「フィルム・セラピスト」&「笑みナビゲーター」 世界で一番素晴らしいあなたに目覚める!

笑みナビゲーター、龍村式指ヨガインストラクター、フィルム・セラピストであるAkiko Onoの日々

新しい何かを模索中

2017-06-30 10:55:17 | お仕事
ここのところ、新しい「何か」を模索しています。

何をするかは決まっていますが、それを「どのように」するか・・です。

自分のやりたいスタイルをどのように作っていくか。。。

ネットで調べていると、実に多くの方たちがたくさんの手法を紹介しています。

人それぞれの個性で表現していて、とてもカラフルです。

facebookの記事に書きましたが、「マツコの知らない世界」に出演、ミニカー愛を語っていた当時小学生の加藤君がTEDでスピーチをしていました。

小学生ですでにほぼネイティブ並みに英語を話していた加藤君(帰国子女ではない)、メチャメチャ頭がいいのですが、それはご両親、特にお母さんがの「制限」や「枠組み」を設けない子育てスタイルの影響もあるようです。

興味をもったこと、関心をもったことは、なんだって意味がある、価値があると言ってくれるのだそうです。

子供時代ももちろんですが、大人になっても自分に制限や限界を設けることはあることです。

新しいことを始める時は、そうした枠があることを認め、それに対して「ちょっと忘れてみようか」と声をかけることなのかなと思いますね。

加藤君のスピーチはこちらで観ることができます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来月は鎌倉で講演

2017-06-29 10:27:01 | お仕事
来月は鎌倉の某所で講演です。

笑いと健康の講演を公共の団体様が企画開催される場合、参加者の多くはシニア世代になります。

いつまでも元気で頭もしっかり働かせていたいという前向きなシニア世代の方(特に女性)たちですね。

が、来月の鎌倉講演に参加される方は30代から40代の方(女性)がメインだと思いますので、そうした年代の方たちにとって有益な情報を中心に構成を考える必要があります。

いつもの講演とは強調点を変え、実技も変える予定です。

10月下旬に横浜市内で新しいスタイルの講演をする予定ですので、そこにつながっていくような内容になるでしょう。

ケアストレスカウンセリングで学んだ「聴く」ことも盛り込んでいきます。

鎌倉講演はクローズですので、一般の方の参加は募れませんが、10月は公開講座です。詳細が決まりましたら、またご案内します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近また眉メイクに注目しています

2017-06-28 11:33:58 | メイクのこと
エミフロンテを共同主宰している晏在さんとの出会いをきっかけに眉メイクの大切さに目覚めた私。

元々の眉の形は見事な「ハの字」。

小さいころの写真を見ると「何をそんない困っているの?」というような顔をしています。

マンガで「ハの字」は困り顔ですからねー。

眉メイクをやり始めた頃は、結構高めに眉山をとったので、かなりの部分を剃っていました。
そうしないと描けないですから。

でも、そうすると洗顔後、眉頭しか残らないことに・・・

眉を変えると、印象は大きく変わるので面白いですよね。

そんな眉メイクですが、ここ最近のトレンドは、以前のように「すごい太眉」から「細眉」へといったような極端な変化はなくなり、「その人に合ったものがいいんじゃない?」という穏やかな流れに変わってきたように思えます。

でも、やはり主流はあって、あまり眉山を高くとらず、少し太めで自然な形が雑誌などで多く見られますね。

そこで、私も、以前より少し低めの眉山設定で、できるだけ自分の眉の形を残すようになりました。

そうは言っても放っておくとどんどん下の方のムダ毛が成長してしまいボヤボヤした感じになりますから、輪郭に必要な部分以外は剃っています。

最近見つけた堀田久美子さんというメイクアップ・アーティストの方のブログ。この方が描く眉の形はキレイだなと思っています。
参考にさせていただいています!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからどうしちゃおう

2017-06-27 12:48:26 | お仕事
自分のホームページの講演実績を見ると2009年以降受けたお仕事を掲載しています。

一番最初に受けた大きな講演は、茨城の女性事業家の方たちの集会だったと記憶しており、確か2008年くらいだったと思います。

ということは、笑み筋体操インストラクターとして講演活動をして、もう10年の年月が流れたのですね。

初めて開発者である林啓子先生から筑波大のキャンパスで研修を受けたのが11年くらい前になるんですねー。

それまでは、どちらかというと裏方担当だった私ですが、講演活動を始めてから講師も担当するようになりました。

人前で話すことは決して嫌いではありませんでしたが、お金をいただいて話をすることは全く別のことですから、毎回終わった後に振り返って修正した方がいい点を確認したりしました。

おかげ様で色々なところに行かせていただき、
色々な方とお会いすることができました。

思いだすと笑えるようなトンデモエピソードもあります。

今年はひとつの区切りの年。
さあ、これからどうしちゃおう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「楽しいー!」という言葉

2017-06-26 12:43:01 | お仕事
昨日のネクサスコート麻生栗木台での講演には、30名ほどの方が参加されました。

熱心にメモを取られる方もいらっしゃいましたし、終了後、受講された方から、秋に企画されているイベントでお話してほしいというリクエストもいただけました。

実際に声を出したり、エクササイズをしていて、何人かの方が
「たっのしいいい!」
「これはおもしろーい!」
と声を出されたりして、こちらもアゲアゲになりました。

講演の中でも話しましたが、
楽しい時は時間はあっという間に感じる、
つまらないな、つらいなと感じる時間は長く感じる、
そんな時間の感覚は老化の進みにも関係していると・・

あっとう間に感じる時間は「老化は少ししか進んでいない」
長く感じる時間は「長く感じる分、老化が進んでいる」
と・・・

皆さん、お風呂上がりのような雰囲気で帰っていかれました。

良かったー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加