中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

薄暮のやわらかさ

2017年04月25日 | 日記
春の終わりの今時分の日暮れ時は、なんだかやさしい。
寒くもなく暑くもない気温の中で周りが薄暗くなってゆく時、嬉しいことがあった日も、舌打ちしたいような気分の時も、ニコッと誰かに笑いかけられただけで泣き出してしまいそうな時でさえ、すべてを包んでくれるようなやわらかい何かが、そこにあるような気がするのです。
否定も肯定もせず、ただふんわりと受けとめてくれる、何かに見守られているような、ほっとする雰囲気。
あっという間に日は落ちて、夜が降りてくるまでのわずかな間だけれども、他の季節では、まったくそんな気持ちにはならないのに何故なのでしょう。
これは一体なんなのだろうと、この季節になるといつも思うのです。
何かはわからないけれど、そこに有るけれど無い、無いけれど有るもの。
春の終わりの薄暮はいつも、そんな不思議な時間なのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難しい | トップ | 思い切った買い物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。