時のそとがわ

毎朝の新鮮な風を頭の方にも通し、なるべく悔いのない夜を迎えたいと思い、日々感じる事をまとめています。

おばあさん雑記「時のそとがわ」 その866

 | Weblog
その866
★ 15日東京新聞に~「“共謀罪”法案 成立強行は疑惑隠しか」~と。   ←まさに…~審議時間、衆院でわずか約三十時間、参院では二十時間足らずで…。   
ツィッターには~「政府は何のために存在しているのか。 国民を守るためか。政府を守る為か?」~とか、 ~「共謀罪と特定秘密保護法が組み合わされれば 最強の治安維持が実現するんですよ。」~…などなど。      なかに こんなのも、~ドイツでは「たった一人でも反対できる人間を育てる教育」を目指しているというのを知ってから、このフレーズが私の頭の中からずっと離れない~と。    それから、‘デモクラTV’などでもお馴染み まさのあつこさんのこんな言葉も…~このように自らの都合で暴走する権力こそ、国民にとっては「テロ」である。~  …まさしく!   国民はいつもの様に、すぐに忘れるだろう…安倍政権はきっと、そう考えてるはず。 

★ その865でも書いた…~引く勇気~。 確かに「戦わない」勇気…なんて、とても!受け入れられない!と言う人は多いだろう。 …~双方、戦えば不利になると知りながら、引くに引けなくなって…開戦に~などとも、田岡俊次氏。  最初から降参したら、一体何が起き、どうなるのか…?
まず、侵略者達がしめしめ♪と、あちこちから入って来るかも。   そうなった時の備えは、武器の代わりに 食糧・エネルギーの自給自足を確立して置く事 かな。 (何度も繰り返すが、例の ペシャワール会の緑の大地作りを世界には勿論、ここ日本にも今すぐ全力で広げとく事。)  また日本人の中には、あちらこちらの農業を 技術面でサポートして来た人々がいる。(暮らしを支えるこんな国際的な協力にこそ、お金を掛けるべき。 そしてその為の人材育成にも力入れて)     そして、そんなサポートを 強力に国際的に提供する事で、日本に武力で踏み込もうなどと思わなくなるように…?(ならないかな?  いや、効果はあると期待したい)    
久しぶりに帰国した あるアメリカ在住の日本人が、日本の葡萄の甘さ、美味しさを口にしていた。 世界の農業にも、この日本の“プロ農民♪”は、貢献できるはず♪
本当にくどいが、 金儲け・経済成長より、食糧エネルギーの自給自足を、自国は勿論、世界に広める活動を強力に推し進めること。 農作業の機械化(AI化)も頑張って。 そう、様々な言語も覚えなくちゃね…!   (農繁期♪には様々なチャレンジが出来るだろう♪ 〈…おばさん、科学は遊びの一種 と思っている〉 ここにもおおいに期待したい。)  
さて、 降参…、となれば、領土が奪われる…だろう。 でも、これも何度も言う通り、戦争の度領土が減ったデンマークは今、幸福度世界トップ、同じく領土を失った日本は戦後、高度経済成長…。 また、未だに占領状態が続く日本は、どちらかと言うと例外の方らしい。  伊勢崎賢治さんとマエキタミヤコさんの番組 ヒケシライブでは、 ~普通、戦時占領状態から徐々に、段階に応じて「地位協定」を変えていっている~…とのこと。(←他の国では、「米軍、出てけ!」になると)  だが日本の地位協定は今も尚、準戦時…どころか、ほとんど“戦時”に近い~と。日本の場合、“自分の考えを育てない教育”(特に、政治・世の中の事でおしゃべりできない人作り)がなされてきた事、そして、沖縄に基地が集中している事で気づけもしないでる。
上記の…ドイツの教育~「たった一人でも反対できる人づくり」~…そんな教育がなされなければいけない!と、心底思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おばあさん雑記「時のそとが... | トップ | おばあさん雑記「時のそとが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL