日々緩々。

もっとゆったり、のんびり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS 続・三丁目の夕日

2007-11-11 18:56:51 | 映画・DVD
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て来ました。

公式サイトはこちら→http://www.always3.jp/


あらすじ(goo映画より)-----

昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は
高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。
取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。
事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。
しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばかり。
一方、一度淳之介を諦めた川渕だが、再び茶川の所にやってくるようになっていた。
淳之介を渡したくない茶川は、再び芥川賞に挑戦しようと決意する…。

-------------------------

以下、ネタバレ有ります


オープニングにはびっくり
地震か何かと思ったら、なんとゴジラ?!が三丁目で大暴れ
すごいクオリティでしたね~!!
あれだけでそのまま2時間行っても良かったくらいの掴みでした(笑

で、前作から4ヶ月後という設定でしたが…

夕日町自体のスケールがやっぱり大きくなってたんですかね。
前作はちょっと見せ方でごまかしながらも窮屈な画面になってた感がありましたが、
今作はそれを感じさせないゆとりがあった気がします


見ていてまず思ったのは、やっぱり子役達の成長は早いなぁと
淳之介も、一平の両サイドにいる二人もでかい!!
そういう点では一平は割りと前作から変わらず、違和感がなく見れました(爆

今作では美加が加わったことで、より人と人との関わり合いの大切さとか
親と子のあり方であるとか、
今と昔との色んな意味での差異が自然と見えてくる作りになっていたように感じました。

鈴木家で暮らしていく時間を経て明らかに変わっていく美加
そりゃあお父さんも驚きますわ(笑

美加に対してイヤミを言ったり素直になれなかったりする一平も
とても子供らしくて微笑ましくて。

その一平の頭をポコポコ殴る則文さんは相変わらず笑わせてくれました~
激怒して髪の毛立ったりステテコ姿でetc…(笑
牛島さんと飲んだ次の朝は打って変わって胸が詰まるような表情を見せてくれて、
素晴らしい演技で魅せてくれました。

トモエさんも前作に続き昭和のお母さん具合が最高。
特にクリーム塗ってくれる所とか、母の愛情・優しさがじわーっと伝わってきました

茶川と淳之介はつましくも楽しく生活。
川渕の監視の目はなかなか厳しかったけど
でもあの人はあの人なりに、現実をきちんを見据えているだけで
言ってることは正しいんですよね。

ヒロミは一途に指輪を見つめ…
茶川のためを思って身を引く去り際の涙には、つられてこっちもボロボロ(爆

芥川賞のくだりは詐欺師が怪しさ満点だったので、
観ているこっちはムズムズしていたのですが…案の定

六ちゃんの幼馴染が関わってこうなってしまったというのも心が痛いのですが、
とはいえ結果はどうあれ(爆
温かくて信頼し合えてる三丁目の住人達には泣かされた~

現代ではありえない、悪くいうと無防備な人間関係?だけど
確かに自分の小さい頃はそんな空気を周りに感じてたなぁと懐かしみました。

ちょっとありきたりな気もするけど満足の大団円

一平念願の東京タワー、則文さんのビビリっぷりに爆笑!
最後はため息が出そうな美しい夕日でした~

笑いたくさん、涙たくさんの素敵なお話には
劇場が一体になって反応してましたよ


予告編で観たとき既に泣きそうになった私なので、
ハンカチ必須、ティッシュも忘れずに持って臨みましたが…大正解でした。

涙もろい方は要注意です、お気をつけください…
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医龍2 第5話 | トップ | ガリレオ 第5話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (今日感)
いや~いいお話です。ジーンとくる。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (そーれりぽーと)
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・...
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (アンナdiary)
前作も良かったけど、今回も良かったよ♪ てっきり先週末の興行成績は1位かと思ったら2位でした。 1位はミラ・ジョヴォヴィッチ主演、人気ゲームを映画化した大ヒットシリーズ 第3弾「バイオハザード?」3位はガッキーの「恋空」
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (Sweet*Days**)
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 観た☆ (せるふぉん☆こだわりの日記)
昨日、11月3日に「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。 わたし的
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会 (駒吉の日記)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) 「六ちゃん、夕日が目に染みるねえ」 前作(2005)から4ヵ月後の設定です。鈴木さんちには女の子が預けられることになり、茶川はヒロミを迎えに行くため芥川賞を狙う。この2つを柱に則文(堤真一)の特攻仲間の消...
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞! (銅版画制作の日々)
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロー...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...