中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

懐かしい店の灯が消えてゆく

2017年03月20日 | 日記
幼稚園に通う前から行っていた喫茶店が今月いっぱいで閉店すると知り、慌てて行ってきました。
閉店を聞きつけたお客さんが押し寄せ、店内は目が回る程の忙しさで、あまりゆっくりしてもいられませんでしたが、「今までどうもありがとう」と心の中で別れを告げてきました。

馴染みのお店がなくなる寂しさというのは、人との別れとはまた違う、空間自体がなくなってしまうという曰く言いがたいものがあります。
経営者の高齢化や後継者がいないなどの問題で、惜しまれつつも暖簾を下ろすお店が少なくありません。

せめて後1年、時間があれば後継者に立候補できたかもしれないね、と連れ合いと話しながら、なんともいえない寂寥感を抱えて帰るのが嫌で2件目を探し、アルコール分を摂取して帰ってきました。

2件目のお店も、創業40年はゆうに越える、これまた鯔背なおじいちゃんと婀娜なおばあちゃんと呼ぶには些か憚られるような、そんなふたりが営む粋なお店なのです。
娘さんが時折お手伝いに来られていますが、どうか末永く営業してほしい、と心から思うのでありました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラスのかーくん | トップ | 井戸端会議に参加する猫 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-20 21:57:47
同感です。
高齢で閉店といえば、京都四条木屋町の喫茶コロナが思い出されます。
ぜいたくなたまごサンド。
あれはおいしかった・・・
Unknownさま (中野笑理子)
2017-03-20 22:59:59
コロナといえばあの分厚い厚焼き玉子サンドですね‼
本当に寂しい限りですよね。
グスン。
Unknown (Unknown)
2017-03-20 23:32:04
そうです。
よくご存じで。
あれはすごかった・・・
高かったけど。

なくなったさみしさはぬぐえませんが、記憶には残ります。
幾多の思い出とともに・・・

レシピをうけついだ若い人が、ほぼ同じ味のサンドを出されているそうです。
まんがミュージアムから少し歩くあたり。
じいさまのサンドはうけつがれたようです。
Unkownさま (中野笑理子)
2017-03-21 08:23:25
雑誌かTVで見て、いつか食べに行きたいと思っていたのですが、叶わずじまいでした。涙
神戸のトシヤも行こう、行こうと思いつつ、2月末で閉店してしまいました。涙涙
Unknown (Unknown)
2017-03-21 20:16:43
トシヤは存じませんが、なくなってしまってましたか・・・
諸行無常・・・

コロナのたまごサンドは、喫茶マドラグにて復刻してます。
京都に行かれた時はぜひ。
Unknownさま (中野笑理子)
2017-03-21 20:58:22
トシヤは日本そば(黒そば)の焼そばを出す店で、一度食べてみたいなぁ、でもちょっとどんなんやろか? と迷っているうちに閉店してしまいました。
神戸の新開地にあるお店でしたが、西の新開地、東の浅草と言われた歓楽街も今は昔で、どちらも何とはなしに懐かしい雰囲気の漂う町になってしまいました。

喫茶マドラグですね。ありがとうございます。
これは行かねば!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。