引きこもり

2017年06月18日 00時13分26秒 | Weblog
よく考えたら

大学時代
よく部屋で
朝から晩まで
泣いてすごしたな。

プチ引きこもり。

長期に渡って
そうして過ごした。

こんなに
悪いコンディションが
続いたのに、

残りの家族は
明るく
私を残して
家族団らんしている。

自殺しそうになっても
この人達には
何ら関係ないのか?

部屋で一人こもって
しくしく泣いても
何も聞いてこないものなのか?

と思うと、

早く学校は
出ようと思い、

病気ながらに
卒業した。

病気である事を
家族に言ったとしたら

大学中退とか
入院とかに
なってたかも
しれないから

家庭が
崩壊していたかも
しれないから

子供産んでたら
育てるのも
大変だったで
あろうから

家族には
病気ではないスタンスで
過ごしてOKだったかも
しれない。

病気である事は
身内にも世間にも
隠して健康なフリ
していたほうが
ラクみたいです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まひかりの方 | トップ | 那覇市松山の »

Weblog」カテゴリの最新記事