松山櫨(はぜ)復活奮闘日記

失われてしまった松山櫨の景観を復活させようと奮闘していく日々の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

櫨の石鹸プロジェクト その7 「炭鉱」に込められた香り

2014-09-15 07:28:40 | 櫨ものがたり
2013年10月、福岡産業デザインアワードの会場に北尾菜保子さんはいました。

炭鉱施設をまちづくりに生かす取組を続けている福岡県大牟田市の「大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ」が、地元の風景をイメージした「香りのサシェ(匂い袋)」を会場で展示していました。

北尾さんは先祖の実家が大牟田にあるそうで、同ファンクラブの立ち上げから関わってきた副理事長です。

「香りのサシェ」は北尾さんのプロデュースでした。

サシェは三種類。ペパーミントで爽やかな「有明海」、ラベンダーで花の名所をイメージした「三池山」。そして、私が入手したのは白檀を使って落ち着いた大人の香りに仕上げられた「炭鉱」です。

香りはよく記憶に刻みつけられると言います。
幼い時の母の匂い。路地裏の匂い。学校の理科室の匂い…。

私はふと、「炭鉱」と名付けられたサシェに、香り成分が取れるまで何十年もかかる白檀を使ったのは、なぜだろうと疑問を持ちました。ペパーミントとラベンダーは割と一般にも馴染みがある香りですが、わざわざ貴重な白檀をセレクトしているのは何かワケがありそうな気がしました。

三池炭鉱は福岡県大牟田市、熊本県荒尾市にまたがる日本最大の産出量を誇った炭鉱です。かつては20万人が働き、1997年廃坑となってから今では合計6万人の人々が去りました。

地下深く網目状に、遠く海の底まで続く坑道。激しい炭鉱労働、400人を超える死者を出した大爆発。労働争議。

近代化する日本を支えたまち、それが大牟田・荒尾のまちなのです。

私も随分昔、前職で炭鉱・鉱害の仕事に少し関わったことがあり、研修見学で炭鉱に入ったことがあります。

炭鉱の少し奥に入っただけで、どんどん蒸し暑くなってくる坑道の空気の匂いや、支える杭、白いカビ群など、それはもう何もかも圧倒され、息苦しくなるほど強い印象を持ちました。

大牟田・荒尾は炭鉱のまちです。廃墟となった社宅、さび付いた巨大な機械が、がらんとした道路から遠くに見えるものの、今ではそれらの施設はほとんど崩壊しつつあるとニュースで知りました。

北尾さんのプロデュースした「炭鉱」には、そうした人々の失われた時間と場所の記憶を、歴史を重ねてきた白檀の香りによって蘇らそうとしているのではないかと思い到った時、私は北尾さんの故郷に込める思いの強さを感じました。

入手して一年たった今でも、サシェは部屋に置いてますが、十分香りを楽しむことができます。

北尾さんは、最初は他の一般的なアロマセラピストと同様に、自身の肌のアレルギートラブルが原因でアロマケアに目覚めたそうですが、そこから先の探求の道のりは大変なものがあります。詳しくはこちら。

櫨の石鹸に一番ふさわしい香りをつけるための、強力な助っ人が見つかりました。

その8 石鹸マイスターにつづく


櫨の石鹸プロジェクト
その1はこちら。
その2はこちら。
その3はこちら
その4はこちら
その5はこちら
その6はこちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫨の石鹸プロジェクト その6... | トップ | 櫨の石鹸プロジェクト その... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。