「フィルム・セラピスト」&「笑みナビゲーター」 世界で一番素晴らしいあなたに目覚める!

笑みナビゲーター、龍村式指ヨガインストラクター、フィルム・セラピストであるAkiko Onoの日々

そこだけ浮いていた感

2017-11-13 11:24:24 | 映画のこと
昨日地上波初放映の「シン・ゴジラ」を予約録画をして帰宅してから観ました。

録画版はCMを飛ばして観ることができるので便利ですね。スポンサーとしてお金を出している企業には申し訳ないけれど・・

本作はゴジラを出しているけれど、「エヴァ」だなと思いました。BGMも「エヴァ」と丸かぶりでした。

このゴジラは何回か形態を変えて上陸します。ゴジラというよりも、何体かの使徒が東京を襲ったような感じを受けました。

目がぐりぐりした第2形態は
ものすごく気持ち悪かった。

顔も変だけど、体もエラの形とか色が気持ち悪い。変な絨毯みたいな体を引きずってモサモサ突き進む姿は全然ゴジラじゃないですね。

でも、描いている図式、「ゴジラ対日本政府」は、会議でのやりとりなどなかなかリアルで面白かった。

全体的に思ったよりもいい感じだったけれど、石原さとみが演じるアメリカ政府のエージェント役は何とかならなかったんですかね。

このキャラは完璧に日本語がしゃべれるのに、わざわざ英語をしゃべるシーンが奇妙な感じ。

しゃべっている日本語に英語なまりでもあれば別だけど。

石原さとみさんはとても美しい女優さんだと思うし、たぶん英語も頑張って勉強してきたと思うけど、ネイティブには感じられなかった。この役がどうしても必要なら、なんでバイリンガルの女優をもってこなかったのかが不思議です。40代で女性大統領になるかも・・っていう雰囲気も感じられなかったし。たぶん、美人すぎだから?

ここが激しく浮いてしまったので残念。

でも、今までのゴジラシリーズとは全く違った雰囲気の作品を作ったことは、チャレンジングだったなと思う。あの凝固したゴジラがどうなるのか、2を作ることも考えての終わりなのかな?




笑みナビゲーター 小野彰子
 ケアストレスカウンセラー、フィルムセラピスト、龍村式指ヨガインストラクター
 そんな小野のホームページはこちら




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資格のこと | トップ | 明日はイベントのお手伝い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画のこと」カテゴリの最新記事