goo

生きるとは精神性を高めること

皆さん、おはようございます。


近所の公園の桜が満開になりました。

今年は暖かい日が多く、開花が2週間ほど早いようです。

早速、花見をされている方々もいらっしゃいましたよ。

 

さて、先日は「息=生きる」という内容となりました。


幼少時代の体験も兼ねて書かせて頂きましたが、幼少期の

祖父母の家での何気ない生活様式。


そして、田植え、稲刈り、畑、野菜つくりのお手伝い。


野山の薬草や季節ごとの自然の恵を頂く為に山を登ったり、

あるき回ったり、恵を頂くごとに手を合わせて感謝したり・・・

 

どれもこれも今の自分につながっていることが有難く思います。


知らず知らずの内に体感し、体験させて頂けてきたこと祖父母

には大変感謝しています。


 

そして私は、祖母の何気ない笑顔。

それがすごく好きでした。


今、こうして生意気にもお伝えをさせて頂けるのは

祖母の笑顔をみて育ったからでもあります。


「素の笑顔」の人を増やすお手伝い

がしたいという何気ない気持ちから20数年も続けさせて

頂いているのです。有り難い限りです。

 

 

話がそれてしまいましたが・・・ (昔の生活様式に戻ると)

昔の方々の生活様式の中でも・・・トイレ(和式)

座って立って、力んで・・・

そう、大切な排泄の行為は立派な呼吸法だったのです。

 

そして・・

水くみをしたり、薪をわったり、火をおこしたり、土を耕したり・・・


昔は・・・

生きる為には、深い呼吸(息使い)が

必要不可欠だったということ。


*今は、浅い呼吸になるような生活様式。

利便性と裏腹に浅い呼吸による体と心の弊害。

それが社会全体にも弊害が及んでいる。

だからこそ、あえて私は深い呼吸の勧めを

お伝えさせて頂いているのです。

 

なので自然と腰が強くなり、安定することで、腹に自然と

大切な力が宿ってきたともいえます。

 

それは、摩訶不思議な力ではなく、あくまでも生きる為。

 

生きるとは、精神性を高めていくことに

通じてきます。

 

深い呼吸ができてくると、いのちの本質がみえてきます。

何の為にいのちは与えて頂いているか?

 

そして「今、ここ」「今を生きる」とはどういうことなのか・・・

 

また、この続きは明日にでも書かせて頂きます。

今日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


今日のエンボディのブログは「和の精神の素晴らしさ」を

書かせて頂きました。良かったら御覧ください。

https://www.y-embody.com/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3q-a%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 息は=生きる 息に意識を向... »