emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

嘘の戦争 最終話

2017-03-15 13:45:54 | 2017冬ドラマ
最終話(第10話) 「復讐劇完結!華麗なる詐欺師 最後の嘘と真」

楓(山本美月)のいる小屋が爆破された時は、「マジックショーあるある」みたいな感じで楓が死んでいることはないだろうとは思っていたのですが、
晃(安田顕)が一ノ瀬浩一(本名:千葉陽一/草彅剛)を刺した時は「うわっ!晃兄さん、やっちまったか!!」と思い、「ええっ!バッドエンド!?」と すっかり騙されてしまいました
晃の精神不安定な状態が、所々で画面に出ていましたからね。
晃は、30年前に自分が殺人事件に関わったことについての報いを受けなければと、気に病んでいたのですね・・・。
隆(藤木直人)も楓も騙されていたけど、最後は三兄妹が笑顔になり、
二科興三(市村正親)は謝罪をして絶望を味わい、
実行犯・六車(神保悟志)は逮捕されて、
こんなに最後までドキドキしながらもスッキリとしたラストのドラマは、久しぶりだったように思います!
大満足です


「興三」と「六車」を最後まで悪者として描いてくれたのも、スッキリと観ることが出来た要因だったのかも。

浩一は「詐欺師が人を殺してどうする。生きてる人間しか騙せないのに。詐欺師は詐欺師らしいやり方で30年前を終わらせる」と言っていたし、
隆も、非合法な手を使ったとしても死人は出さずに解決したいと奔走していたのに、
興三は、隆が席を外すやいなや「始末させろ!一ノ瀬と証拠を持つ人間も!」と

隆は、会社を守るために手術支援ロボットのデータを取り戻したいものの、二科家はどうなっても仕方がないと考え、
浩一の「会長とカタをつけるまでは死にたくない。捕まる気もない」という言葉を信じて、警察には知らせずに浩一の言うとおりにしていたのに、
興三は、謝罪はするものの、浩一の父・豊(迫田孝也)は金がもっと欲しかったのではと侮辱し、
秘書・七尾伸二(姜暢雄)を使って通報

・・・悪役を演じている市村さんと神保さんがまた名演で、本当に憎々しく見えて、素晴らしかったです!
興三が楓を思って号泣する姿はとても悲しみに満ちていてググッときましたが、これも浩一が30年前に味わった苦しみと同じだと思うと同情するわけにはいかないという思いにも駆られて・・・。
でも、CM明けで楓が実は死んでいないと明かされたら、一気に「興三、しばらくそのまま悲しみに暮れてろ!」って思ったりもし
本当に絶妙な脚本・演出・キャスティングでした


百田ユウジ(マギー)とカズキ(菊池風磨)は、前回の終盤で浩一を裏切ったのに、
舌の根の乾かぬ内に浩一に再び協力して、六車の逮捕に成功!
そして、崖から落ちた浩一を救うなどの協力をしたのに、
カズキはユウジを裏切って手術支援ロボットのデータを改ざんして使えないものにし、
浩一は行き先を告げずに姿をくらます・・・
最後の最後まで軽やかで鮮やかな手口・流れに感服でした。
(それにしても詐欺師の世界は怖いですね。
「詐欺師は騙したり騙されたり。済んでしまえば恨みっこなし」が今回も


浩一が楓の病院に行って、涙を流す楓の頭を優しく撫でたシーンが、とても愛情を感じて素晴らしかったです
そして、楓に「ごめんな」って言う事ができて、良かったなぁ~、と。
浩一も楓も、お互いに今でも好きなのですよね・・・。
結ばれなくて切なかったけど、やっぱり過去の事件が事件なだけに仕方がないですよね


あとは、浩一と隆の空港でのシーンが、とても良かったです!
浩一が隆に経営再建について「やれるだろ、アンタなら」と声を掛け、
晃の裁判については「頑張ってもらえよ、優秀な弁護士に」と言って微笑みを浮かべてエールを送り、
「アンタだって同じだろ?
 奥さんや桜ちゃんに真実が言えるか?
 俺が一体なんで二科家に近づいたのか?
 30年前に何があったのか、全部正直に言える?
 同じだよ。
 嘘のない奴なんていない。
 けど、嘘もつき続ければ、一つぐらいは本物になるかもな。
 一ノ瀬浩一は死んだ。
 復讐に囚われた男は消えて、別の人間になれるかも。
 だから俺はつき続ける。
 嘘が嘘じゃなくなる、その日まで」

・・・ずっと浩一の復讐を望む姿ばかり観ていたのですが、やっと復讐から解き放たれた浩一の表情は優しくて、
でも、詐欺師らしく少しズルそうな表情もあって、その按配がまた絶妙で素晴らしかったです!
そして、浩一と隆が、こんな風に「何事もなかったかのように」笑顔で別れる姿が実に爽やかで、それが全く違和感なく観る事が出来たのがまた素晴らしく、
ストーリーと共に、草彅君も直人さんも役にハマりきっていたからこそだったのかな~と心底思ったというか。
それぞれの信念に従ってバチバチと火花を散らし合っていた二人が、こうして笑顔で会う事が出来るようになって、本当に良かったです!!

浩一は、復讐以外の物は、本当に何も望んでいなかったのですね。


最後にオウムちゃんが「地獄に堕ちろー」と言っていたのも、可愛らしくて・・・
爽快感のあるラストで、本当に、本当に良かったです!!


全話を通じた感想は月末までに書きたいと思いますが、
脚本・演出・キャスティング・音楽・・・全てが素晴らしいドラマで、観ることが出来て本当に良かったです!
素敵なドラマをありがとうございました!!
_______________

最後に、直人さんについて少しだけ。

熱量のある場面が多くて、どれも良かったのですが、
特に心に残ったシーンは
「興三が、楓が死んでしまったと号泣している時に、楓の死亡と浩一への憎しみで隆も涙をポロポロと流すシーン」
でした。
直人さんがあんなに涙を流すのは、ドラマでは珍しくて・・・(「ドラマでは」
素敵な役に出会えて良かったですね・・・カンテレさん、本当にありがとう!!って、改めて思いながら観ていました。

ブルーレイ、トートーバック付きじゃないのを買おうかな♪
直人さん出演ドラマで良い作品のものは、買うことにしているので・・・
できれば特典映像に直人さんが多いと、なおいいな
←web拍手です。
※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
※公式HP(こちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  視覚探偵 日暮旅人 第8話 | トップ | カルテット 第9話 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。