えみち刑事(でか)の事件簿

大好きな我が家のボストンテリア『ルナ』10歳オカマ・
好きな本・音楽・映画・食べ物等をリポートしてます

お知らせ

えみち刑事はパソコンの前に座っている時のみ刑事になる幻の刑事。 このブログは普段は愛する旦那と愛犬ボストンテリア「ルナ」(2007年2月8日岐阜県生まれのオカマ)をこよなく愛し 東京で一般事務として真面目に働く兼業主婦の書きたいことを つらつらと書き綴ったブログである。

ブスの瞳に恋してる 第8話

2006-05-31 12:03:58 | ドラマ

朝目覚ましじゃなくて美也子に起こされるおさむ
美幸は実家でいつもの家族の生活を見てただただボーっとするだけ

おさむと美也子・・・いい感じすぎ
美幸はショックからなかなか立ち直れないのね


美也子は自分の脚本のドラマの宣伝のために番組に出て欲しいといわれる
元女優だということを隠してなら出演すると美也子は了解する
竹田はズバズバで美也子をゲストで出して欲しいと頼まれる
おさむはその為にズバズバの構成を竹田に頼まれて美也子と向き合うと宣言する

状況を知らない回りに竹田とおさむはふりまわせれっぱなしですね

美幸の芸能プロダクションの人はビーツーに美幸の実家の近くの営業を
持ちかけて美幸を戻らせるように仕向ける

事務所の人やさしいですね、美幸ちはみんなに愛されているから幸せ者ですね♪

美也子の出演に関して企画会議がある
何も知らない松本たちは美也子にコントをしてもらおうと言うが
竹田とおさむはあくまでもトークでいくと切り抜ける

密着取材・・・おさむの家にいるのにそりゃおさむも困りますよね

友美は仕事の合間におさむにメールするが返信は来ない

おさむはちゃんと友美ちゃんに説明しないとだめでしょう!!

おさむたちは美也子も交えて番組の打ち合わせをする
海外での苦労話などを聞きたいと説明すると考えておきますと言う美也子
美也子側のプロデューサーが元女優だということは隠して欲しいという

バラエティ向きじゃない人のトークって難しいですね
たまにゲストでバラエティに出演して大変そうな司会者を見ますが・・・


実家で美幸は妹がズバズバを見て大笑いしている姿を見て
笑いの力に美幸は不思議な魅力を覚えているよう
美幸は母になぜ父と結婚したのか聞くと母は「お父さんの笑顔」だと言う

笑いの不思議な力に気づき始めた美幸!いいぞその調子☆

美幸に会いにビーツーが現れる

なんとか笑いの道を教え込んで欲しい

どすこいラーメンの出前で清水がくる
清水はおさむに話があると言って呼び出す
清水は美幸がいなくなったと言いおさむのせいだと言う
清水はおさむに正直に美幸が好きだと告げる

清水くん・・・かっこよかった☆
私ならおさむじゃなくて清水くんがいいなぁ


ビーツーは失礼なことを言いながら美幸を勧誘する
美幸はビーツーを見て大笑い・・・意気投合
ビーツーは美幸の実家に泊めてもらうことになる
父が帰ってくるビーツーを見てびっくりする
ビーツーは何か辛いことがあるとネタにして笑ってもらうと言い美幸にネタを披露する

これはもう完璧にビーツーのペースだわっ
お父さんはちょっと引いてたけどね

友美は仕事が終わった後メールチェック・・・おさむからのメールはきていない
友美はおさむに「フラレちゃってる?」とメールする
おさむは友美に「会って話しがしたいと」と送る、友美は振られたと確認して涙を流す

なんだかかわいそうな友美ちゃん
車の窓越しに写る友美ちゃんの涙・・・美しかった


ラジオではジューシー中島がビューティフルマインドのMIYUが近々姿をあらわすと言う
美幸はMIYUがどんな人なのかと想像する

いよいよ大島美幸ちゃんの登場かな・・・CD発売してほしいなぁ

美也子との番組の打ち合わせで女優だった話をしたいと言うが
美也子のプロデューサーは自分の企画でやってほしいと言う
おさむは美也子の企画をやめようと竹田に言う
おさむと松本は席を立つ、竹田もこの企画でやってくれる番組を探してくださいと席を立つ

美也子の方のプロデューサーは感じ悪いなぁ、
ズバスバはピンチになったけど企画を勝手に変えられちゃうのは
番組としてもプライドが許さないでしょうからね

ビーツーが司会をするお祭りのイベントを美幸たち家族は見に行く
イベントを見ながら父もおもわず笑う、ビーツーは父親をステージへ誘う
父は最初は緊張していたが途中からは満面の笑顔で「いとしのエリー」歌う
笑いが大好きだというおさむの言葉を思い出す美幸

お父さんいい顔して歌ってたなぁ♪♪♪

最後にビーツーは美幸をステージに誘う
美幸が自分の失恋を漫談で話すと観客は大爆笑!!
美幸は笑いに目覚める、ビーツーの挨拶に加わる美幸

森三中・・・いやいやビースリー結成!
美幸完璧にビーツーにのめり込んでいい感じ

美幸は父にお笑いをやるため東京へ戻ると告げる
父親は複雑な顔をしながらも美幸がいつも笑顔でいてほしい
頑張りなさいと言って東京でお笑いをやることを認めてくれる

いいお父さんだなぁ~また今日も親子ネタで泣けちゃった

おさむは自宅へ帰り美也子に今日のことを謝る・・・少し溝ができる二人
どすこいラーメンに美幸が帰ってくる
ズハズバの企画会議の最中どすこいラーメンの出前で美幸が笑顔でおさむの前に現れる

恋はタイミングっていうじゃないですか
美也子と溝ができつつあるおさむの前に実家に帰ったはずの美幸が登場
ズハズバの救世主としてこれから活躍するのでしょうね

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新婚家庭へ突撃

2006-05-30 12:12:07 | 日記

昨日は会社で仲良しの Mちゃんちへ・・・
Mちゃんは先週入籍したばかりで新婚ホヤホヤ
それなのに私ったら非常識全開でお泊りしちゃいました

旦那さんのMさんは一見ビジュアル系(ガクトっぽい)なのに
瞳の奥を見るととても純情で優しい男性で
よく気の利く(かゆい所に手が届く)タイプの素敵な人でした

新居にはかわいい子猫ちゃんがいて
目に入れても痛くないっていう感じのかわいいネコちゃんでした
篠山バリに床に寝そべってネコちゃんを激写しました

無事にお泊りさせていただいて楽しい夜でした

MさんとMちゃん本当にありがとうね♪

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい携帯が欲しい

2006-05-29 12:07:33 | 日記

私が今使っているのは Docomo D901i シャイニーブラウン  
もう
ドコモのホームページにも載っていない携帯(汗)

購入したのは去年の7月初旬でした
FOMAを買うのはこれが初めてでisシリーズが出て
型落ちで古かったけどスライド式が斬新な気がして
安さに負けて購入を決めてしまいました

それまではNECとSHARPの携帯しか使ったことなくて
初めての三菱電機で、かなり動作がモッサリしていて驚きました
買ってしばらくするとスライド式にも飽きてしまい
機種変したくて仕方なくなりました

とにかく10ヶ月は諦めなくてはと思いとうとう10ヶ月経ちました
しかし夏に902isシリーズ発売になると聞いて待つことにしました

まだ画像でしか見ることができないですが
F902isのイノセントホワイトに心を奪われてます

でもニンテンドー DS Lite買ったばかりだし・・・無駄遣いばかりはしていられない
また型落ち買って後悔したくないし・・・発売までに節約してお金を貯めよう♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼酎 緋緞(ビダン)

2006-05-28 00:22:35 | 日記

先週の金曜日に上海料理のお店で会社のお仲間と飲みました
メンバーの中には2年前に退職した人もいて懐かしい気分で
楽しい飲み会だったのですが、このお店ってサワーとかがなくて
ビールか焼酎(水かウーロン茶でわるしかない)か紹興酒か杏子酒

私はあまりお酒強くないので飲み屋さんに行くと
「カシスグレープ」や「オレンジサワー」なんかを注文するので
このお店では飲めるものがない・・・。
でもここは民主主義のモットーにのっとって最初はビールで乾杯!・・・うーんニガイ

2杯目・・・どうしょう???
何人かは焼酎の水割りを飲み始めたので私ももらうことにしたら
これがとってもおいしい♪
焼酎の名前は『
緋緞』高級韓国焼酎と書いてありました
本当に高級なのかどうかはわかりませんが
私の口にはとってもあってとてもおいしかったです
上海料理店なのに韓国焼酎なのかと思いましたが・・・


「いいちこ」と「JINRO」しか知らなかった私・・・
もっともっといろんな焼酎を飲んでみたくなりました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ニンテンドーDS Lite 買いました☆

2006-05-27 22:16:47 | ショッピング
昨晩隣の奥さんからDS情報のメールが来ました
明日の朝新百合ヶ丘のイトーヨーカ堂で
10時から15分間整理券を配り10時半から抽選会あり
アイスブルー6個エナメルネイビー8個クリスタルホワイト60個だと・・・

これは行くしかないと思い旦那さんに相談して
明日朝起きれたら並んでみようという話になりました
今日の朝旦那さんに起こされて急いで支度をして車で新百合ヶ丘へ

10時ちょっと過ぎに3階の玩具売り場へ到着
ドキドキして列を探してみるとそんなに並んでいない・・・
それぞれの色の看板を持った係りの人がいて
とりあえず一番在庫の多いクリスタルホワイトへ並ぶことにしました

本当はアイスブルーが欲しかった私は
アイスブルーの列に4人にしか並んでなくて
でも15分になるまでは油断できないと思い最後の最後まで
クリスタルホワイトの列にいたのですが

係りの人が15分経過して人数が少なかったので
抽選なしで引換券を渡しますと言ったので
まだアイスブルーが定員に満たしてなかったので
係りの人にお願いしてアイスブルーに変更してもらいました

旦那さんはそのままクリスタルホワイトを購入
ソフトも『脳を鍛える大人のDSトレーニング』と「おいでよ動物の森』と
『英語漬け』を買って帰ってきました

なかなか手に入らない商品を買えたことがとても嬉しくて
こんなに嬉しかったのは『たまごっち』以来だなぁと思いました
帰りに旦那さんは中古ゲーム屋さんで『マリオカート』を買ってました

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

医龍 第7話

2006-05-26 12:09:51 | ドラマ

霧島に先を越されてしまった明真バチスタチーム
それを知ったミキは自分と霧島の関係を藤吉に告白する
藤吉はミキが告白したことをそのまま加藤に説明する
途中からミキも会話に参加する
実はミキと霧島は同じ父親を持つ異母兄妹だった
霧島は正妻の子でミキは愛人の子で、正妻の死後
ミキと母親は霧島家へ住むことになるが
家政婦のようにこき使われ霧島に支配されてしまう

ミキと霧島は昔付き合っていたのだとばかり思っていましたが
異母兄妹だったんですね
でも霧島はミキのこと好きなのかな・・・。


やがてミキは霧島と同じ北日本大学へ勤務するようになる
霧島と同じ医局にいたのが朝田だった
最初はうまくいっていた二人だったが朝田が執刀で霧島が助手の手術で
患者が急変して霧島の的確な指示を朝田が遮り更に的確な指示をして
霧島は朝田にプライドを傷つけられてしまう

子供のように手術室から飛び出して騒ぐ霧島・・・なんかへんなの

そして朝田が邪魔になった霧島は他の医師のミスを
朝田のミスだと嘘の証言して朝田を北日本大学から追い出してしまう

ヒドイよ・・・霧島、フェアじゃないね
ミスした医師役の人『白い巨塔』にも出ていた人だったな

朝田とミキはMSAPへ2年間行き、帰ってきてみると霧島の圧力で
どの病院でも雇ってもらえず行き場を失っていた二人は加藤に拾われた
加藤が自分たちを認めたことが霧島は許せなかったんだとミキは言う
その夜加藤は霧島と待ち合せてなぜこんなことになったか問いただす
霧島は「もう会えない」と別離宣言
加藤は「ライバルだけど本当に愛してた」と言う
霧島はなぜ朝田を・・・と悲しい顔をして去っていく
雨が降り始め加藤は濡れたまま病院へ帰る
病院の少し手前で泣き崩れる加藤に傘を差し出す朝田

そんなに朝田が憎いのかい・・・霧島
もう昔のことは忘れて頑張って教授になればいいのにね
朝田が医師でいることが目障りなのかな
加藤先生かわいそう・・・雨の中ずぶ濡れでボロボロで
でも病院の前で朝田と見つめ合うシーン・・・なんかいい感じに見えた
あんな優しそうな包み込んでくれそうな朝田の顔は初めてみた気がする


朝田は伊集院に荒瀬の過去を調べるように指示
鬼頭は朝田に荒瀬の過去を話す
かつて荒瀬は麻酔の新薬の論文研究チームにいて
新薬の適量をはかる為に何人もの患者を人体実験のように
死亡させながら論文を作りあげた一人だった
これを聞けば朝田がバチスタを諦めてERに来ると思っていた

もっと荒瀬さんの話がメインになると思っていたのに
最後の方にちょっとだけで残念でした
人体実験をやらされている時代の荒瀬さんは
自分のしていることが罪なことだと知りつつ恐怖に怯えて
施術しているようでしたね
それで神経やられちゃったんでしょうね


朝田はそれでも過去は関係ないと荒瀬にバチスタチームへきてほしいと言う
荒瀬は論文に手を貸したくない、参加させたいならなら1000万円だせと言う
朝田は「最高の麻酔医は最高の外科医と組みたくなる」と
荒瀬は「誰が最高の外科医だって」と言うが朝田は「試してみないか」と誘う
荒瀬の顔が変る

むむむ、これはもう完璧にバチスタに入りますね
もう折り返しだし今回いろいろ真相が分ってますますおもしろくなってきました


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友人宅へお泊りしました

2006-05-25 12:18:38 | 日記

昨日は蒲田に住んでいる友人K宅へお泊りに行きました
今週私の旦那さんは出張中なので自由気ままで
友人Kの旦那様も京都へ出張ということでお泊り会決行♪

会社が終わって友人K宅へ・・・
最寄り駅は東急多摩川線の矢口渡駅
駅に到着してしばらく歩いていると信じられないくらいの大量の雨が
ザーーーーーーーーーーーーーーーッ
と降ってきて(こういうのをバケツをひっくり返したような雨というのね)
傘をさしていてもびしょ濡れ・・・明日もこのスカート履くのになぁと思いつつ
急いで友人K宅へ逃げ込みました

タオルを持って玄関で私を迎え入れてくれて
晩御飯も冷し中華を作っていてくれた友人K・・・感謝です
友人Kのお子も晩御飯を我慢して待っててくれて
3人で一緒にディナータイム☆

夜中まで他愛もない話しをして寝る前に

友人K  「明日は何時にでるの?」
えみち  「7時15分くらいにはここを出発するよ」
友人K  「えーもっとゆっくり出ていきなよ、9時に出たら?」
えみち  「だって会社だから、そういう訳にはいかないよ」
友人K  「明日お弁当作ってあげようと思ってたのに・・・」

まあ・・・残念だわ、友人Kは栄養士さんだからそんな人のお弁当を食べたら
最高の栄養バランスのはずだったのに・・・。

今朝キッチンから物音がして目が覚めたら
友人Kがキッチンでお子と私のお弁当をせっせっと作ってくれていた(涙)
ありがとう!友だちっていいなぁ~って思いながら
東急多摩川線→東急東横線→京王井の頭線→京王線を乗り継いで
会社へ到着したのでした

今夜は会社の友人Mちゃんが我が家へお泊りに来ます♪
今週は独身気分を満喫しています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブスの瞳に恋してる 第7話

2006-05-24 00:25:25 | ドラマ

おさむと美也子が抱き合う姿を見て逃げ出す美幸
サマーセーターを持って帰ることができずにどすこいラーメンに置いて
みんなのいるアパートへ帰り「大成功だった」と嘘をつく

見つめあうおさむと美也子・・・おさむのやさしい瞳が印象的だった
美幸健気だよ・・・涙がでそうになりました


ズバットズバットの視聴率があまりよくなくて竹田は悩む
おさむと美也子はメールでやりとりしていて幸せそう
美幸は所属しているタレント事務所に引退をほのめかされる
美幸は不幸続きで笑ってしまい、お世話になりましたと事務所をあとにする

ダメな時ってとことんダメなんですよね・・・
一気に不幸が押し寄せてくる
次の幸せが来る前の準備期間なんだけど
悲しい時はそんなこと理解することできないもの
ダメな時は泣き疲れるまで泣いてしまうのが私の作戦

美也子はおさむに脚本の相談にのってもらう
楽しそうに脚本の案を出し合う二人・・・いい雰囲気

普通に恋人同士って感じですね・・・

どすこいラーメンに美也子が現れる・・・美幸は萎縮する
日野ようじんさんが美也子は女優さんで以前共演したことがあると言う
おばちゃんは美幸も女優だと紹介する
美也子は現在は女優を辞めて脚本家をしていると説明
女優を辞めて脚本家になった美也子に美幸は自分はこれからどうすればいいか悩む

偶然とは言え自分の好きな人と抱き合っていた女性がバイト先に現れたら
やっぱりおもわず手がすべってどんぶりを落としてしまう気持ちわかります
それに輪をかけて美也子が自分の目指していた女優だったと聞いたらショックは倍増


友美は自分の写メをおさむに送る
おさむはあまり関心がない様子

おさむは友美に別離宣言を来週するつもりなのかな?

松本たちがどすこいラーメンに行きおさむにサマーセーターをあげたか聞くが
美幸はあげていないと嘘をつく
清水は美幸が無理をしている姿を見て心配する

いいなぁ~清水くん!いつも影から美幸を思っていて

美也子はどすこいラーメンに行き美幸を見たとおさむに言い
美幸を見ていて脚本の案が浮かんだと言う

美幸って人の想像力をかきたてる不思議なオーラがあるんですね

ホテルで美也子はおさむに「今仕事中?」とメールをする
ファミリーレストランで一緒に互いにノートパソコンを開いて仕事をする二人
おさむは出来上がったコントを美也子に見せる
「毎日こうしておさむの仕事が見れたらいいのにな」と美也子が言うと
おさむはだまってうなづく、美也子はおさむの肩にもたれる

