中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

自動販売機のない町

2017年04月19日 | 日記
この平成の世の中に、しかも東京に、そんな町があるらしい。
テレビで「昔ながらのお屋敷が多くて、静かでね~」とクリス松村さんが言っていた。
それでも以前に比べると、古いお屋敷が解体されて、少しずつ変わっていっているらしい。

うちの近所にも、お屋敷とまではいかないまでも、かなり古いお宅が数件残っている。
かなり大きな平屋の日本家屋は、懐かしい焼き板の塀があり、思わず落語の「植木屋娘」を思い出してしまう。
また庭に白壁の蔵があるお宅もある。
どちらもひっそりとした佇まいで、果たして人が住んでいるのか、それとも空き家なのかと気になっていたけれど、夜に前を通ったら灯がついていたので、何の関係もないけれど、ほっとしたりしている。

そんな古いお宅の一軒が、ある日シートで覆われて、あっという間に更地になってしまった。
後には洒落たワンルームマンションが建ったが、こんなに短時間でできるのかと思うほど早かった。
古い家が解体されると、その後はだいたいがワンルームマンションかコインパーキングになっている。
知っている馴染みの町が、ある日突然まったく別の顔になってしまったような淋しさを感じる。

以前住んでいた建物もすべて解体されてしまい、とうとう更地になってしまった。
ついこの前まで普通に歩けた道がフェンスで覆われて、入ることもできない。
今住んでいる所も、遥か昔は競馬場であったらしい。
夜中に時たま蹄の音が聞こえるのは、そういう訳であったのか(嘘です。聞こえません)。

時を経て変わらないものはないし、変わることは悪いことではないけれど、新しい綺麗な外観の建物や町を見て、耳触りの良い言葉に置き換えただけの実際は何も変わらない、いや前より酷くなっているかもしれない差別や正論だけを振りかざす今の世の中を連想してしまうのは、わたし根性が曲がっているからなのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふっかーつ! | トップ | 今日知った言葉たち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-19 22:25:13
諸行無常。
形あるものはいつか壊れる・・・

それはともかく、きれいな言葉に置き換えて、みにくい心をかくしているのは、日常の中で私もちらほら感じます。
感じ取れているのは、正常だからですにゃ。
Unknownさま (中野笑理子)
2017-04-20 07:12:23
家も駅も役所も商業施設もどこへ行っても同じような建物になってしまっている気がします。

「きれいはきたない、きたないはきれい」という言葉が頭の中でグルグル回っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。