emitanの心にうつりゆくもの

日常のこと、テレビドラマのことなどを中心に・・・

カルテット 第9話

2017-03-15 19:51:40 | 2017冬ドラマ
第9話 「なりすました女、衝撃の告白!!カルテット涙の別れ」

うーーーん、最終回の1話前なのに、話があまり進まなかったので、ちょっと勿体なかったかな。
でも、じっくりと見せてくれた感はありました

早乙女真紀を名乗っていた松たか子さん演じる女性「山本彰子」の過去について、少し分かりましたね。
・富山市出身
・母を10歳の時に事故で亡くす。
・母の再婚相手である義父に引き取られたが、日常的に暴力を受けていた。
・義父は、事故の相手に2億円の賠償金を請求し、彰子にバイオリンを習わせ、大学にも行かせていた。
・彰子は、平成15年に300万円で戸籍を入手し、失踪。
・彰子が失踪したのと同じ頃に、義父は心不全で死亡。

それを知った元夫・幹生(宮藤官九郎)と元義母・鏡子(もたいまさこ)は、真紀の事を信じていて、
「カルテットドーナツホール」の3人も、詳細は知らないにもかかわらず真紀の事を信じていて・・・
そんな5人の姿に、とてもジーンとしました。
あと、真紀が家庭に入りたかった理由が、幹生にやっと分かったシーンも、とても良かったです


真紀の過去の真相は、どうなのでしょうね?
単に、戸籍を購入していただけなら、「公正証書原本不実記載」と「有印私文書偽造」で捕まるだけだけど、
義父の死とは関係があったのか、どうなのか!?


真紀が軽井沢にバイオリンを取りに来て、また週末に4人が「カルテットドーナツホール」として音楽を奏でる日々が戻ってほしいな・・・
←web拍手です。
※これまでの感想
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
※公式HP(こちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘘の戦争 最終話 | トップ | Athlete Beat #142 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。