あーもう完璧に元サヤ状態ですね
おさむは即刻友美に事情を説明してお別れしなくちゃいけないはずなのに・・・

美幸は公園で遊んでいる親子を見て父親のことを思い出す
友美は雑誌の取材で仕事は恋人とコメントしつつ寂しい顔
番組の視聴率が悪くて落ち込んでいる竹田をはげますおさむ

みんなそれぞれいろいろ悩んでいるんですね

竹田は美幸のことを心配しておさむにけじめをつけろと言う
おさむは美也子のことばかり考えて美幸のことをすっかり忘れていたことに気づく

竹田さんはいつもいいこと言う!
本当は竹田さんに言われる前に気づくべきなんだけどね

おさむは美幸に会いにどすこいラーメンへ行く
美幸はおさむと美也子が抱き合っていた所を見てしまったと言う
おさむは美幸に正直に美也子は元カノで忘れたことはなかったし
美也子とやり直したいと美幸に告げる
完全に振られてしまう美幸・・・おさむの元を泣きながら走り去る

あーこんな残酷な話・・・悲しすぎるね
でも本当のことを聞いて新しい一歩を踏み出せばいいんだ

どすこいラーメンに戻って泣きながらお皿を洗っていると
おばちゃんに今日は帰れと言い、清水にも後を追わせるために帰れという
清水は美幸を励まそうとするが美幸は泣いちゃうからやめてと言って家へ帰る
部屋でラジオを聴こうとするがラジオの調子も悪い
美幸は翔子たちにおさむに振られたことと女優やめることを正直に書いて
どすこいラーメンへ挨拶して実家へ帰ることにする

おばちゃんのナイスフォローにも清水くん結局うまくかわされて終了・・・
消極的すぎだよ、清水くん
まあそういう優しい言葉にも甘えない美幸がいるんだけどね
今回のジューシー中島のコメントよかった
恋に時間と距離は関係ないって・・・本当ですね
中島さんのラジオ聴いてみたい


おさむの家にはすでに美也子の姿が・・・

あーホテルを抜け出して一緒におさむの家で仕事をしている美也子
幸せそうだなぁ

美幸は急に実家に帰ってきて母親と妹は驚くが父親は何も言わない
テレビの下に父親が美幸の出たテレビを集めたビデオがあり美幸は涙ぐむ
美幸は父親に東京から逃げてきたと正直に話して泣いてしまう
父親はここはお前の家だからいやなことがあったらかえってくればいいとやさしく言ってくれる

何も言わなくても美幸のことを分かっていた父親・・・涙が出ちゃいました

今日は泣きポイントがたくさんあって涙ボロボロでした
中島さんのコメント本当にいいなぁ~最初の頃はなんかクサイなぁって思ってたけど
聞き慣れたのかな・・・とても心地よい感じ
今回の1話からずっとコメントしたものを収録したCDが欲しいなんて思ったりして

どこかのブログに『ビューティフル・マインド』は大島美幸ちゃんが歌っているのでは?と
書いてあって今日よぉーく聴いてみると確かに美幸ちゃんの声に似てたかも

今日もう一度HDDに録画したブス恋7話を見ようかな

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トップキャスター 6話

2006-05-23 12:04:04 | ドラマ
今回は別の局の伝説のアナウンサーに東幹久さんが登場しました
スタッフ全員が黒服にサングラス・・・ギャングみたいでしたね
椿木さんの『ザ・ニュース』の裏番組で報道番組をやるなんて
宣戦布告ってやつですね

紺野ディレクターが東さんの元カノだというのは笑えました
彼女は報道関係者が好きなんですね
昔の彼女・・・水玉のワンピース姿、お嬢さんって感じで今とは全然違いましたね

ビリヤードを知らない椿木さんは卓球みたいに球を飛ばしちゃうし
救世主として現れた結城取締役もビリヤードのビの字も知らなくて
かっこよく登場して・・・このオチですか(汗)

いつも椿木さんの原稿を一生懸命徹夜で作成している
紺野ディレクターの大活躍の巻でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オレンジのメガネ

2006-05-22 12:03:16 | 日記
私は昔から視力がよくメガネいらずの人生を送ってきました

ところがここ数年仕事でパソコンを触るようになり
プライベートでもパソコンや携帯を使ってメールをするようになり
しだいに視力が落ちていきました

まだまだ裸眼でいけますが、リビングのテレビを
ダイニングテーブルで見ようと思うと小さい字がボヤーとする

そこで活躍するのがOWNDAYSで買った7350円のメガネ♪
画像ではわかりにくいのですがフレームはオレンジ色で
フレームり廻りだけ緑色っぽい感じになっていてとってもかわいい

