emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

視覚探偵 日暮旅人 最終話

2017-03-21 16:57:06 | 2017冬ドラマ
最終話(第9話) 「涙と衝撃の結末!!」

政治家・雪路照之(伊武雅刀)は息子・雅彦(濱田岳)を撃ってしまうし、
鶴田亀吉(上田竜也)はリッチー(北村有起哉)を刺してしまうし、
かなりの血が流れましたが
日暮旅人(松坂桃李)に「家族」たちの声が聴こえるようになり、最悪の事態までは踏みとどまって、笑顔で暮らすことが出来るようになったエンディングになり、とてもホッとしました。

一昨年のスペシャルドラマでは ほのぼのとした部分が多くて、そっちの作風の方が私は好きなのですがね~。
原作を読んでいないので、連ドラで こういうテイストになるとは思いませんでした。
ほのぼの と シリアス が混在していましたね。
最終回は、ちょっとバタバタに見えましたけど


雪路照之を悪者のままにしても良かったのではないかなぁ?
「悪い奴にしかできない正義もある」ということで、不正で得たお金で弱者を救済していたみたいな事をちょろっと匂わせていましたが・・・。
でも、そのためにジャーナリスト・山田快正を死に追いやったり、山田手帳を取り戻すために手段は選ばない感じでしたし、長男は死んだことにするし、次男・雅彦には直接銃を向けるし・・・
やっぱり同情の余地はないかと。


ロストを吸ったリッチーが、旅人から黒や紫の怒りの感情が見えた時に、まさか「こういうの、もっと早く知りたかった!アンタが羨ましい!」「地獄で自慢しよう」なんて言うとは思いませんでした
でも、旅人から次第に「愛情」による美しい光が出てきたのを見て、どう思ったかな?

メールを着信するとケータイから光が出るというのにはビックリしましたが、とても感動的なシーンになっていて良かったです!
旅人の幼少期の思い出の歌が、旅人に「生きる決意」を持たせてくれたようですね。
自分の事を家族のように心底心配してくれる仲間の存在に、そして愛情に気付くことができて、本当に良かったです

復讐心を上回る「愛情」を知ることが出来た旅人は、聴覚を少しずつ取り戻しているようですね。
山川陽子(多部未華子)が「この世界の全ての人の声が、日暮さんに届きますように」と言っていましたが、そうなるといいなぁ。


「ほのぼのメインだけど、ちょっと闇取引もしてしまう」という感じの続編なら、また観たいです!
←web拍手です。
※これまでの感想
 第1話 第2話 第3&4話 第5話 第6話 第7話 第8話
※公式HP(こちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Athlete Beat #142 | トップ |  カルテット 最終話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。