金融・株式・相場@@

金融、経済、株式関連について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

債券投資と配当成長株

2015-06-16 00:18:23 | 経済
債券とは国や地方公共団体、一般企業が投資家から資金を借り入れ、その代わりに利子(クーポン)の支払や元本の返済を約束して発行する借用証書のようなものです。

額面と利率があらかじめ定められていることから、利子を定期的に受け取ることができ、期日まで保有することで額面金額の償還があらかじめ確定されている金融商品です。

債券は、発行体や通貨などによっていくつかの種類があります。
満期までの期間や発行体の信用力などによって利率も異なってくるので、個人投資家のニーズに合わせ、選択し債券投資することが可能です。

配当成長株とは、増配を繰り返したり、自社株買いなど株主還元策を積極的にし、1株あたりの配当金を成長させてくれる企業の株式です。

債券投資も配当重視の株式投資もインカムゲイン重視の投資になりますが、この2資産の組み合わせだと安定かつ収益を期待できるポートフォリオが組めそうな組み合わせだと思います。


配当成長株投資法マニュアル ≫

この記事をはてなブックマークに追加

外貨投資の魅力と注意点

2015-03-10 22:45:33 | 投資
外貨投資とは、外貨預金、外貨建てMMF、外国為替証拠金取引(FX)、外貨建て投資信託、外国株式、外国債券などの外貨建て金融商品で運用することをいいます。

円を外貨に替えて運用することから、高金利債券での運用や世界中の魅力的な企業への投資、そして為替差益をねらえることが魅力です。
しかしその半面、相場変動による為替差損リスクが常に伴うことには注意が必要です。

国内株式など円建て商品に加えて外貨建ての金融商品にも投資すれば、国際分散投資を実践することができます。
また米ドルとユーロ、株式と債券など、外貨建て商品の中でも通貨や商品性格を分散することで、価格変動リスクなど、さらなる分散効果が期待できます。

円を売って外貨を購入した場合の外貨投資の一番のリスクは、円高になると為替差損となるので注意が必要です。
為替差損を含め、為替レートによる変動リスクを為替変動リスクといいます。

株式投資で儲からない
米国株 高配当銘柄
学費負担の軽減方法
リストラからの再就職
おすすめの株式投資
ワンルームマンション投資
サラリーマンが副収入を得る方法
グーグルアドセンスで稼ぐ方法
中学生のテスト勉強のやり方


この記事をはてなブックマークに追加

投資信託という選択

2015-02-03 22:37:21 | 投資
投資とは株式や債券、不動産などの資産で自分のお金を運用することです。
預貯金と比べると元本割れなどのリスクはありますが、その代わりに大きなリターンが期待できます。

投資は、自己責任で行うことになるので、経験や知識、手間ひまがかかります。
投資をできるだけ手間をかけずに、人に任せることができる金融商品があります。
投資信託(ファンド)といわれる金融商品です。

投資信託は、多くの投資家から資金を集め、一つの大きな資金をつくり、個人投資家やその他の投資家に代わって専門家が運用・管理します。

米国株増配率

この記事をはてなブックマークに追加

投資信託の種類

2014-12-29 00:24:18 | 投資
投資対象資産の平均的な投資成果を上回ることを目標とし、アクティブに(積極的な考え方で)運用されている商品(=アクティブ運用ファンド)と、市場平均並みの成果を目標として、パッシブ(消極的な考え方)で運用されている商品(=パッシブ運用ファンド)があります。
一般的に言って、アクティブ運用ファンドは、他方に比べて信託報酬が平均年率1.5%程度と高めに設定されていることが多いようです。

投資信託で得られた利益を受け取る方法は、まず第一は、購入した価格よりもその時の価格が上がっていれば、売却することによってその分の利益を得ることができます。
分配金という形で定期的に利益を受け取る方法もあります。
例えば毎月分配型がそれにあたります。
これは、毎月決められた期日に、そこまでの1ヶ月間に得られた利益の全部、または一部を分配金として保有分に応じて投資家に支払う仕組みを持っています。このような仕組みをもった商品は、投資金額の中長期にわたる増加よりも、得られた利益を定期的に受け取ることを主な目的として作られています。

