松山櫨(はぜ)復活奮闘日記

失われてしまった松山櫨の景観を復活させようと奮闘していく日々の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿蘇で櫨の実絞り

2009-12-25 21:53:54 | 復活奮闘日記
今日は小雨交じりの中、阿蘇で櫨の実絞りをして蝋を取るワークショップが開かれてるという情報を聞きつけて行ってきました。

阿蘇に!

途中でみやまキャンドルナイトでお世話になっているU先生や、再生工房のOさん、福岡県プレイリーダーのUさんと合流して、櫨並木が点在しているという菊陽町の豊後街道に立ち寄りました。上の画像の通り、非常に大きい櫨の木が残っています。

ゆうに100年以上はたっている大きな櫨の木が何本も道路脇に植えてあり、迫力もかなりのもの。杉並木と共にこの櫨並木は菊陽町の財産だと思うんですが、残念ながら櫨は放置されている状態で、実もちぎられずツタが巻き付いていました。ううむ。あまりにもったいない話です。

南阿蘇村のラブランドに無事到着して、NPO法人パーマカルチャーネットワーク九州(PCNQ)の山口さんから説明を聞きます。

パーマカルチャーとは「永続性」を意味するパーマネントと、「農業」を意味するアグリカルチャー、そして「文化」を意味するカルチャーの合成語であり、 1970年代にオーストラリアのビルモリソンなどによって構築され「自然のシステムを活かし、農の魅力や知恵を暮らしの中に取り入れ、環境と共生した暮らしを創造するデザイン体系」のこと…だそうです。(HPより)で、なぜ櫨の実絞りが出てくるのかというと、エコロジカルで手作りの部分が合致するわけですね。

というわけで、さっそくワークショップ開始。櫨の実を大きなハンマーで叩き潰します。

手際の良いUさん。さすが福岡県認定プレイリーダーです。

潰した櫨の実と小枝等を分けるためにふるいにかけます。

それから蒸し器でえんえんと蒸していきます

…つづく

↓押してくださると励みになります。

人気ブログランキングへ


福岡よかもん市場店「松山櫨復活委員会」へ
『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なっちん | トップ | 阿蘇で櫨の実絞り その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。