の~んびり ゆっ~たり釣り遊び

 青い海で釣り糸を垂れる至福の時を大切にしたい。
釣果もそれなりに期待しつつ胸膨らませて船を出す、気ままな釣り日記

◎グイグイ引き込むこの感触

2017年06月16日 | 日記

6月15日(木)天気 曇り 気温22℃ 南東後南西の風 

       中潮 波高 0.5m  水温18.3℃

 出港9時30分  帰港16時0分 

 釣果 真鯛40cm、36cm、32cm 計3尾
 釣友 黒鯛38cm、チダイ手の平1 計2尾

 約1か月に及ぶ家のリフォーム工事が終わり、溜まっていた畑仕事を

なんとかしなくては・・・・、今日も天気が悪そうだし・・・・などと

マイナス思考で朝PCで天気予報をチェックしていたら、うむ!、今日は

釣りに行けそうな具合だ。

 私もこの1か月、行きたくてパタパタしてたのだから、釣友もきっと

行きたがっているだろうな、だが電話するにしてもまだ午前5時だから

後で電話しようと、7時頃電話をする。

 二つ返事で「行く」ということで、例外的な当日釣行決定と

いうことになった。

 9時半に出港し目的のポイントに向かう。

 途中から雨が降り始め、えっー、予報には無いのに・・・・。

 レーダーにもあちこち降雨の画像が出てきた。ヤバイッ!

 しかし一時的で強い雨にならず釣りは出来るだろうと踏んだ。

 10時30分釣り開始。

 11時、アタリが出て道糸がザッーと出て行く。おっー、来た!来た!。

 強い引きにアワセをくれて、針掛かりをさせる。

 グイグイ引き込むこの感触は昨年の10月22日以来だから感激ものだ。

 上がって来たのは36cmの真鯛だ。やったぜっ!

 何といっても初真鯛釣りはボウズの可能性もあるからこれで一安心だ。

 それにしても流れが無い!。さっきから船がほとんど動いていない!

 12時頃着ていたウインドブレーカーのファスナーを直そうと置き竿に

していたところ、また道糸がザッーと出て行った。この勢いは・・・。

 しまったっー、とあわててアワセをくれたが、ものの見事にスカッ!

 おかしい、タイミングは完全に合っていたはずなのに・・・・。

 仕掛けを上げて見ると餌の青虫が3本、ハサミで切ったようにきれいに

同じ3センチの長さで残っているではないか。

 クソッ!餌だけを齧ったまま走りやがったのか。

 喰い直したもう一度の引きでも十分間に合ったのだ。

 しかしそれは結果論だ。あのシチュエーションではアワセをくれないと

いう選択肢は・・・今更何を言っても後の祭りだ。

 1時半前頃、釣友にアタリが出てチダイが釣れた。もうチダイが釣れるなんて

水温が高いのかな?

 この後、私にまたアタリが出た。

 さっきよりは少し控え目ながらも真鯛のアタリで、上がって来たのは

尺クラスだ。

 2時過ぎ、釣友にまたアタリが出たが、これは期待が持てそうな引きだ。

 釣友は慎重に引き味を楽しみながら巻き上げている。

 上がったきたのは黒鯛で、38cmもあったが、真鯛でないのに少し

がっかりした様子だ。

 3時10分納竿の予定でいたが、3時、強烈な引きが来た。

 さっきの轍は踏むまいと、慎重にアワセのタイミングを図りつつ

アワセをくれたが、ものの見事にスカッ!とジャパンだ。

 あわててすぐ糸を送り直したが喰いついてくれない。

 諦めかけていたところ、モゾモゾとしたアタリが出た。

 外しても仕方がないと半分覚悟をしつつアワセをくれると見事?に

掛かった。

 それからは真鯛の三段引きで竿を大きくしならせながら、時折、道糸を

引き出す強い引きを楽しみながら巻き上げる。

 上がって来たのは40cmの真鯛だ。

 納竿間近だったのでそのまま終了としたが、初物釣りで3枚釣れるとは

思った以上だ。

 しかしポイント移動するたびに時折鯛ラバを試みるも、どうも反応が

無かった。

 やっぱりまだ腕が未熟なのと、活性がそんなに高く無いから餌釣りには

負けるのかも知れない。

 いよいよ次回からは本番の鯛釣りが出来そうな雰囲気になりつつあるが、

念願の記録更新を果たしたい。 
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◎誘惑に負けて | トップ | ◎クイッ だけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む