ダウンワード・パラダイス

このところ、すっかり文学ブログになっておりますが。

ボブ・ディランのノーベル賞。

2016-10-14 | その他
 いぜんから候補者リストに入っていた、なんてことぜんぜん知らなかったので、ボブ・ディランのノーベル文学賞にはびっくりした。そもそもディランにそれほど馴染みがない。手元にあるアルバムは「ブロンド・オン・ブロンド」だけで、それもめったに聴くことはない。彼の詩をじっくり読みこんだこともない。いま側にあるディラン関連の「文献」といえば、『ロック・ピープル101』(新書館)に収録された佐藤良明さんの短いエッセイくらいである。
 それは簡潔ながらも中身の詰まったいい文章だけど、あくまでもロック史の文脈のなかでの解説で、彼の書く詩を文学史の系譜において論じているわけではない(「中西部の生活に密着したバイブルの言葉が、ランボーやブレヒトの言葉と渾然一体になって……」という魅力的なフレーズはあるにせよ)。
 ディランという芸名(?)はディラン・トマスから取ったという説が一般的だ(異説もあるらしい。ちなみにぼくは、ディラン・トマスの詩はけっこう読んだ)。それに「風に吹かれて」をはじめとして、彼の詩が「文学」として高く評価され、アカデミックな研究対象にまでなっているとも聞いてはいたが、しかしノーベル賞となればまた別の次元の話である。とりあえず、ほんとびっくりしました。
 ただ、こんなことは思った。もし「20世紀の詩人の中で、社会にもっとも大きな影響を与えた人は?」というアンケートを取ったら、たしかにディランは上位にくるかもしれない。存命の方にかぎれば尚更である。むろん優れた詩人はいっぱい出たが、いうまでもなくディランは(広い意味での)ポップ・シンガーなのだから、間接的なものまで含めれば、その影響ははかりしれない。早い話、村上春樹がいなくてもボブ・ディランは厳然としてボブ・ディランだけど、もしもディランの存在がなかったら、ハルキさんの書くものは今とはずいぶん変わってたろうということだ。『風の歌を聴け』というタイトルだって、どうなってたかわからない。
 個人的なことをいうならば(まあ個人的なことしかいってないけど)、ぼくはアメリカのビート詩人が大好きなので、そういう点ではうれしかった。仮にディランを文学史のなかに位置付けるならば、それはやっぱりビートニク系詩人ってことになると思うから。ケルアックやギンズバーグが生きてたら、彼らにも受賞の可能性はあったんだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋のような。 それともある... | トップ | 『君の名は。 Another Side... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。