04-03 17:35:07
こんにちは、
春のドラマ迷いますねぇ。
私はガリレオと空飛ぶとお天気とトカゲは積極的に
見たいなぁと思ってますが
あとは一話見てそれから決めようかなぁ~って
思ってます。
なんとなくキャストに惹かれる者の、話の内容が
ちょっと好きじゃないとかキャストに惹かれないとか
いろいろで・・・。(・_・;)
今期もご一緒出来るのがあったらお話しましょう~。よろしくお願いします。
>みのむしさんへ (emi)
2013-04-03 19:31:12
みのむしさん、コメントありがとうございます!

>私はガリレオと空飛ぶとお天気とトカゲは積極的に
おぉ!私もその4本は、今のところ期待値が高いです♪
でも、何話か見ないと分からないですよね~。
意外な所で面白い作品があるかもしれませんし。
私も、あまりハッキリとは書いていませんが、何本かはキャストが惹かれないからどうしよう・・・と思うのがあります(^_^;)

こちらこそ、今期もご一緒できるドラマがありましたら、よろしくお願いします!!
「じぇ!じぇ!じぇ!(‘jjj’)/ 」な作品が作品が多いと良いですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2013年春(4月期)の連続ドラマ一覧 (新ドラマQ)
随時更新中! 2013年4月~6月のドラマ 月曜日 20:00 確証~警視庁捜査3課 (TBS) 21:00 ガリレオ (フジ) 24:28 放課後グルーヴ (TBS) 火曜日 21:00 鴨、京都へ行く。 (フジ) 22:00...