中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

読んだ本の行方

2017年07月13日 | 日記

本を買って読んで、読み終わったらその本はどこへ行くのだろう。
私の場合、どこへも行かずに家に置いております。
理由は、一度読んでもまたすぐに読みたくなってしまうから。
こんな時はあれを読もう、と常備薬のようになっている本も多数ある。
杉浦日向子さんの『百日紅』だったり、山口瞳さんのエッセイだったり、佐藤愛子さんの『私の遺言』だったり。他にもたくさんある。
一番古い常備薬本は『いやいやえん』。

最近入社してきた女子社員は、好きな作家の本は置いておくけれど、そうでない場合は人にあげるか捨ててしまうと言う。
一度売りに行ったけれど、あまりの安さにその手間が釣り合わなかったらしい。
買う時も好きな作家は新刊を本屋で買うけれど、読みたいが面白いかどうかわからない本はAmazonで古本を買うと言う。

そういう読み方もあるのだな、と思った。
若い独り暮らしの彼女は「それだと本も増えないので」と笑った。

そんな彼女がある作家の本を貸してくれ、読んだことのない作家の本だったので、素直に借りて読んだら面白かった。
お礼に読みたい本を尋ねたら、岩井志麻子さんの本が読みたいと言ったので、ちょうど読み終えた『現代百物語 不実』を貸してあげた。

マンガの話になり、明日は彼女の『臨死!!江古田ちゃん』と私の『ダーリンは無職、でも猫が好き』を交換することになりました。

こんな本の行き来も面白いものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おめでと! | トップ | 便りのないのはよい便り、ブ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-14 00:59:06
本の貸し借り、いいですねえ。
私は今やマンガがメインですが、文字本にしろマンガ本にしろ、
いらなくなった本は、古本屋さんに売りに行きます。
誰かが読んでくれるだろうから。
反対に、古本もよく買います。
でも、家が本であふれているので、やっぱり売りにいかないといけませんね。
ゴミに出しても、あとで売りに出されたりしてそうだし、そんなくらいなら、
初めから少しでもきれいなままで、次の人に読んでもらいたいから。

空間が無限なら、ずっと手元に置いておきたいのですがねー・・・
Unknownさま (中野笑理子)
2017-07-14 08:11:48
なんだか小学生の頃に戻ったようで楽しいです。
私も無限に本を増やし続けられないので、いつかは決断しなければならない時が……。
その時は、誰かがまた読んでくれるような方法を考えてみます。売りに行くことになるのかな。
本にしろ人にしろ、猫にしろセミにしろ、出会いは良いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。