サンパウロの庶民的生活

わたしの半径1メートル以内で考えたことや感じたことをつづってみようと思います。

今年も旬の香り

2016-10-15 06:50:27 | Weblog

 今年も和食材を田舎の農園からおすそ分けに預かる。
 わざわざお届けしていただいたありがたい食材、ヨモギ&タケノコ。
 ブラジル、サンパウロは季節感のある食材が少ない気はするけれど、和食材に関してはサンパウロの中でも旬の季節が存在する。
 しばらく旬な香りにつつまれて贅沢な時間を過ごせそうなものの、そのために、皮をむき、一枚ずつ葉をちぎり、鍋が小さいので多量の食材に対応できず、何度も湯を沸かしてはあく抜きをして、ほぼ半日を費やす。
 町の暮らしはお金を稼ぐのは大変だけど、お金を出せば購入できるのは、やっぱりあまりにも安易な生活を享受してるんだなと。タケノコもヨモギも土がよければ放っといてもわんさかと育つものだけど、それでも、田舎から食材を調達して、料理に出されるまでの一連の作業をこなしてみると、改めてお金では買えられないありがたや~を感じるひと時に。
「鍋と言えばムケッカ」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサイボール | トップ | 粉屋は儲かる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL