栗田智仁のメロンWikipedia

栗田智仁です!果物が大好きでブログはじめました!
メロンが一番ですが、バナナ・りんごなどなんでも好きでです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

栗田智仁のメロンのアイスクリームシャーベット

2010年10月14日 13時38分24秒 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日のメロンレシピは、フルーツを丸ごと楽しむ!メロンのアイスクリームシャーベットです!

メロンシャーベット

シャーベット2

■使用した材料■ 

・メロン ...............................1コ
・アイスクリーム ...........................250~300mml程度

・棒寒天 ...........................1/2本
・メロンの絞り汁 .......................100cc
・梅酒 ...................................大さじ3
・水 ...................................110cc
・さとう ...............................適量
・プラム ...............................1コ(皮を剥いて小さい角切り)


■作り方■

1.メロンを水で洗い、上部を切り取り、包丁で飾り切りし、柄の長いスプーン等で、種とふさふさした部分をかき出し、冷蔵庫の冷凍室で半日ほど凍らす。かき出した種の部分は、ガーゼで絞って果汁を取る。

2.メロンにアイスクリームを詰めてラップでおおい、冷凍室に保存しておく。

3.大きな皿にのせ、メロン果汁で作った寒天ゼリーを小さく切って飾る。

(このままの状態で、だいたい30分ほど室温に置くと、包丁で切れる位の硬さになります。)

4.人数分に切り分ける。食べきれない時は、一個ずつラップで包んで冷凍保存する。

5. メロンの果肉をスプーンで削ると、なめらかなメロンシャーベットになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のメロンの漬物

2010年10月13日 13時14分07秒 | 日記
はい!栗田智仁のメロン日記です。
今日のメロンレシピは、メロンの漬物です。

メロン漬け、というものがあるのをご存知でしょうか?そのものずばりで、メロンを粕漬け、塩漬けにしたお漬物のことです。
あの甘いフルーツを漬物に?と思ってしまうかもしれませんが、実は漬物にするのは甘く熟する前に摘み取ったものを使います。
もとはキュウリの仲間ですので、瓜のお新香、といった感じでおいしいものです。
ですが、ちょっとびっくりしてしまう、意外とも思えるその響きから徐々に人気を出し始めています。
作り方も皮をむいて種を取り出し、他と同様つけこめばできますので、もし未熟なメロンが入手できたら挑戦してみてはいかがでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁の食パンで簡単メロンパン!

2010年10月11日 11時29分31秒 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日のメロンのレシピは食パンで簡単メロンパン!

食パンを代用すれば、簡単にメロンパンが作れます。四角く平たいメロンパンという、なかなか珍しいものになりますが、味は格別です。

クッキー生地の材料と作り方は同じで問題ありません。生地を包む際にですが、普通のメロンパンよりも少し薄く延ばしてください。トーストの「みみ」まで被るくらいに包んだら、トースターで5~10分ほど焼いて完成です。どうしても焦げやすいので、焼いている最中は注意して見ていただいて、時々、向きを変えて全体に熱が通るようにしましょう。また、焦げ目の気になる人には、アルミホイルなどを敷いたり、食パンを冷蔵庫で冷やしたりしておくと軽減できるかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のメロンを使ったパウンドケーキ

2010年10月08日 12時12分27秒 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日のメロンのレシピはです。お店などで売っているメロンケーキを目指して、フルーツケーキの要領で、メロンを使ってアレンジして見ました。こちらも、余りモノのメロンや、「ワタ」の絞り汁などを利用してしまって構いませんよ。

材料

* 薄力粉 100g
* ベーキングパウダー 小さじ1/2
* 砂糖 80g
* バター 80g
* 卵 1個
* メロン 40g
* ラム酒 適量
* ドライフルーツ お好みで

作り方

レシピ小麦粉とベーキングパウダーはそれぞれふるっておき、ボウルに合わせておきます。別のボウルにバター、砂糖を入れてクリーム状になるまで混ぜ合わせます。バターと砂糖が合わさったら、卵とメロンを加え、全体的に均一になるまで泡立つくらいによく混ぜ合わせます。ふるって合わせておいた粉を材料に加え、切る様に混ぜて行きます。生地が出来上がったらラム酒、ドライフルーツを加えましょう。ラム酒とドライフルーツは無ければ入れなくても問題ありません。型にバターを塗り、できた生地を流し込みます。150度のオーブンで40分焼き、取り出してよく冷ませば完成です。ドライフルーツもメロンのものを使えば、とてもリッチな気分になります。焼き上がりに冷ました後、上面にラム酒やブランデーを塗ると、本格的なケーキに仕上がります。メロンブランデーを使って徹底してみるのもいいかも知れませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のメロンジュースの作り方

2010年10月07日 12時22分21秒 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日のメロンのレシピはメロンジュースの作り方(レシピ)
おいしいメロンジュースの作り方です。
メロンは利尿作用やむくみ防止のカリウムがたっぷり。
カリウムが豊富なメロンジュースは、高血圧や夏バテ防止にもいいですよ。
スムージータイプのメロンジュースです。

(1杯分)

メロンジュースの作り方 メロン‥‥60g
牛乳‥‥100cc
オリゴ糖(メープルシロップでも)‥‥大さじ1

1 メロンをくし形に切り、皮と種を取り除いて、一口大に切る。


2 冷凍用保存袋に空気を抜きながら入れる。冷凍庫に入れて凍らせる。


3 凍ったメロンを、60g取り出す。


4 ミキサーに、牛乳とメロンを入れる。


5 【整腸作用ならオリゴ糖】
オリゴ糖を入れる。オリゴ糖は太りにくく、整腸作用があります。


6 【おすすめはメープルシロップ】
お好みでメープルシロップやハチミツでも。特にメープルシロップのカルシウム補給と、カリウムのむくみ防止は抜群。風味も気持ちをやわらげてくれるので、おすすめです。


7 【色を濃くするならかき氷シロップ】
メロンと牛乳だけでは、おいしそうなメロン色にはならず、白っぽいジュースになります。メロンの色を楽しみたい時は、かき氷のメロンシロップを、入れてみて下さい。メロンの色と香りがよく出て、喫茶店風になります。きれいなので、お客様にお出しすると、喜ばれます。目安は、大さじ1~2杯。


8 ミキサーにかける。写真では、メロンシロップを大さじ2杯入れています。きれいなメロン色になりました。


9 グラスに注ぐ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のメロン果汁・果肉を使ったメロンパン

2010年10月05日 11時26分18秒 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日のメロンのレシピはなんと贅沢にも本物のメロン果汁・果肉を使ったメロンパンのご紹介。
メロンパンにメロンが入っていないという常識をくつがえす一品です。
といっても、あまってしまったメロンでよいのです。
食べごろよりも少し熟れてしまったメロンの方が、風味がでてオススメですよ。
メロンの甘みがあるので、砂糖もちょっと少なめです。

クッキー生地の材料

* バター 50g
* 砂糖 40g
* 薄力粉 100g
* ベーキングパウダー 小さじ1/2
* メロン 40g

作り方

料理メロンはフードプロセッサなどでピューレ状にすり潰しておきます。
ボウルにバターをいれて常温で置いておきクリーム状にしておきます。
ボウルに砂糖を加えて、バターと念入りによく混ぜます。
ここは少し根気がいるかも知れませんが、おいしいメロンパンになることを願って丁寧に丁寧に混ぜ合わせます。
混ざり合ったら、メロンを加えて軽く混ぜ、小麦粉、ベーキングパウダーを加え、ヘラなどで切るように混ぜて行きます。
完全に合わされば、クッキー生地の完成です。
クッキー生地はラップで包んで冷蔵庫で30分から1時間ほど冷やしましょう。クッキー生地を薄く延ばして、用意しておいた適当な大きさのパン生地を覆うように包みます。
焼いている間にはがれないよう、しっかりとくっつけてください。
最後に、表面に網目模様をかいて、予熱しておいた180度のオーブンで 15分焼けばメロンパンの出来上がりです。
尚、メロンの量はだいたい8分の1カットの半分くらいです。
使う小麦粉との相性や、味の好みもありますのでおこのみで調節してみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のメロン日記

2010年10月04日 11時30分42秒 | 日記
はい!栗田智仁です。
今日のメロンの話は実際に小さい頃思っていたメロンの話をします!
メロンは高級だっていう事は小さいながらわかっていました。
アンデスメロンが多く出回っていて、御手ごろだったのかな?!
ちょっとそこらへんの記憶はあいまいですが、ある日夕張メロンという果肉がオレンジのあの有名なメロンがうちに届きました!

あの時の感動は今でも忘れないです。
メロン=グリーンっていうイメージだったのでオレンジ色のメロンを見たとき、これはなんだ??って思いました。
で実際に食べてみて、あの甘さとジューシーな感じがもう・・・・。
やばいくらいでした!!
大人になったらいっぱい食べれるって信じていましたがそう簡単にはいきませんね。
気軽に食べることができる人間になりたいなって思います!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗田智仁のメロン日記

2010年10月02日 12時11分15秒 | 日記
はい。栗田智仁です。
今日はメロンの成分について話をしようと思います。

メロン

 メロンは、ウリ科のつる性一年草で、インドから西アジアの原産といわれ、古く西洋に渡り、現在では世界中で栽培されています。メロンは、カンタロープ(Cantalope)、網目メロン(Netted melon)及び冬メロン(Winter melon)の3種に大別されます。主に温室内で栽培されるものを、「温室メロン」(品種名:アールスナイト、アールスメロン及びクレストアールス)とし、「露地メロン」(品種名:アムス、アンデス、クインシー、プリンス、コザック、夕張メロン等)は、地中海沿岸を原産地とするものと、アジアを原産地とする「まくわうり」との交配により育成されたものがあります。
 「温室メロン」の成分値は、流通量の多いアールスナイト、アールスメロン及びクレストアールスの分析値に基づき決定されました。「露地メロン」の成分値は、流通量の多いアムス、アンデス及びクインシーの分析値に基づき決定されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加