海外の資産に投資する投資信託の場合、円建て・外貨建て(ドル建て、ユーロ建て等)といった言い方で、投資信託その物を取引する通貨を選択できることもあります。

株価が上がらない株式銘柄
米国株 配当利回り
教育資金 負担軽減
40代50代の再就職
サラリーマン株式投資
不動産投資は真似ることが成功への早道

この記事をはてなブックマークに追加

FX取引で損をしたら

2014-09-28 00:34:06 | 経済
FX取引を始めるにあたって、誰もが思うのは、「損をしたらどうすれば良いか」ということではないでしょうか。
やはり誰でも損はしたくない。
それでも、為替レートは常に変動を繰り返しています。
相場が変動している以上、常に損をするリスクはつきものです。
大事なことは、再起不能になるような、大きな損を出さないことです。
そのためには、どういう対処が必要なのかを考えてみましょう。
損することを怖がってばかりでは、いつまで経っても FXで資産運用をすることはできません。
絶対に損をしたくないと考えるのではなく、仮に損が出たとしても、致命的なダメージを受けないようにすることを、まずは考えることが大事です。
FXでの資産運用は、大きく儲けることを考える前に、負けないよにするための工夫が大事になります。
それには、損切りするということを覚えなければなりません。
為替のトレードは1回限りのものではありませんので、半年、1年という期間を通じて、最終的に利益が出ればよいので、損をすることもあれば、利益を得られることもある。大事なことは、損小利大という発想になります。
出来るだけ損を小さくして、利益は伸ばすという発想です。
そうすることによって、途中では何度か損を出したとしても、結果的に利益を計上することを積み重ねます。
利益を出来るだけ大きく伸ばすことは難しいことですが、FX初心者の場合は、まず損を出来るだけ小さくするということから始めてみてはいかがでしょうか。

例えば、自分でこれだけ損が出たら、その時点で取引を止めるというルールを決めておき、それを忠実に守ります。
損が出ると、多くの人はいつか元に戻って損を回復できるのではないかという根拠の無い期待を抱いてしまいがちですが、多くの場合そういう期待を抱いて、その通りになることはないようです。
FXの場合、あらかじめ、これ以上の損失が生じると、ポジションを持ち続けることができなくなるというロスカット・ルールがあります。
現物株式なら、損失がいくら膨らんでも、長期投資することによって損失が回復するのを待つことができますが、FXの場合、損失額が一定以上に膨らむと、強制的に取引を終了させられてしまいます。
そこまで損失が膨らんだら、投資している金額にもよるけれども、かなりのダメージを受けてしまいます。
そうなる前に、取引を止めるというルールにもとづいて逃げを打つという作戦です。

損切り
損失が生じた場合、自分の意思でポジションを清算することです。
ロスカット・ルールにひっかかる前に、自分で損失を確定することで、大きな損失を被るリスクを最小限に抑えるのが目的です。

配当狙いの株式投資
強迫性障害

この記事をはてなブックマークに追加

 

マンインベストメンツマン AHLウィントン ファンドヘッジファンド 投資マンション購入ソニーバンク 住宅ローン外国株 配当外国債券 購入外貨両替ヘッジファンドヘッジファンド外国債券 購入セゾン投信ヘッジファンドプロミス 審査アットローン 審査シティゴールド 審査転職ソニーバンク 生命保険自動車保険 選び方海外ETFCFD取引デイトレードFXFX老後資金プルデンシャル生命外国株医療保険医療保険 選び方自動車保険住宅ローン中国株 購入中国株式シティバンク米国株 購入高配当銘柄生活必需品 銘柄外貨両替投資信託 選び方宝くじ 確率海外ETF外国株 購入クリーンエネルギー関連株老後資金の貯め方株初心者入門米国株の魅力ゴスペル債務整理ヘッジファンド 購入海外ETF購入マネージド・フューチャーズ外国債券購入FXシグナル配信ソフトFX初心者初心者 銘柄ブライダルエステ

 

ヘッジファンドニュースマンションニュース外国債券投資ワンルームマンション投資宝くじ 当選番号お金持ちになる方法 主婦お金儲けの方法 主婦年収を上げる方法在宅 副業株式投資 初心者お金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス債券投資在宅ワーク 主婦長期投資 銘柄米国債 購入退職金運用米国株 高配当老後資金必要額サラリーマン 副業資産運用 初心者老後の貯蓄額教育資金 準備老後資金 運用ロト6 買い方新興国 投資ロト6 当選確率米国債券投資ワンルームマンション投資 物件老後の資金 いくらJ-REIT 投資女性の転職フェイシャルエステ 効果ワンルームマンション投資米国株 銘柄投資 儲ける教育資金 貯め方海外ファンド 投資高利回り 投資信託国債暴落 対策老後資金 貯め方米国株 買い方モテる女外国株 購入老後 貯蓄貯金方法お金持ち サラリーマン米国債券