emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

2017春ドラマ 勝手に総括&各賞発表

2017-07-06 20:42:25 | 2017春ドラマ
いつも当ブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます!
3か月に1度の恒例である、私の自己満足の記事、2017年春ドラマ(4~6月期)について「勝手に総括」&「勝手に賞」を考えてみました。

私が完走した春ドラマは、以下の11本です。
 火9(フジ)「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 
 火10(TBS)「あなたのことはそれほど」 
 水10(日テレ)「母になる」 
 木10(フジ)「人は見た目が100パーセント」 
 金8(テレ東)「釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助」 
 金10(TBS)「リバース」
 金10(NHK)「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」 
 土6:05(NHK)「みをつくし料理帖」 
 土8:15(NHK)「4号警備」 
 日9(TBS)「小さな巨人」 
 日10:30(日テレ)「フランケンシュタインの恋」

下の2本は、途中で視聴を中止しました。
 月9(フジ)「貴族探偵」
 土10(日テレ)「ボク、運命の人です。」

ものすごく印象に残る作品というのは ほぼなかったのですが(爆)、そこそこ面白い作品が多くて、そこそこ楽しめた春ドラマ、という印象でした。

各ドラマの総括は下の方に書きますが、まず各賞から発表します!
「アラフォー主婦の気ままで勝手な自己満足」の記事ということで、流し読みしてください!

優秀作品賞 「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」
1話から最終話まで安定感抜群で、毎週とても楽しみに観ていました。

2位は「CRISIS」
迫力満点で良かったし、ラストはアレはアレでいいのですが、後味が悪かったということで、2位。

3位は「4号警備」
警備業界という、今まで知らなかった業界を知ることが出来て、とても良かったです。30分番組ではなくて45分で観たかったです!

4位は「釣りバカ日誌」
安定のバカっぷりと、毎回笑って泣かせるストーリーが健在で、とても楽しかったです。

5位は「あなたのことはそれほど」
6位は「リバース」
7位は「人は見た目が100パーセント」 
3作品とも、前半は“それほど”だったのですが、だんだん面白くなってきたように思いました。

8位は「みをつくし料理帖」
悪くはないのですが、もう少しアクセントがほしいかな。。。

9位は「母になる」
こちらは、前半は良かったのに、後半に失速したような。。。

10位は「フランケンシュタインの恋」
テンポ感が、私にはとても眠たくて、録画を倍速で観ていました。。。

11位は「小さな巨人」
疲れた・・・。ドアップになるたびに失笑しながら観ていました。。。

詳しくは、各ドラマ総括の方で書きます。

優秀主演女優賞 多部未華子さん(ツバキ文具店)
10代の頃の反抗心まる出しの時期~祖母の死を経てだんだんと変わっていく様子が とても自然で、そして近所の人を助け/助けられながら成長していく様子が微笑ましく、代書の神様が降ってくる様は とても神々しく見えて、とても素晴らしかったです!

優秀主演男優賞 小栗旬さん&西島秀俊さん(CRISIS)
ド迫力のアクション と 感情の表現が秀逸で、とても魅了されました!
本当にこういう人がいるのでは、と思わされてしまう位に、役にハマっていたと思います。

次点は、「リバース」の藤原竜也さん & 「釣りバカ」の濱田岳さんでした。

優秀助演女優賞 倍賞美津子さん(ツバキ文具店)
ポッポちゃん目線で描かれているので、中盤まではとても憎々しく見えたのですが、だんだんと「祖母」としての苦悩や不器用な所が見えてきて、一人の「普通の女性」としての部分があることが分かり、隠れていた愛情が見えてきて・・・そんな繊細な姿に、終盤は何度も泣かされました。
圧巻の演技力だったと思います。

次点は・・・「ひとパー」のブルゾンちえみさん、私はとても良かったと思います!

優秀助演男優賞 東出昌大さん(あなそれ)
まさに怪演で、東出君がこんなにハマるとは・・・とビックリでした。
独特のイントネーションが私は今まで少し苦手だったのですが、今回の役はそれが逆にハマっていたような。
女性を一途に愛し、裏切られても愛し、だんだん壊れていき、どこまで壊れていくかドキドキしたけど、最後は爽やかな笑顔に戻って・・・素晴らしかったです。

「母になる」の藤木直人さんも、今までにない役どころで とても良かったのですが、作品自体がアレだったので・・・藤木さんの父親役は、とても見応えがありました!
「4号警備」の北村一輝さんも、今までにあまりない役どころでドラマを引き立てていて、とても良かったです。

主題歌賞 JY 「女子モドキ」(ひとパー)
「CRISIS」「あなそれ」「リバース」「フランケンシュタイン…」の主題歌もとても良くて、ものすごく悩みましたが、これらは主題歌の方が力強すぎる(ドラマの内容を主題歌が上回っている)と感じる事もあったので・・・。
「ひとパー」の主題歌が流れると、毎回ホッとし、ドラマ上のヒロイン3人の不器用な可愛らしさにピッタリの曲調だったのと、流れるタイミングが絶妙でドラマとの相乗効果で3人の事がとても微笑ましく思えていたので、この曲を選びました。


以上、勝手に各賞発表!でした。
_________________

ここからは、放送曜日順に、それぞれのドラマを総括します。

火9(フジ)「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
オリジナルストーリーらしく先の読めない展開で、キャストもみんなハマっていて良かったです。
そしてアクションシーンは、ものすごく迫力があり、とても見応えがありました。
徹底的に美化をしない描き方で、現実世界で起こっている事と少しリンクしている部分もあり、常に考えさせられる内容で、毎回観終わるとズッシリときて・・・こういうドラマ、好きです。
でも・・・もう少し希望のある最後だったらなぁ。。。
まぁ、そういう暗い結末になるというのは脚本家さんのお名前から想像は出来ていたので、それを分かっていて観てたというのはありますが(笑)
不思議な引力のあるドラマでした。

※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

火10(TBS)「あなたのことはそれほど」
始めは それほど興味なく観ていましたが、東出君の怪演が光りだしてからは、それを楽しみに観ていたような(笑)
あとは、普段はキザっぽい役どころが多い山崎育三郎さんが、今回は少しミステリアスだけど「普通にカッコイイ男」だったのが、とても合っていて良かったです(ゲイという裏がありましたがw)。
個人的には、有島君のような男の人は嫌いではなく、一緒に飲みに行くまではしちゃうかも!?(爆)
でも、あんなに美都とズルズル付き合って、何回も寝ちゃっているのに、奥さんに許しを請うて許されるなんて・・・ダメ男すぎです!
仲里依紗ちゃんのだんだんと変貌していく様子も流石だったし、院長役の橋本じゅんさんが大河「直虎」の時とは全然違う、ちょっとセクシーなオジサマが素敵だったし、お母さん役の麻生祐未さんもカラッとしていて・・・キャスト皆さんが とてもハマっていてリアリティを感じ、とても楽しく観ることが出来ました。
涼ちゃんが、最後に ちゃんと自分で みっちゃんの事を振ることができたラストは、本当に良かったです。
話のジャンルが好きではなかったので6位としましたが、終盤は結構楽しく観ていました。

水10(日テレ)「母になる」
オリジナルストーリーで先が読めない展開だったので、序盤は分からないことだらけで興味深く観ていたのですけどね・・・。
3人の女性を描いたドラマなのかと思いきや、別のネグレクトの母親も出てきて、ナウ先輩の母親との話は柏崎家の話と上手くリンクしていたから良かったけど・・・といった感じで、何を中心に描いているのか中盤からブレていたように感じ、とても残念でした。
柏崎家(結衣・陽ちゃん・広)3人の再生を主軸に、麻子との話し合いや別れを もっとしっかりと描いてほしかったです。
演じているキャストが良かっただけに、後半にストーリーが散漫になったのには本当に勿体ないな~と思いました。
個人的には、直人さんがガッツリと父親役を演じている姿が、とても素晴らしくて、陽ちゃんの父親としての葛藤や苦悩や喜びが たくさん伝わったので、その点では とても見応えがあって良かったです!

※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

木10(フジ)「人は見た目が100パーセント」
オシャレに無頓着な理系女子が段々と綺麗になって素敵女子になっていく話だと思いきや、なかなか変わっていかなくて、ジタバタして諦めるばかりで・・・序盤はノリにもついていけず、イラッとすることが多くて、観るのを止めようかとも思ったのですが、
頑張っているのに上手くいかずにもがいている姿に段々と共感できて、応援するような気持ちになってからは、放送日が楽しみになりました。
そして、世に言う「素敵女子」たちも、時間をかけて努力をしているからこそ、ということが分かって、自らを反省したり
オシャレな服やメイク方法等について、私も3人と同じように雑誌やテレビやネットでの特集を見ても分からないことだらけだったり批判的な意見ばかりを持って、自らを変える事をしないでいたのですが、
努力することや頑張ることも時には重要で、そうすることによって自分が変わることが出来たり、その頑張っている姿こそが美しく見えたりするという事が、本作でよく分かりました。
国木田さんは序盤から3人を応援していたけど、最後の方では松浦さんも他の研究員の女性も3人を認めていって応援するようになって・・・という終盤が、とても良かったな~と思いました。
榊さんが、公然と二股である事を認めたのには、かなり衝撃を受けましたけどね
城之内さんにキス&告白をした時には、ものすごくキュンキュンしたのにーーー!!
そんな榊が、城之内のみを選ばなかったことに後悔?を感じるようなラスト近くの表情が、とても良かったです。
そんなこんなで、段々と かなりハマっていったドラマでした。

金8(テレ東)「釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助」
今シーズンは毎回の感想は書いていませんでしたが、観ていました。
ハマちゃんの釣りバカっぷりが健在で、鈴木建設の人たちの早とちりぶりが相変わらず面白く、
「こんなに話が脱線しちゃって、今日一日で話が終わるの!?」とドキドキするのですが、キッチリ毎回円満解決するという脚本力には、毎回感嘆させられました。
ゲスト俳優の方々もノリノリで、特に佐々木課長を誘惑する大地真央さんの回は、笑いが止まりませんでしたwww
バカバカしいけどホロッと来たり、社会をチクリと風刺することもある本作が、これから先も長く続いていくことを願っています!

金10(TBS)「リバース」
湊かなえさん三部作、どれもドラマで観てきましたが、本作は3作目ということで過去作と演出が似ているように感じ、特に序盤は飽き飽きしながら観ていました。
でも、少しずつ事件当日の事が明らかになってきたり、友人たちも新たな事件に巻き込まれるなどしていくうちに、先がどんどん気になってきて・・・
戸田恵梨香ちゃんが黒幕だと分かった時には、思わず「えーーー!?」と声を上げてしまいました。
最終回は、少しクドイというか、流れが悪くて回りくどく感じましたが、4人が許しを請うているのではないこと、でも真実は伝えるべきだとして頑張って広沢の両親に伝えて謝罪をした点は、とてもグッときました。
配役は、とても素晴らしかったと思います。

金10(NHK)「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」
ドラマの内容は、亡くなった祖母に対する様々な思いや苦悩、「跡を継ぐべきか」という葛藤、代書を依頼するお客様の抱える問題など、重い話が毎回描かれていたのですが、
それを上回る柔らかい光や植物、優しいご近所さん、美しい鎌倉の風景、代書を書く時に登場する普段は見慣れない文房具が出てくる時のワクワク感・・・そういったものが重い話を上回り、とても人情味の溢れる温かいお話になっていて、観ていて毎回とても心地よかったです。
そして、先代やご近所さんの言葉には、ためになるもの、書き残したくなるような言葉が多かったのがまた良かったです。
あと、そんな人生の諸先輩方も、いまだに悩むことが多いという事が分かって、少しホッとしたり。
何歳になっても悩みながら、周りの助けを借りながら前に進んでいく姿に、こちらも元気をもらいました。
また、今はすっかりメールやSNSで済ませる事が多くなってしまいましたが、手書きで書くことでの温かみや余韻や想像力をかきたてる力というものを再確認し、考えさせられました。
このドラマに出合うことが出来て、本当に良かったです。

※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 最終話

土6:05(NHK)「みをつくし料理帖」
まだ最終回が終わっていませんが
とても安定感のある、王道のストーリー展開でいいと思うのですが、私としてはもう少しだけ大きな波があってもいいかな~なんて思いながら観ていました。
少し物足りないのですよね・・・。
あと、個人的な要望ですが、森山未來君と永山絢斗君に、もっと話に絡んでほしかったです!!

土8:15(NHK)「4号警備」
30分という通常の連ドラよりも少ない時間ながらも、1話1話が しっかりとしていて、かつ伏線がしっかりと回収されていて、ものすごく濃密なドラマで良かったです!
また、警備会社の警備員という、よく目にする方々だけど、その仕事の内容は詳しく知らなかったので、警察と警備員の違いや、どういう立場の中で仕事をしているのかなどがよく分かって、とても勉強になりました。
そして、主人公の朝比奈と石丸(獅子丸w)のデコボココンビが面白く、お互いの足りないところを自然と補い合っていて、特に獅子丸のドジっぷりには和まされて、観ていて楽しかったです。
色んな人間ドラマが盛り込まれていたけど、それらがうるさすぎることなく、絶妙なバランスで描かれていて・・・脚本&演出力も素晴らしかったと思います。
続きがとても観たいです!よろしくお願いします!!

