乱読記

いろいろな本の内容、思ったことを記録します。

本物の思考力 出口治明 小学館新書

2017-06-18 10:40:48 | 読書

歴史に関する著書を多く書いている、ライフネット生命の出口治明氏の著書です。
著者のものの考え方を自身の体験と絡めて説明しています。

第1章と第2章は最近の日本礼賛の風潮や、労働環境についての批評を述べています。
自身が著書の仲で数字・ファクト・ロジックが大事だと書いているので、
その通り、数字とファクトをなるべく出すように説明しています。
(ロジックは微妙でしたが)

第3〜5章は自己啓発本のようで、成長するには人・本・旅を推奨しています。
要するに現場現物主義でかつ本を読んで勉強しましょうという感じです。


思考力という題名ですが、自分はこうしたら社会はもっと良くなる 人は成長するといったことを、
自分の経験と得意分野の歴史と絡めて説明する感じです。 親父の小言みたいな内容です。
一番有益だと思った内容は、新聞の書評欄がレベルが高いという内容でした。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。