女医EMIのJOY HAPPY LIFE

旅行・映画・イベントなどとにかく遊びが(遊びも)好きな毒舌ママ女医EMIが楽しくすごす毎日のエッセイ。株もはじめました

農園つき古民家 Corot

2016-10-15 21:58:41 | Weblog
今日は英語レッスンのあと、かっぱ寿司に行きました。満腹。

そして、ドライブして埼玉県へ。

向かったのは
「古民家 corot」
埼玉県所沢市山口2040
http://www.corot.bz/

一日一組だからゆっくりできます。

17ー9:00でお泊まりですが、なかなか土日は予約がとれず半年待ちました。この時期残念なことに、着くとすでに薄暗く、、、急いで料理支度しないと、、、という感じなので夏のほうが良いかもしれません。特に我が家は、着いてすぐに、近くのスーパーにピザ用チーズとか肉とか買いに行ったので、、、。

少し曲がればマクドやスーパーもあるのですが、ちょっと小道を奥に入っただけで、田舎の風景が現れます。入口の、大きなうろのある木がはえていて、趣がありました。

収穫体験でししとう3個とピーマン2個を採りました。

その後、買い出し。

ヤギがいるからヤギを見たりもしました。あいりは「メェ~」とヤギに話しかけていました(笑)一度「メェ~」というとヤギも「メェ~」、あいりが二度「メェ~メェ~」というとヤギも二度「メェ~メェ~」。、、、、心が通じたようだ(笑)

ピザ生地は自宅ですでに発酵させてから持参しましたが、とりあえず、パパがお米炊きとピザ釜の火入れを同時進行。その間にママがお米研ぎと豚汁作りとピザの具のカットと風呂湯の準備と布団敷き。あいりも火を吹いて火の番をしたり、じゃがいもを剥いたり、お手伝いしました。

ベーコントマトピーマンチーズピザと蜂蜜チーズピザと豚汁を食べましたが美味しかったです。ピザ窯はすぐ火が消えるので温度が下がりやすく、もう少し長めに焼けばよかったです。お米はちょっと水が多かったのですが、その対策でしばらくむらしたら、水分を飛ばし過ぎて固くなったので豚汁の残りに入れて翌日のおじやにしました。

囲炉裏もあって、鍋に何か入れてあたためるのもできます。が、今回はもう十分疲れていたので、囲炉裏の前(ここも薪を運べばそのまま使えます)で座るだけでおしまいにしました。

最後に五右衛門風呂。今回の目玉が五右衛門風呂とピザ釜だからウキウキ。便利なことに給湯器も併用しました。薪で炊いてもいいし、給湯器で入れたお湯を最後に薪を加えてちょっとだけあたためUPしてもいいし、と言われ、すかさずパパが、楽なほうを選びました(笑)米炊きで使った薪の残りを風呂釜の扉に運び、あとは放置。木の板の上に上手に入るのもなかなか難しい。あいりは小さいし軽いのでいつのまにか板の下に体が入ってましたが、いちから薪で炊いたわけじゃないので、熱くもなくて良かったかも。

お布団は、自分たちでやることになっており、ふとんをひき、シーツをかけて、翌朝も布団をしまってシーツをはがし、あいりが使ったシーツを綺麗にたたみ、押入れ前におきました。

何から何まで自分でやらないといけませんが、トトロに出てくるような趣のある古民家で、部屋も5つほどあり、一棟まるまる貸し切りなので、団体での合宿とかには楽しいと思います。

ちなみに、近くにトトロの森というのもあるようです。

近隣のスーパー:徒歩5分圏内に小さな商店が2件、徒歩10分圏内に大型スーパーが2件。
日帰りプラン(10:00~16:00)、素泊まりプラン(17:00~翌9:00)、それぞれ1組限定での利用。 
素泊まりプランの場合、17:00~翌9:00の間で自然農の収穫体験可能。とったものはくださいます。
素泊まりプランの場合は薪代込みなので、薪を使用するかまど炊飯、五右衛門風呂、ピザ窯につきましては追加料金なしでご利用可能。
食材等は持ち込み+セルフサービス。
古民家の設備については18:00までスタッフによるレクチャーが受けられるようになっており、すぐ隣に事務所があり、裏手がオーナーハウスです。
追加料金が発生するオプションとしては、
・バーベキューコンロのレンタル¥1,500/台
・バーベキュー用の炭販売¥500~
・流しそうめん樋レンタル¥1,500
・餅つき道具レンタル¥2,000
・駐車料金¥300(2台まで無料、3台目以降1台につき)
があります。

ふるさと納税で頂いたチケットなので、我が家は無料でした。お世話になりました。もちつきも頼もうかと思ったけど、時間的にも、そんなに長居しないし、かまど炊飯とピザ窯もあるし、もう無理だと思ってまたいつか、にしました。
 
『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テストDAY | トップ | 無人島へ出発! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。