※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

日9(TBS)「小さな巨人」
うーーーん、面白く感じたのは第1話だけだったかな(爆)。
前編も後編も各2時間スペシャルでやっていたら、それなりに面白くなったかもしれないけど、5話ずつにするほどの内容ではなかったような・・・。
顔芸顔のドアップで時間を稼いでいるようにしか思えず、シリアスな場面なのにドアップになった瞬間に失笑していました。
こんなハセヒロさんは観たくなかったな・・・「長谷川さんは、ドアップにしなくても、わざわざカット割りしなくても、迫力満点に出来る人なの!こんな演出にしないで!!」って、TBSにメールしたいくらいでした。
香川さんは・・・ドアップを楽しみすぎっ!
でも、不思議と岡田将生君は笑わずに観れたのですよね・・・岡田君、オジサマ達に囲まれても怯んでいなくて、素晴らしかったです!
やっぱり池井戸さん原作ドラマは、原作が面白いからドラマも面白いのだろうな~と思ったところでした。

※これまでの感想
 第1話 第2話 のみ

日10:30(日テレ)「フランケンシュタインの恋」
ストーリー自体は悪くはなかったと思うのですが、ゆったりとしたテンポ感が私には眠くて眠くて・・・。
倍速で観ていました
「人間ではない生き物が普通の人間に憧れる切ないストーリー」という点で「妖怪人間ベム」や「泣くな!はらちゃん」に似ていたと思うのですが、それら2作品と比べると「切なさ」以外の要素が少なすぎて・・・綾野君の切ない顔、見飽きてしまいました
音楽は「妖怪人間ベム」に似ていて・・・。
もう少し動きのある展開にした方が、ドラマとしてもう少し楽しめたような・・・なんて思いながら観ていました。
川栄李奈ちゃんが元ヤンキーっぽさが出ていて良かったのと、「あまくさにー、き・け♪」の天草さんも観ていて楽しかったです。

※これまでの感想
 第1話 のみ
____________

以上が、春ドラマの総括でした!

その他に、
NHKで日曜夜11時に放送していた「火花」も、冬ドラマの総括の所で「ハマっている」と書きましたが、最終回まで とても楽しみに観ていました。
主演の林遣都君も良かったけど、神谷を演じている波岡一喜さんがホント素晴らしかったです!
最後の温泉の部屋での神谷の姿は、ストーリー的にはとても切ないのに、絵的にはものすごく笑えるという・・・そんな真逆の感情が交錯していて、秀逸だったと思います!(観ながら泣き笑いしてしまいました)
若者の夢を追う姿の美しさ、勢い、でも上手くいかなくなってきた時の切なさや寂しさ、諦めたのに やっぱりやってしまう・・・そんな葛藤が しっかりと出ていて、とても引き込まれました。
門脇麦ちゃんも、世界観にとてもマッチしていました。
原作を読んでいなかったけど、文庫本が出たようなので買って読んでみようと思っているところです。

朝ドラ「ひよっこ」は、そこそこ楽しみながら観ていますが・・・
私としては、「あさが来た」とか「あまちゃん」のような、もっと元気のいいドタバタの方が好きかな。。。
朝が弱いので、朝はもう少し元気が出るドラマの方がいいかも、です。
感動する場面がたくさんあって、考えさせられたり、ホッコリも出来る、いいドラマだとは思うのですけどね。
まったりと見守っています(*´ω`)

大河ドラマ「おんな城主直虎」は、だんだんと面白くなってきたかも、です。
直虎に当主としての落ち着きが少しずつ出てきて、「民のため」「井伊のため」に考えて、周りからも一目置かれる存在になってきて・・・。
そんな直虎ですが、「頭」こと龍雲丸に心を動かされたり、そんな直虎を見てザワザワする政次の姿など、そちらの恋模様も結構楽しみながら観てたりしています(笑)

スペシャルドラマでは「家売るオンナSP」が、相変わらず面白かったです!
またスペシャルで復活してほしいな♪
____________________

6月後半に実家に帰ったり、
台所のガスレンジを入れ替えるのを機に大掃除をしたり、
愛しの藤木さんが大忙しのご活躍なので、ファンの私も雑誌にwebにテレビにと忙しく、
ポケモンGOは大規模アップデートでレイド戦が始まって、バンギラス相手に2回撃沈するなどバトルの方も そこそこやっていて、
なんだかあっという間に7月になってしまい、この記事を書き終えるのに時間がかかってしまいました

7月も色々と予定が入っているので、更新が滞ることもあるかもしれませんが、面白いドラマの感想は書き残していきたいと思っていますので、引き続き見守っていただけると幸いです。

最後になりますが、これまでコメントやトラックバック、web拍手、ツイッターやメールで声を掛けていただき、ありがとうございました!!
短い一言でも、ツイッターでのリプやファボも、とても嬉しかったです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!
←web拍手です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  2017夏ドラマの品定め | トップ |  Athlete Beat #158 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。