エルソル飛脚ブログ ~Run 4 Fun~

四万十川周辺をチョロチョロしている飛脚の記録です。

目黒鳥屋・三本杭、山行記

2017年05月16日 | トレイル・登山・紅葉
休日にお一人様なので、ランを休んで楽しい鬼ヶ城山系に出発した。

今回のブログは「誰かの参考になれば」という思いから、長めで写真も多数です。

それでは、読んで頂けるみなさんをお連れして出発です(笑)。

四万十市街地から黒尊渓谷経由で登山口まで車で行きます。

黒尊川はいつもエメラルドグリーン。


人家が少ないというだけでこの美しさ・・、ちゃんと残したい風景ですね。

川に近づくとより一層美しさに感動します。


水中もこんな感じ。(防水スマホ頑張りました)

あ、カエルおるやんっ!

紅葉の名所神殿橋は新緑の景色。


滝にモミジ。


モミジに綺麗なカワトンボ。


や、ヤマドリ!!

いや~美しい。

あ!アナグマ!!

案外かわいい・・

そんなこんなで車で約1時間半、スーパー林道登山口に到着。

ここが一番楽チンなので。

鉄の階段から入山です。(AM10:30)


杉の小道を進みます。


ものの5分で猪のコルに到着。


振り返ると右手が鬼ヶ城、左のとんがりが権現山。


すでにいい感じの癒しの風景です。


あ、リス!・・写真撮り損ねた!

もう一回顔出して!!

願い通じず先に進む・・

急斜面を上って大久保山に到着。(入山から約15分)

結構展望できます。西向こうに見えるのは高月山。

先に進むと足元にヒカゲノカズラの群生が現れます。

金魚鉢の中でよく見るやつです。

すごそこが広場。低い樹々が風を通さないので休憩に最適です。


比較的アップダウンの少ないなか・・


八面山(やつづらやま)に到着。

右端の山がこれから向かう目黒鳥屋(めぐろとや)。

ここまではたいして時間かかりません。

ここからは急激に下ります。


この辺りから樹木にクイズ看板が立ち、木の名前を教えてくれます。


めくると答えが・・へぇ~~


一番の癒しスポットのブナ林です。


ここは何回来ても癒されます。

これは・・根本が倒れているのに立派に生きている・・スゴイ。


シジュウカラもこんないい所だと「さえずり甲斐」もあるね(笑)


シャクナゲが咲いていました。


シャクナゲが一番楽しめるのは鬼ヶ城。

鬼ヶ城は坂が急なうえ、展望ゼロなので回避して、ここのシャクナゲを楽しみにしてきました。

シャクナゲ綺麗ですね~


熊のコルに到着。

熊のコルは下の色々なルートからの合流点、鬼ヶ城山系のヘソです。

そこから少し上って分岐に案内板、串が森方面に進みます。


鹿よけネットに沿って進みます。


足元にジブリの世界が・・


苔岩に到着。

素晴らしい苔具合・・

足元に水が流れます。あの美しい黒尊川の源流です。


かわいい黄色の花はコモチマンネングサ。


ガレ場を登って稜線に出ます。


やはり串が森方面に進みます。


豊かな山の風景が気持ちいい。


特に何もない小屋が森。


ここからはトンネルのような狭い小道を進みます。

枝に目をやられないようにゴーグルがおススメ。

落ちた看板もちゃんと役目を果たしています(笑)。


もはや名物でしょうか・・置き去りのワイヤーです。


苔の空洞に到着です。

素晴らしい場所です!

ゴーグルで自撮り(笑)。


串が森も苔の風景。


ここからは立派なブナ達が迎え入れてくれます。

まるで自然公園のよう・・

見上げるとこんな感じ。


ついに目黒鳥屋に到着。

(PM12:30)

絶景!!


北方面も・・


感動していると・・あ!UFO!!・・のような虹!

いや~スゴイもん見たな~

今一度絶景で心を落ち着かせる・・


ここでオニギリを食べて戻ります。

ツツジも咲いていました。


しばらく歩いて元の案内板の場所へ・・、今度は三本杭目指して横の森方面に進みます。


急斜面を登りますが、すぐに横が森に到着。


ここから先に進んで見えてくる景色は北斜面。


シャクナゲ満開です。


コラ!案内板!仕事しろ!!


ゲートが見えてきました。三本杭はすぐソコです。

※鹿の食害からササを守るためにゲートをくぐって進みます。

美しいササの風景。


三本杭到着です。

写真で分かるとおり、一番雰囲気あります。

パノラマ展望できる三本杭。


北西には佐田岬、遠くに九州大陸も見えます。


あ~満足、満足。

ついに帰路です。

もう体力も少ないので大久保山・八面山をトラバースです。


斜面横断も足踏み外すと大変な場所も・・


ハイノキが咲いていました。え?よく知っているって??


下に書いてます。(スンマセン・・笑)


元の道です。


鉄の階段で終了!


遊びながら約6時間のハイキング。

季節ごとに訪れてみたいコースです。

帰りの車からみた景色。これは街の規模からすると宇和島だろうか・・


長い長いハイキングに付き合ってくれた皆様、お疲れ様でした!

まあ~ビールでもやって下さい!!(笑)

『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海と砂浜とTシャツ | トップ | グミ・グイミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL