「フィルム・セラピスト」&「笑みナビゲーター」 世界で一番素晴らしいあなたに目覚める!

笑みナビゲーター、龍村式指ヨガインストラクター、フィルム・セラピストであるAkiko Onoの日々

苦悩に満ちたキャラたちの行方

2018-01-03 09:40:25 | 映画のこと
昨日は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」をimax 3Dにて見てきました。



前回の「フォースの覚醒」から2年、間に「ローグワン」をはさんで、SWシリーズとしては8作目ですね。

開始すぐの空中戦はすごかった。
このシーンだけでも、見て良かったと思いました。

それから約2時間半。

終わってみて
「スター・ウォーズは変わったんだ」
と思いました。

旧作のキャラはこれでほとんどいなくなってしまったので、
次回からはほぼ全員が新世代です。

旧3部作、4、5、6にあった痛快さは減り
どちらかというとメインキャラたちの悩み苦しみが目立ちました。

これは「スパイダーマン」「バットマン」「スーパーマン」などに共通していますね。

みな、自分たちの親や師匠との関係に悩んでいます。

ハリウッドの製作サイドの傾向なのか
ダークな要素が作品に深みを与えるという「思いこみ」が強いような気がしますね。

だからと言って
つまらないとか
好きになれないわけではなかったです。

めちゃめちゃ濃厚な味付けのご飯を目いっぱい食べたような
お腹いっぱい感はありました。

これから鑑賞予定の方は事前情報なしで観ることをお勧めします。

BB8は本当にかわいいです!






笑みナビゲーター 小野彰子
 ケアストレスカウンセラー、フィルムセラピスト、龍村式指ヨガインストラクター
 そんな小野のホームページはこちら
{/rabi_right/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はなかなか満足度の高い作品が多かったです

2017-12-29 12:55:31 | 映画のこと
本数こそ多くはないですが、今年は劇場鑑賞作品が充実していました。

「ドクター・ストレンジ」のように見終わると「なんでしたっけ?」な作品はなくて
結構余韻を残してくれる作品と出会うことができたかな。

そんなこんなですが、
最も印象に残った作品は
「メッセージ」
です。



「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は年明け鑑賞になるので
ひとまず今年のベストムービーとして
「メッセージ」を上げておきましょう。

思わせぶりすぎるというレビューもあり、
わからないでもないです。
映画的なカタルシスがなかったという感想もあり
それもまたわかる気がします。

でも、私は、
あの得体のしれない生物との「会話」が
まるで禅画のようで面白かったし。



主人公が自分の持つ能力に気づくプロセスが
まるで薄皮をゆっくりはがすかのように
描かれているところも
「そうくるか」
と思いました。

そして、何より
見終わった時、
ファーストシーンでの主人公の表情で
完全に騙されたことに気づくのですが
それもまた良かった。

観ている側としては
こうして騙されるのは気持ちいいものです。

来年はどんな映画で
どんな騙しにあうのか
楽しみにしたいと思います。



笑みナビゲーター 小野彰子
 ケアストレスカウンセラー、フィルムセラピスト、龍村式指ヨガインストラクター
 そんな小野のホームページはこちら




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こういうことができる人は羨ましい

2017-11-26 13:56:51 | 映画のこと
「シン・ゴジラ」を手書きで6分くらいにまとめた動画ですね。

メチャメチャよくできているし、作者が音楽まで自分で口ずさんているのが笑えます。
こういう絵が描ける人、本当に羨ましいですね。

この動画、昨日仕事先で「シン・ゴジラ」ファンに見せて大受けでした。

最近の動画は静止画の上に文字をばーっと流すようなスタイルが多いので、
こういう本当の意味での動画はうれしいですね。

「シン・ゴジラ」を見た方はすごく楽しめると思います。
(あ、完全にネタばれなので、これから見る予定の方にはお勧めしません)


【すぐにわかる】シン・ゴジラ ストーリー編【完全ネタバレ】【描いてみた】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そこだけ浮いていた感

2017-11-13 11:24:24 | 映画のこと
昨日地上波初放映の「シン・ゴジラ」を予約録画をして帰宅してから観ました。

録画版はCMを飛ばして観ることができるので便利ですね。スポンサーとしてお金を出している企業には申し訳ないけれど・・

本作はゴジラを出しているけれど、「エヴァ」だなと思いました。BGMも「エヴァ」と丸かぶりでした。

このゴジラは何回か形態を変えて上陸します。ゴジラというよりも、何体かの使徒が東京を襲ったような感じを受けました。

目がぐりぐりした第2形態は
ものすごく気持ち悪かった。

顔も変だけど、体もエラの形とか色が気持ち悪い。変な絨毯みたいな体を引きずってモサモサ突き進む姿は全然ゴジラじゃないですね。

でも、描いている図式、「ゴジラ対日本政府」は、会議でのやりとりなどなかなかリアルで面白かった。

全体的に思ったよりもいい感じだったけれど、石原さとみが演じるアメリカ政府のエージェント役は何とかならなかったんですかね。

このキャラは完璧に日本語がしゃべれるのに、わざわざ英語をしゃべるシーンが奇妙な感じ。

しゃべっている日本語に英語なまりでもあれば別だけど。

石原さとみさんはとても美しい女優さんだと思うし、たぶん英語も頑張って勉強してきたと思うけど、ネイティブには感じられなかった。この役がどうしても必要なら、なんでバイリンガルの女優をもってこなかったのかが不思議です。40代で女性大統領になるかも・・っていう雰囲気も感じられなかったし。たぶん、美人すぎだから?

ここが激しく浮いてしまったので残念。

でも、今までのゴジラシリーズとは全く違った雰囲気の作品を作ったことは、チャレンジングだったなと思う。あの凝固したゴジラがどうなるのか、2を作ることも考えての終わりなのかな?




笑みナビゲーター 小野彰子
 ケアストレスカウンセラー、フィルムセラピスト、龍村式指ヨガインストラクター
 そんな小野のホームページはこちら




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「デイアフター・トゥモロー」では大統領は反省

2017-10-14 11:29:33 | 映画のこと
昨日帰宅したら、ちょうどテレビで「デイアフター・トゥモロー」を放映していました。

これは劇場で観た作品ですが、DVDでも何度か繰り返し見ています。
温暖化で北極の氷が大量に溶けて、海水の塩分濃度に異常が発生。
いわゆる氷河期のような絶対零度が人間を襲うっていう話です。

しょっぱなの巨大な氷の裂け目ができるシーンがすごかった。

地球には自浄作用があるようなので、人間が環境破壊をすれば、ちゃんと補修していきます。
それを「異常気象」と名付けていますが・・・

ラスト、アメリカ大統領は、自分たちの傲慢さを反省しています。
でも、今の大統領はどうでしょう?

温暖化はフェイクだと言っています。

確かに進んでいるのは「温暖化」ではなく、「寒冷化」だとする研究者もいます。

原油のタンカーが座礁してすごい海洋汚染が起こったエリアでは、少し経ってから、強烈なハリケーンが起こっています。これを関係づけて「自然のクリーニング」だと考えている人もいて、なるほど、その通りかもしれないなって思います。

いずれにしても、人間の体と同じで地球も「うまくできている生命体」。私たちがしてきたことは、きちんとその分が返ってくるっていうことですね。


笑みナビゲーター 小野彰子
 ケアストレスカウンセラー、フィルムセラピスト、龍村式指ヨガインストラクター養成講座修了
 そんな小野のホームページはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加