本当はつじあやのさんがつけているような赤いメガネが欲しかったので
お金に余裕ができたらもう1本赤いメガネを買いたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旦那さん海外デビュー

2006-05-21 10:04:22 | 日記

私の旦那さん今まで日本を出たことのない人です
海外がキライとか英語が話せないとかじゃなくて機会がなかっただけ
本当は本人はとっても海外に憧れているのです(特にハワイ)

今回仕事で
韓国に出張へ行くことになりました
本当は6月に行くはずだったのが急に日程がずれて
明日出発になり緊張しっぱなし・・・。

元々腸が強くない旦那さんはちょっとお腹をこわし気味
パスポートを忘れないか、携帯はレンタル出来るか、搭乗手続きが自分で出来るか
不安ばかりが募っていてとてもかわいそう

私も回海外旅行は自分ですすんで行ったわけではなく
会社の旅行で2度(オーストラリアとグァム)行っただけで
詳しくいろいろ指導してあげることも出来ない

『旅の指さし会話帳DS韓国』をプレゼントしたかったけど
うちには本体がないし、本体も売り切ればかり・・・
任天堂さん早く大量に ニンテンドーDS Lite を販売して欲しい

仕事で行くのに昨日旦那さんは新しいデジカメを購入
自分の持っているアナログのライカと同じレンズを使用している
Panasonic LUMIX DMC-FX8 をカメラのキタムラで24800円でゲット
なんだか観光気分も入ってるのかな・・・。

昔買ったデジカメよりも小さくて性能もよくて二人で驚きました(あたりまえですけどね)
私も新しいデジカメが欲しくなりました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダ・ヴィンチ・コード

2006-05-20 12:25:25 | 

いよいよ今日から『ダ・ヴィント・コード』が上映スタートしました

今夜(5月20日)フジテレビで土曜プレミアム特別企画


“ダ・ヴィント・コード”ミステリースペシャル
天才ダ・ヴィンチ最大の謎と秘密の暗号
~モナリザ・最後の晩餐に隠された真実に迫る!~

21時より放送します

私は通勤途中に小説版を読んでいます
文庫本を買ったのですが上・中・下巻がありちょっとぼう然としました

読み始めるとカタカナに弱い私は登場人物の名前を把握できず
なんども最初に戻って「主な登場人物」の欄を見て納得してました
キリスト教に全く無知な私、ルーブル美術館だって
名前は知っているけど行ったことないし・・・
書いていることを頭の中で想像して映像にすることができず
とまどってしまって眠気が襲ってきたり、同じ行を何度も読んだり・・・

ところが主人公のラングドンがソフィーに出会うところからは
展開がどんどん早くなっていき二人で暗号を解きながら物語が進んでいくので
上巻の真ん中くらいからはおもしろくて夢中になって読み
現在は中巻の真ん中くらいまで読みました

映画上映中に読み終えて映画館にも足を運びたいと思います

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

医龍 第6話

2006-05-19 12:02:52 | ドラマ

いよいよ野口教授などが見守る中バチスタ手術がスタート
開腹すると奈良橋の心臓はかなり大きかった
朝田は心臓をとめずに手術すると告げる
心臓を動かしたままの手術は100倍難しいと鬼頭教授


私も展望室から手術を見てみたい、九州のどこかの病院では
手術を撮影しながらリアルタイムで別室にて看護師さんが家族に説明するという方式を
とっているとテレビで知りました。医療ミスがあればすぐに分かりますよね


誰もが朝田の判断に驚いたが誰も止めることはなかった
荒瀬もかなり興味津々で別室でモニターを見守る
朝田の手が止まる・・・目を瞑って心臓を触り続ける


まるでお祈りしているみたいでした

そして「ここだ」と朝田が目を開く、加藤と伊集院へ変性部位を教える

お祈りじゃなくて探していたのですね、さすが朝田先生完璧ですね♪

変性部位切除が始まった
手際のいい手術が続くが麻酔医はそれについていけていない
工学師が不調を訴えて別の人がつくがかなり慌てている様子・・・


鬼頭教授が言っていた「掛け算のゼロ」がでちゃいました

朝田は伊集院へ人口心肺の方へ回るように指示
なんとかピンチを脱出、バチスタ手術は無事に終了
野口教授は大満足、鬼頭教授はつまらなそうな顔

荒瀬の出番はなかった・・・残念だったなぁ
鬼頭教授は失敗してほしかったのかな・・・ERに朝田をどうしても欲しくて


しかし朝田は手術が終了したばかりの心臓を持ち上げる
機能が弱っていると言いこのままではバチスタは成功でも
患者の命はないといい更に再手術をすることに


朝田先生はぬかりがない!大手術が終わったばかりなのに
経過のことも考えているところ頭がさがります


急変・・・人が足りない、伊集院が消毒をして戻るのに時間がかかる
朝田はミキにグラフト採取をしろと指示する
全員が朝田を責める、野口教授も内線で怒鳴りまくる

看護師が医療行為・・・しかもたくさんの教授陣が見守る中
普通の人ではできない行動・・・。


朝田はにどうしても自分の意思をまげない、加藤は朝田に従うことに・・・
伊集院が戻るとミキは完璧にグラフト採取を完了させていた手術は続くそして無事に手術は成功


奈良橋さんの息子さんよかったですねぇ
これからは心を入れ替えて立派に更正し親孝行してもらいたいです


廊下で野口教授たちと目が合う
看護士がメスを握ったことを謝らず
緊急のことで仕方がなかったと加藤は野口教授に説明をする
バチスタ手術の成功をマスコミが記者会見しようと集まっている
加藤は野口教授に出席をお願いする


「ネクタイ水玉でいい?」って野口教授・・・まんざらでもないのね
加藤先生もうまくその場を治める為にマスコミをよんだりして段取りいい

朝田は鬼頭教授に荒瀬の勧誘のことを話すと荒瀬の過去を知っても使いたかったらいいわよといわれる

今でもかなりいっちゃってるのに過去にどんなことがあったというのでしょう?
来週は待ちに待った荒瀬フューチャリングだ♪♪♪

ミキは医療行為をしたことで他の看護士たちから相手にしてもらえない看護士長にも二度と医療行為をしないように注意されるが
ミキは緊急の場合はこれからも医療行為をすると宣言看護士長呆れるが個人的には下手な医師よりも
ミキの手技が上手だったのを見て「胸がスーっとした」と背中を向けたまま話して去っていく

ナース'sあおいの時も問題になりました
ただ患者を助けたいという気持ちで決して悪いことをしているわけじゃないのに
医療制度が助かる患者を見殺しにしていることが多いと思います
でもこの看護士長さんも立場があるから仕方ないけど
個人的には応援してくれているのかな?なんだか心がホッコリしました

バチスタの成功を霧島に電話するも留守電になる霧島は留守電にしたまま携帯を聞き、「さよなら」と言い不気味に笑う

いよいよ霧島の追撃が始まるんですね・・・怪しい口元
悪さする顔がはまりすぎている


翌朝新聞の一面には『日本初バチスタ手術成功』と霧島の写真が載っていて
明真大学の記事は小さくしか扱われていなかった

あーやっぱり加藤先生は利用されてただけでしたね
霧島はどうしても朝田よりも先に日本初のバチスタを成功させて
出し抜きたかったんですね
来週は荒瀬さんの過去がわかるし、きっとバチスタチーム加入になるはず

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

泣ける本③ 『愛をください』

2006-05-18 19:21:24 | 

今回がいよいよ最終回えみち刑事の選んだ
以前まで第1
位だった泣ける本

『愛をください』 辻仁成

本よりもドラマの方で先にタイトルだけは知ってました
2000年にフジテレビでドラマ化されて
主人公を菅野美穂さんが演じていました
これも私は観ていません
本が先なのかドラマが先なのかよく知らず
内容も全然知りませんでした
ただドラマの方では菅野さんが蓮井朱夏という役で
歌手になり
「ZOO」という曲でCDデビューしてたことだけ知ってました

この本を知ったのは会社の先輩に勧められたから
その時はソフトカバーの物を借りて
借りた日が金曜日だったので
何気なく読み始めたら物語に引き込まれて
そのままラストまで泣きながら読んでしまいました

その後文庫本が出るのを待って自分で買って
泣きたくなるとその本を取り出して繰り返し読んでいました

施設育ちで人を信じることができず
自殺未遂をくり返す少女が
北海道に住む男性から突然文通を申し込まれ
最初は戸惑いながらも手紙を通して
徐々に変わっていくという話

終盤は意外な展開に涙が流れて流れて流れて大号泣でした

これからもたくさんの感動できる本に出逢いたい

えみち刑事の選んだ以前まで第3
位だった泣ける本

えみち刑事の選んだ以前まで第2位だった泣ける本

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブスの瞳に恋してる 第6話

2006-05-17 12:08:25 | ドラマ

おさむは美幸に手紙のお礼をいいにどすこいラーメンへ行く
美幸はもう会わないつもりでその手紙を書いたと言うが
おさむは「そんなこと言うなよ、また会いに来たいと思っている」と言ってくれる
美幸はとっても喜ぶが、おさむの頭の中には美也子の顔がチラホラ

