の~んびり ゆっ~たり釣り遊び

 青い海で釣り糸を垂れる至福の時を大切にしたい。
釣果もそれなりに期待しつつ胸膨らませて船を出す、気ままな釣り日記

◎少し興奮気味に

2017年06月30日 | 日記
◎少し興奮気味に
6月29日(木)天気 晴れ 気温25℃ 南東後北西の風 

       中潮 波高 0.2m  水温21.0℃

 出港9時10分  帰港16時20分 

 釣果 真鯛40cm、足の裏1、手の平1 計3尾
   釣友:32cm、30cm、足の裏1、チダイ手の平1、ホウボウ大1計5尾

 晴天の日が続き、朝晩は風が穏やかながらもなぜが日中に風が強い日が

多くて、一日延ばしにしたらとうとう4日も後ろに下がってしまった。

 今日は釣友も誘って鯛釣りに。

 そろそろ大物が釣れてもいい時期なのになかなかめぐり合えない状態で、

「今日こそは!」の気持ちで 午前9時10分出港。

 45分ほどでポイントに着く。

 風も穏やかで爽やかな風が気持ちいい。

 10時35分、釣友にアタリが出て鯛の引きを楽しんでいる。

 そんなに大きくはなさそうで、上がって来たのは尺クラスの真鯛。

 その後すぐ私にアタリが出て、ズィーと餌を引っ張る。

 焦らずもう一度のズィーを待ってアワセると掛かったが、アタリが勢い

良い割には引きも弱いし、重さも感じられない。

 ハハー、こりゃぁチダイかな?・・・・上がって来たのは手の平

サイズの真鯛だった。期待持たせるような引きをしやがって・・・・。

 11時過ぎ、釣友がまたアタリをとらえてリーリングしているが

上がって来たのは30cmを超える結構大きいホウボウだ。

 釣友は鳴き声が気持ち悪いから私にくれるというが、上品な味の

美味しい魚だから持って帰れと勧める。

 11時半過ぎ、釣友がまた何かを釣ったのか竿をしならせながら巻き

上げているが足の裏サイズの真鯛だ。

 12時40分、足の裏サイズを釣り上げるが、期待したような大物の

雰囲気は無い。

それにどうしたことかこの鯛には腹ビレが無い!初めて見た。

12時50分、ようやく手応え十分な、引き味を楽しめるようなアタリに

慎重にアワセ、ものの見事にスカッ!。アッととと・・・・。

 すぐ糸をどんどん出してやるが、さっきのようにグィッーと強い引きは

来ない。敵も感づいて慎重だ。

 そして何やらモゾモゾしたアタリが続いている。

 このままではじり貧で針しか残らない、外れて元々と思いっきり

アワセるとやっと掛かった。

 結構引きもあるし大物というほど重くは無いがやっと鯛らしいやり取りが

出来て少し興奮気味になる。

 上がって来たのは39cmの真鯛(家でちゃんと測ったら40cmあった!)

 14時20分、釣友がまた竿をしならせてリーリングしている。

 上がって来たのは32cmの真鯛だ。

 15時過ぎ釣友が足の裏クラスのチダイを釣り上げる。

 15時15分頃4枚目となる真鯛をヒットさせ、水面近くまで引き上げて、

ハリスを持って抜き上げようとしたら「ポチャッ!」と針から外れて

しまった。ホントにしまったぁー!だ。大きさは足の裏~尺クラス?かな。

 う~む、惜しいっ!あ~ぁ勿体ない!

 結局はこれで今日の釣りはおしまいとなり、15時35分ポイントを後に

する。

 気が抜けたような感じで、帰りの操船は眠くて眠くて・・・・・。

 16時20分帰港。

 あ~ぁ、疲れた。年のせいか長丁場に弱くなったなぁ。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎クイッ だけ | トップ | ◎不完全燃焼気味で終わって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事