の~んびり ゆっ~たり釣り遊び

 青い海で釣り糸を垂れる至福の時を大切にしたい。
釣果もそれなりに期待しつつ胸膨らませて船を出す、気ままな釣り日記

ヤバイ状態

2016年10月16日 | 日記

10月15日(土)天気 曇り後雨 気温20℃ 南東の風 

       大潮 波高 0.5m後2.0m  水温 ℃

 出港10時20分  帰港13時30分 

釣果 チダイ33cm
     
 ほぼ二週間ぶりの釣行だ。

 天気予報は終日晴れで、波も穏やかで朝方が昨日の波の余波が少し

あるかな?程度で明日に比べれば風も弱いと言う予報だ。

 今日からカミさんが三泊四日の旅行で不在だし、天気は良いという予報だし

畑もやることはやってあるし何の憂いもなく出港出来ると言うものだ。

 カミさんの出発を見送ってから10時20分過ぎいそいそと船を

出したものの、晴れの天気予報にもかかわらず一向に晴れない。

 ま、そのうち晴れるでしょ、とのんびり構えてポイントに向かうも

なんとなく不安がよぎる。

 ポイントに着いた時は風も弱く流れもあまり無いので、餌釣りよりは

鯛ラバがいいかも、と鯛ラバを出す。

 大物が何度も釣れている場所なので期待を込めて仕掛けを降ろし

巻き巻き、降ろしを繰り返す。

 しかしさっぱりアタリも出ず反応も無い。

 一流しで諦め、さらに沖のポイントに移動する。
 
 この頃から次第に風が出て来て、黒い雲が近づいて来た。

 流れが速いので餌釣りに切り替えて間もなくアタリが出た。

 真鯛のアタリでは無く餌盗りか、チダイか、という感じだ。
 
 タイミング良くアワセも決まり針掛かりしてくれたので電動リールで

巻き上げるが、途中で止まったり電源が切れたりでどうも調子が悪い。

 前から調子が悪くて修理に出そうかと思っていたが、前に出した時は

メーカーから、異常ありませんと返されたのだ。

 だからちゃんと見ろよ!って言いたいけどね。

 で、途中から手巻き・巻き巻きで上がって来たのは尺オーバーのチダイだ。

 風が次第に強まり、西の方から黒い雲がどんどん近づき、とうとう雨が

降って来た。

 黒い雲の更に西には晴れ間もありこれを凌げば雨も止んでストレス無く

釣りが出来ると思っていたが、はるか向こうに竜巻も登場し、怪しい

雰囲気が漂い始めた。

 そして波もとうとう2m位の高さになりヤバイ状態になってきた。

 あの晴れ間が来る前に強風や高波で沈没したらこっちが鯛の餌に

なりかねい。
 
 電動リールも調子が悪いし、ここはきっぱり諦めて帰った方がいいかなと

撤退を決断する。

 高い波を慎重に乗り切って帰港したが、ここも雨が降った後だったらしく

多少濡れている。

 1時半でこれから家に帰ってもしょうがないみたいなところもあって、

普段十分にやれていないボートの汚れ落としをすることにした。

 結局チダイ一尾で終わった今日の釣行は何だったのかという感じだ。

 こんなに予報が当たらなかったのは前回ほめすぎたからかな?

 天気予報をあちこち見まくって外したのはまだ読みが浅いということか? 
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドーパミンが大量に出ている... | トップ | あと何回? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む