美也子さんさえ現れなかったらおさむ告白していたかもしれない
ちょっと残念ですが、まだまだ6話だから仕方ないですかね


どすこいラーメンのおばちゃんにおさむの誕生日が今度の日曜日だと聞き
美幸は本屋へ行き何か手作りのプレゼントを渡そうと試みる
翔子たちに恋人に何をあげたらいいか相談するも実はもうあげるものは
決まっていた・・・手編みのサマーニット☆

胸に「おさむ」ってカツオが「K」って入っているトレーナーを着ているのと同じ発想
しかも冬なら手編みのセーターってよくあるけど、夏に手編みのサマーセーターって
あまりあげないですねぇ・・・プレゼントは気持ちが大切なんですけどね


友美の事務所の社長はおさむと会うことを禁じる
テレビ局に警告書が届きおさむは何もコメントしないように言われる

事務所の圧力って怖いです

おさむは竹田に美也子が脚本家として戻ってきたことを聞く
更に美也子がドラマに主演が決まりかけたが他の事務所から
おさむとの関係を突き止められて圧力がかかっていたと教えてくれた

他の事務所からも圧力がかかるんですね・・・それも怖い

局内の喫茶店でおさむを見つけた美也子は席へ行き話しをする
美也子は「おさむがいたお陰で今の自分がいる」とだけ言う
おさむは本当は去って行った理由が聞きたかったのに美也子は何も説明しない

久しぶりにあった二人・・・とってもいい雰囲気でした
今のところおさむと一番合ってるなぁって感じしました

友美は記者会見で「仕事が恋人」だと宣言

さすが今時の子、友美ちゃんはあっけらかんとしてるわぁ

どすこいラーメンに竹田と松本が現れる
美幸が手編みのプレゼントをすることを知ってしまう
美也子は日曜日までになんとかサマーニットを渡せるように頑張る

ラーメン屋であんだら毛糸にラーメン臭がつきそうでいやだな
後3日で編まないといけないなんて、いくら本に3日で出来ると書いてあっても・・・

美也子はおさむと誕生日を祝った思い出のお店へ一人で行く
気になったおさむもやってくる
美也子はおさむにロンドンで買った時計をプレゼントする
おさむは7年前どうして自分の前から消えたのか美也子にたずねる
美也子は昔のことはいいじゃない、また会えたんだからと言う
話がちょっとこじれてしまい、おさむは帰ってしまう

え?偶然なの?それともあの喫茶店の時に呼び止めて
約束したのかな?どっちなの?
勝手に俺の前から消えた・・・という表現は美也子にはキツイね
状況を把握していないおさむだからあの発言は仕方ないのか・・・
やっぱり去られた方のおさむは説明を聞きたい
何がいけなかったのかって思うだろうね

美幸はなかなかニットが編めずに家に帰ると翔子達も
手伝ってくれてニットを編んでいてくれた
おさむが家に帰ると友美からクマのぬいぐるみのプレゼントが届いている
徹夜で美幸たちはサマーニットを完成させる!!

サマーセーターに「おさむ」って文字がなくてよかったわぁ
素人3人でよくセーター出来たと思う・・・まあドラマだからね(汗)
常連のお客さん・・・「ひのようじん」っていう俳優さんだったんですね

おさむは上島に美也子がどうして消えたのか本当の理由を聞く
その昔事務所の圧力に負けない美也子
とうとうおさむにまで圧力がかかりそうになり上島に相談に行くが
上島にもおさむを諦めて仕事をとれと言われる
美也子はどちらかえらぶくらいならどちらも捨てるといい去っていたことを知る

友美とは違うねぇ、美也子は潔いって言うか
古風っていうのかなぁ、竹を割ったようなというのかなぁ
ちゃんと自分を持ってて強い性格の人なんだな
なんかかっこいいわぁ、私ならきっと彼に相談しちゃうもんなぁ・・・

おさむは美也子を追いかけて橋の上で会う
自分が未熟で勝手に去っていったと言ってしまい悪かったと謝る
美也子は辛かったがおさむの将来のことだけは大切にしたかったから
おさむに会うのは迷惑になるから海外へ行くことにした
帰国が決まり自分の帰る場所があるか不安だったが
昔と変わらないおさむがいて嬉しかったと涙を流す
おさむは美也子を抱きしめて「おかえり」、美也子は「ただいま」と
そのシーンを橋の下で見てしまう美幸・・・苦労して作ったサマーニットを落としてしまう

あーこんな決定的な瞬間見たらもう諦めるしかないって思っちゃう
私なら無印良品で服たくさん買っちゃうなぁ・・・ヤケ買い
美幸だとヤケ食いになるのかな・・・痩せればかわいいのになぁ
HAPPY ENDで終わりでもおかしくないくらい幸せそうな美也子とおさむだったなぁ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加