暇人おじさんのにゃんにゃんブログ

飲水思源、水を飲みて源を思う、今日も本物を求めて一万歩

ドイツ旅行18-3 アルザス博物館

2017-07-23 12:59:29 | 旅行
次はアルザス博物館、
こちらは水路巡りの乗り場の川辺にあり、古い家屋を博物館に改築して使っているようで、
一見博物館には見えませんでした。

中庭はこんな感じ。



考古学博物館が、古代アルザスの様子を見せてくれる一方、
こちらは少し飛んで近世アルザス民族の生活様式を見せてくれて、これも大変興味深く見学できました。

展示はこんな感じ。
昔ブルターニュ地方を旅行したことがあるのですが、その地方の風俗とよく似ているような気がしました。

 

   

  

次は霊柩車、死体はがん桶に入れられてこれに乗せられ、神父を先頭に人々が列を成して墓地まで見送ったのでしょうね。
だいぶ前ですが、会社の同僚のお父さんの葬式に行った時、亡くなった方がかがんだ状態で円筒形の雁桶に入れられ、
しめ縄に紙垂を垂らし清浄に清められているリヤカーに乗せ、皆で列をなして墓地まで運び、土葬されたのに立ち会ったことがありますが、
そんな葬儀を思い出したことです。



これは何に使ったのでしょう。
ドイツのアレマン風お祭りに使われるお面を思い出しました。 

  

こちらはワイン絞り機。
一番右の写真は、ワイン樽の栓です。
日本人が刀の鍔や根付に意匠をこらしていたのを思い出し、どこの国でも同じだなと感心しました。

    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ旅行18-2 考古学博物館 | トップ | ドイツ旅行18-4 装飾美術館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。